teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


もみ種子消毒開始

 投稿者:クマ  投稿日:2018年 5月17日(木)00時00分29秒
返信・引用
   遅い田植えの当地でも稲作開始が本格化いたしました。ナタネの刈り取りも明日あたりから始めたいと思いますし、続けて大麦の刈り取りも開始予定で準備をしています。

 今日は7月の帯広国際農機展示会への予約航空券を8名分受領してきました。添乗員?をするのは滅多にないことで準備を怠らなくでやっています。帯広のホテルは確保済みですが別にもう一泊分とレンタカーの予約をすることにしています。

 なるほど金金金さん 復命書を誰もが見ることになるんですね。そこまでやっておられるとは考えが至っておりませんでした。

 それからドローンは怖い兵器ということで軍事利用についてはその実態が公開されていませんね。顔認証とか色んな技術を使えばピンポイントで人間一人の攻撃でも出来てしまうのでしょうね。報告の時の口火としてドローンの事実上の発明はアメリカ軍ということを紹介いたしました。

 
 
 

先日の農業経営同友会!

 投稿者:金金金  投稿日:2018年 5月15日(火)08時58分38秒
返信・引用
  クマさんへのお返事です。

同友会の復命書が回って来たので、農工連携プロジェクト報告を読みました!
日頃から、クマさんが言ってらっしゃるのが、文章になってました。
請川博一氏の、ドローンを笑う者は後で泣く!
は、そのとおりですね!
 

次は??かな

 投稿者:クマ  投稿日:2018年 5月 4日(金)21時08分18秒
返信・引用
   鬼に笑われますのでまだ言いません。アハハ
これまで随分歩いてきてますが時々に大きなイベントをやってきましたがこれを続けるだけでしょうね。

 以前は10万歩超えを目標にしておりましたが今は無理をせず今回は最初は5万歩ほどから始めましたが後では8万ほどにはなっておりました。

 昔、江戸とかお伊勢参りとか庶民にとってはほんと生涯の一大イベントだったことでしょうね。しかし東海道53次と同じ宿場が薩摩街道にもありましてかなりの人が行き来していたことでしょうね。

 せごどんは江戸から沖永良部島までほんと多くの高さろきをしたもんですね。そうそう、会津や五稜郭まで行ったかも? そうなると当時の感覚からは世界一周したような感じでしょうかね。

 今回の薩摩行?は五木村を通過する予定で計画したものですがホテルが無い、電話が通じない、道路が狭いなど家族が猛反対でやむなく3号線にしたものでした。

 歩くとなるとホテルの確保がほんと大変です。とにかく歩く道にないと融通が利きません。下手すると野宿の危険が大きくなります。午後になるとどこに泊まるかを考え予約を考えるのですが適当なところにホテルの無い場合がほとんどでした。

 その点、昔の街道筋にはほんときちんと宿場がありましたので割と環境が整っていましたね。


 
 

Re: 無事200キロ歩行

 投稿者:金金金  投稿日:2018年 5月 3日(木)10時50分28秒
返信・引用
  > No.1914[元記事へ]

クマさんさんへのお返事です。

なんとまあ!鹿児島市城山展望台まで約200キロを歩いた!
お疲れ様でした。

信じられません!
5日と半日もかかるんですね!

でも、大河ドラマのせごどんでは、京都から鹿児島、京都から江戸へとか頻繁に移動していますが、全部徒歩で移動していたんですよね?

昔の人は凄いと思います。
一日50キロというのが、昔も目標だったのでしょうか。
参勤交代とか何千万円と経費がかかったといいまから、諸国大名に蓄財させない戦略だったんでしょうね。

 宿泊は前もっての予約は想定がはずれると大変だから、飛び込みでしょうね。
でも、空いていて良かったですね。

 鹿児島中央駅もだいぶ変わったことでしょうね。

熊本駅、周辺の近代化は、まだまだ今からでしょうね。

ところで、また次ぎを目指す?

荷物の重量から負担を軽減する策は必要ですね。
小さな台車は便利ですね。
僕も旅行や県外出張の時には、キャスター付きを使っています。

次ぎの目標?

日本列島を作った、伊能忠敬は、日本列島の海岸線を全て歩いた訳ですが、クマさんも九州一周とか挑戦されたらと考えています。
>
 

無事200キロ歩行

 投稿者:クマさん  投稿日:2018年 4月28日(土)18時24分5秒
返信・引用
   昨日我が家から鹿児島市城山展望台まで約200キロほどを無事完歩いたしました。正味5日と半日ほどでした。

 宿泊したのが八代、芦北町佐敷、出水市、薩摩川内市、そして鹿児島市の5泊 歩行ですので予約していると大変で飛び込み、また飛び込みの連続。でも何とか野宿だけは避けることが出来ました。

 一日の歩行距離は短くて30キロ、長くて50キロ。国道3号には距離を示す道標が立ってまして実の距離になります。最初の2日間は豆が出来そうだったりで用心しましたが3日めからは快調となりまして50キロは4日目でしたね。

 途中では国道沿いにも関わらず空き屋や耕作放棄地と思われる農地が沢山ありまして元気のいい農村(に見える)があまりありませんでした。八代平野はさすがなんですが。

 鹿児島に入ると降灰のせいでしょうか、展示された車が白く汚れておりました。そして帰路につく為、鹿児島中央駅に行けば大きな駅ビルで改札口がどこですかと尋ねるほどでした。

 やっと高架になって近代化されつつある熊本駅との格差は歴然。この遅れは熊本県人にとってはきちんと反省しないといけないと思いましたね。

 はてさて今回の経験で次ぎを目指すことも可能になってきました。今回は身の回り品を小さな台車に載せて歩きました。リヤカーを引いて長距離歩行をする人がおりますが歩道が狭く車道を歩く危険、それもトンネルなどでは命がけになります。

 人間の幅の台車は大成功で押す力はいりますがリュックなどを担ぐ必要がなく良かったです。
まだ次ぎの目標には言及しませんが健康長生きの努力の一環で考えています。アハハ
 

鹿児島に向けて出発

 投稿者:クマ  投稿日:2018年 4月22日(日)19時28分52秒
返信・引用
   私にとって一大イベントを開始しました。今回は薩摩街道をトレースしている国道3号を歩いて鹿児島を目指すということです。

 今朝5時に我が家を出発。順調に八代市内まで来ましたが足に豆が出来そうなのとかなり疲労がたまってきましたので早めにホテルに入って休養いたしました。

 無理をして明日以降に支障をきたしては何にもなりませんのでまぁ、年が年ですので無理はしないということで楽しみたいと思います。

 今回痛感したのは八代の農家の豪邸ぶり。以前は農業粗収益で長らく日本一を続けたその結果が家に出ていましたね。

 明日も早朝に出発していい条件の時に距離を稼ぎたいと思います。日中はとにかく熱いです。
 

麦防除開始

 投稿者:クマ  投稿日:2018年 4月16日(月)22時13分7秒
返信・引用
   本日より麦の赤かび病予防の為の防除作業が始まりました。我々の無人ヘリ3機もフル稼働となります。早朝に役員オペレータ集まりまして今年の無事稼働を祈りました。

 今年は防除用ドローンとかなり接してきましてほんと無人ヘリはうるさいなと思うところです。ほとんど音のしないドローンの良さが際立つ感じでもあります。

 今年取り組んだもち麦は小麦とそれほど出穂が変わらず防除をずらすことはしませんでした。まだ紫の色素は出ていませんで登熟してからのようですね。

 はてさて先日の地区総会で自治会長を退任いたしました。長いようで短かった1期2年でしたね。私も一応、大きな節目というか、一通りの役割を果たすことが出来たかなと思うところです。

 ただ公民館活動主事として少しですが仕事を引き継ぎまして完全にフリーということはありませんが肩の荷はほとんど下すことが出来たように思いますね。
 

菜の花も

 投稿者:クマ  投稿日:2018年 4月 2日(月)07時55分52秒
返信・引用
   早めに播いたナタネが満開を過ぎ、遅植え分が満開となってきました。日中には花の前で写真を撮っている人が結構おられてお金以外の社会貢献が出来ているようで嬉しいところですね。

 一昨日、久しぶりに五木村へドライブ。道の駅で買い物をしていたらレジで旧姓寺*夫婦にバッタリ。8か月のお子さんと義母さんと一緒でした。

 また五木でゆっくり何かしたいねということで別れました。

 さて先日買った練習用のドローン。どうしてもペアリングが出来ず、スマホ接続を諦めてアンドロイドのタブレットを注文したところです。パソコンの自作と同じでいろんな相性の問題があるとのことでした。

 早くとばしてみたいですね。
 

桜満開ですね

 投稿者:クマ  投稿日:2018年 3月28日(水)08時18分16秒
返信・引用
   今年は忙しさもあって桜のライトアップは中止いたしましたが今がまさに満開となりまして綺麗なところですね。昨日は昨年、加入した老人会の総会もほとんどが花見でした。アハハ

 ハトムギ茶はまだ量を売る段階ではありませんで先般、ハトムギ製品の商品化にアドバイスをいただいた東京の料理研究家の協力で試験販売をすることになったということでした。

 場所が原宿表参道でして私としては初めて行きました。そばに小学校がありまして正門前に警備員がいましてなるほどと思いましたね。

 ドローン空撮プロの請川氏はNHKの職員ではありません。表現が悪く済みませんでした。今は安易に経済行為として空撮に参入する人が多いのですが以前は空から移動しながら撮るだけで価値があったのですがもう当たり前、技術が無く参入して脱落していく人が多いとのことでした。

 ドローンをめぐる政令、条例制定が時流に追い付けないことで技術進展が遅れては外国との競争に敗れてしまいます。自動運行については6月には飛ばせるようになるというのが業界では認知されているようです。

 ただ準天頂衛星みちびきの正式運用が11月でして基地局を設置する従来のやり方での自動運行はする人は多分いないだろうなと思いますね。

 みちびきは4月から運用が始まる予定でしたがまだ誤差が基準を満たすことが出来ず延期されていましておいおい大丈夫かいですね。

 視察最終日は東京ビッグサイトで開催されていたモーターサイクルショーを見学。あまりの人手に驚きました。身動きできない混雑にはさすが東京と思いましたが2輪業界は不調を極めているのが不思議な感覚でしたね。
 

Re: ジャパンドローン展

 投稿者:金金金  投稿日:2018年 3月26日(月)10時29分22秒
返信・引用
  クマさんへのお返事です。

東京のお店との、ハトムギ茶販促って凄いですね!売り先が確定しているなら、後は作るのに一生懸命取り組めばいいですね。
幕張でのジャパンドローン展!
そうですか、そんな情報も予め集めて、行かれたんですね!
 請川博一さんって、空撮のプロでしょ!それが北海道で1200haのドローン防除ですか?
NHK職員しながら、農薬防除の請負業もされているのかな?
すべてドローンに切り替えた?
 先進都道府県だから、許認可の事務も慣れたもんなのでしょうか?技術もですが、防除飛行の許認可申請事務を各県が整備しないと、結局無許可で飛ばした!とか横やりが入りますね。
特に無人運転が認められるかどうかは、テロ対策の関連法律とのすり合わせも必要でしょ
うから、農林水産省が推進したとしても、他省との調整が難しい様です。
世の中、悪用する人への対処法、防止法まで整備するのが許認可のハードルを高くしたり、進歩を遅らせているのが実態です。
それと、ソフト面の制御システムは既に出来上がっていると思います。
ドローンの活用は、バッテリーの進歩だろうと思います。まあ、必ずしも電池でなくても、軽量エンジンでも同様に飛べると思いますが、やはりバッテリー式がやはり軽いんでしょ
うね。
 無人ヘリ組合が、ドローンに切り替えることで方向性が固まったのは良かったですね。
後は組合員の合意取りでしょうか?
アルベルト・アインシュタインも尊敬した、電磁気学関係で有名な科学者、マイケル・ファラデーだったと思いますが、発電機(ジェネレーター)の公開実験の最後で、『これから先は、電気というものが生活を一変させるでしょう。そして、電気の使用に料金を払い、国は電気を作る会社から税金も得られるようになるでしょう!』と言ったところ、大失笑
をかい、聴衆の学者たちに馬鹿にされたお話が残っています。
僕も、ドローンを笑っている人は、取り残されると思っています。
 

ジャパンドローン展

 投稿者:クマ  投稿日:2018年 3月23日(金)18時50分7秒
返信・引用
   昨日から東京に出てハトムギ茶を売っていただける店に収めてから幕張でのジャパンドローン展に参加しておりました。

 無人ヘリ組合のこれからの取り組みについて結論を出すのが目的でしたが達成できました。会場のあるブースにNHK番組、プロフェッショナル仕事の流儀に出られた請川博一氏がおられまして、彼は空撮のプロとしてドローンを使ってレベルの高い仕事をしておられますが何と北海道で1200haものドローン防除をしているとのこと。以前は無人ヘリでやっていてすべてドローンに切り替えたとのことでした。

 ドローンの発達は凄いスピード、1年使った機体はすぐに売却して次を買ってもメリットが大きいという時代だとのことでした。

 そういうことでもうドローンに切り替えることを確信することができましたね。彼が言っておりました。有人ヘリでやっていた頃はラジコンヘリに何が出来ると笑った人は潰れていkました。ドローンを笑っている人がどうなるでしょうかと。

 無人運転が認められると一人で3台飛ばせるそうです。連携作業もソフト次第で出来るとなるともうこれは革命かも知れませんね。
 

会計業務ソフト開発

 投稿者:クマ  投稿日:2018年 2月27日(火)19時23分17秒
返信・引用
   その昔、パソコンの黎明期にMS/DOS、V3.3時代に農家が導入を始めた頃からの仲間の一人であるプロの友人と無人へり業務ソフト開発の打ち合わせをいたしました。

 データベースソフト基盤になるかと思いましたがもう時代は進んでいました。アハハ レンタルサーバーを使ってインターネット利用のシステムがいいということになりました。

 スマホを使って現場での入力とパソコンでのファイル管理というイメージになるようです。

 これからさらに打ち合わせを重ねてより良いシステムにしたいと思います。

 金金金さん そうでしたか。私が昔、行った頃は西表島には信号機が2か所だったようですよ。今、石垣島が観光面で脚光を浴びて5年前に出来た空港がもう手狭になって贅沢な悩みを抱えているそうです。

 そんな中でどれだけ労働力マッチングが出来るのか、大変ではないかと想像いたします。今一番好景気に恵まれている言われる沖縄県、人の奪い合いがあってないかなと思ったところです。

 規制の無いところから出発するところと日本みたいに規制にがんじがらめのところでの技術開発競争ではモチベーションが最初から違い過ぎるようですね。

 中国では人間の乗れるのやら自動運転ドローンがどんどん開発されるのに日本ではドローンは総重量(積載物含む)で25キロを超えてはならない、超えたらもっと厳しい規制に見舞われるなんていったいいつの間にこんなのを作っていたのかと反対の意味で感心します。

 3月に何とか自動運転は認められるとかの報道があってますがシステムを改良するのではなく単発の部分をいじくるだけです。

 大学や研究機関での研究費が減って自己責任で集めろなんて言って角を矯めて牛を殺す日本にならない事を祈るばかりですね。


 

Re: 無人ヘリ総会

 投稿者:金金金  投稿日:2018年 2月26日(月)08時46分50秒
返信・引用
  クマさんへのお返事です。

返事遅くなりました。
足手荒神さんの話ですが、足手荒神ってアチコチありますよね!
だから、まるっきり迷信ってこともない、御利益があるものと子どもの頃から思っていま
した。証人が現れました!
 西表島の信号機は要所要所に、たくさんありましたよ!
 石垣島・西表島との労働力のマッチングはこれからです。
石垣島に対しては、沖縄県から、離島振興法等で、予算を取ってくれと、『日本列島労働
力補完支援事業』なる企画書を提出しています。
ドローンについては、県庁の農業技術課に窓口があり、職場にも関連資料が回ってきます
が、法律を読むと、規制項目が多く、発展が阻まれます。
たとえば、3月の農薬散布ドローンのフォロー研修で、飛ばしたり、水を撒くのも事前の
申請が必要となりますので、僕は知らなかったことにします。
 農業機械を自作する人は電気に強い人でないといけない!は、同感です。
リアのブレーキランプくらいなら簡単ですが、制御とかセンサー、回路となれば、電気の
知識が無いと駄目ですね。
 娘さんと一緒に認定農家の更新手続き!そりゃ頼もしいです。
5か年の経営計画書を自分で作れない人、収支計画を作れない人は多いです。1万人突破
の数字を追いかけた県にも責任がありますね。でも、白紙の計画書を持ってくる強者が、
地域農業の担い手の一員でもあります。
 認定農業者のメリットを享受してもらえば、それで良いとも思います。
無人ヘリ組合の2機のヘリが借入金完済になりましたか!おめでとうございます。
落としてお釈迦になるところも全国ではありますので、ともかく長く稼働させることです
ね。(将来も、ドローンと併用で、無くなることは無いと思います。)
 会計ソフトも承認出来ましたか!それもおめでとうございます。
 クマさんがなんでも背負い被るのは、組織としてもいけませんので、他の人が役目を
果たすことが重要ですね。長らく、お疲れ様でした。
 

無人ヘリ総会

 投稿者:クマ  投稿日:2018年 2月24日(土)21時18分53秒
返信・引用
   わが町の16名の担い手農家が結成している無人ヘリ組合の総会を終了いたしました。最初に導入した2機のヘリがリースアップ、借入金完済ということでこの機体がこれからも順調稼働してくれればある意味黄金期になります。

 今季の決算も良好で売上利益率が2割を超えまして念願の業務ソフト調達を承認してもらいました。自分で開発出来ないことは無いのですが時間が無いことでプロの友人にお願いすることにしています。

 これで私以外の人が役目を果たすことが出来ますので私も精神的に楽になりそうです。

 同時にこれからの展開としてドローンがどれほど化けるか、3月の自動運転の承認、適用薬剤の登録簡略化、さらなる緩和措置次第では一気にドローン時代が来ることを会員さんに理解してもらえるように説明をいたしました。

 それから帯広の国際農機展にもオペレータ達を中心に派遣することにしまして5人がすぐに手を上げました。

 ドローンにはまだ最大の障壁??25キロ制限があります。無人へりの150キロとは差があり過ぎましていずれ緩和される方向になることだと思いますがこれ次第で日本のドローンがどうなるか、どうするかが決まります。
 

北海道からお客さん

 投稿者:クマ  投稿日:2018年 2月17日(土)19時44分17秒
返信・引用
   昨日、現代農業誌の12月号に掲載された人が縁あって我が家に来られました。誌面ではコンバインの車台に95馬力のエンジンを載せて新品の除雪部を付けた除雪機を紹介されていました。

 酪農から普通作、WCS主体に変わられたとかで酪農時代に揃えたジョンディアが10台、その他にもクローラトラクターなど色々所有しているとのこと。電気に強い人で色んな物を手作りしておられました。

 農業機械を自作する人は電気に強い人でないとというのがはっきり認識した今回の訪問でしたね。私は物理は割と得意な方でしたが電気はどうしても分からない・・ですね。基本のポイントを掴んでいないという感じです。

 はてさて昨日は娘と一緒に認定農家の更新手続きとして5か年の経営計画書を提出してきました。数字もきちんと揃えておきましたので係の人から褒められました。何でも白紙の計画書を持ってくる強者??もいるようでした。

 
 

足手荒神さん

 投稿者:クマ  投稿日:2018年 2月15日(木)18時12分7秒
返信・引用
   今日はあいにくの雨で、歩いていくことは出来なかったのですが足手荒神さんに家族3人で参ってきました。不思議なこと??に妻が足の調子が良くなってそれが続いているのもご利益かなと思っているところですね。

 金金金さん 西表、石垣まで行かれましたか。西表島には信号が2か所しか無いというのを観光バスの運転手さんが説明していたのを覚えていますが今はどうでしたかね。アハハ

 石垣島から西表島への船の速度が異常??なほど早く感じたのもありましたね。今回は労働力のマッチングが出来ないかというのは凄い発想ですね。

 これだけ労働人口が減ってくると色んな模索が必要ということはありますね。自動化、ロボット化がありますが導入コストの問題が大きいですので人間同士の交流から何か生み出したいものです。

 フェイスブックなど最近のアプリには少々気が引けまして私にはこの掲示板が一番居心地がいいです。MS/DOS時代からのあのピーギャーで掲示板をやっていたことでもう私の身体の一部になっていますね。

 さてこの前、我が家でのドローン研修後日談、講師をしてくれたU君が中国メーカーと契約をしてメーカーとして活動を始めました。すでに5機ほど注文をいただいているということです。

 ドローンが今までの無人ヘリを駆逐することが現実化しそうな気がしますね。3月にはもう一度農薬散布ドローンのフォロー研修をすることにいたしました。

 

Re: 里もん交流会と帯広国際農機展

 投稿者:金金金  投稿日:2018年 2月13日(火)19時24分10秒
返信・引用
  クマさんへのお返事です。

日月火曜日と、西表島、石垣島に行って来ました。
今、福岡空港から高速バスで出たところです!
サトウキビは今が農繁期で、夏になると暇。
山都町は、今が暇で、夏はトマトで忙しい!
だから、労働力補完のマッチング、体制づくりは出来ないか?という調査、打ち合わせをしてきました!
里もん交流会は、良い事業ですね!
上益城管内からもたくさん取り組みがありますが、僕も遣いたいところです!
審査が緩く自由に遣えて、ややバラマキ感がしないでもありませんが、数十万円の事業費で集落やグループがまとまって何かに取り組むのは、良い成果が出ると思います!
清水国昭氏は、テレビでも取り上げられますね!
クマさんと同い年でしたか!
直角死理論!は知りませんでしたが、ピンピンコロリの勧めは、共感します!
帯広で国際農機展示会があります。4年に1回の展示会!
ホテルの予約を地元の農機会社にお願い出来るとは!クマさんしか出来ませんよ?
そうそう、稲葉さんがFacebookを始めましたよ!
クマさんが始めたら、きっと人気者になりますよ!
 

里もん交流会と帯広国際農機展

 投稿者:クマ  投稿日:2018年 2月13日(火)18時58分4秒
返信・引用
   昨日は県庁での里もん交流会に妻と参加してきました。元あのねのねの清水国昭氏の講演は良かったです。自然派の彼は私と同い年。無人島を買ってサバイバルキャンプをやったり災害時のトレーラーハウスの派遣などを手掛けているそうで熊本地震の時、益城のグランメッセにトレーラーハウスが沢山ありましたがこれに参加したとのことでした。

 自然の不便さと触れることの大切さと直角死理論は面白かったですね。思いっきり生きてピンピンコロリの勧めだったようです。

 その後はワークショップになりグループ討議をしたのですが近くのテーブルに元経済連の会長がいて挨拶すればエゴマの産地化に取り組んでいるとのことでした。

 里もんプロジェクトも平成25年に始まってもうかなりのグループが参加しているのに感心いたしました。私も里山の魅力にはまってますがほんと農業が衰退すれば里山は無くなってしまいます。

 人、物、金の面で里山が維持できるその助けになっている事業でもあり、人材育成の勉強の場でもある交流会になっておりました。

 はてさて今年は帯広で国際農機展示会があります。4年に1回の展示会で7月12日から16日までの5日間の予定です。ホテルの予約はかなり難しく、懇意にしている地元の農機会社にお願いして何とか確保してもらいました。

 7月15日と16日の2泊で価格は少し高くなっています。もし行きたいという人がおられたら声かけしてください。

 ちなみに外国メーカーの出品は6社程度と昨年行ったフランスのSIMA展とは比較になりませんがこれが日本の現状ではあります。
 

寒いです

 投稿者:クマ  投稿日:2018年 2月 7日(水)19時29分42秒
返信・引用
   今年は寒すぎて雪が少ない感じがしますね。アハハ 圃場はすっかり乾いて麦やナタネの生育が進まない感じです。麦の場合は悪いばかりでは無いのですがナタネは厳しいなと思うところです。

 今日は大麦ダイシモチの2回目の麦踏みをしました。これはキャビントラクターでやるので苦にならないのですが他のトラクター作業はほんとカイロでもつけないことには耐えられない感じです。

 我が家の練習用ドローンはファントムもどきでファントムではありません。どういう訳かプロポとのペアリングが出来ず、まだ飛ばせていません。世話してくれたU君が来てくれるとのことでそれまでお預けになっています。

 スマホはこの機体用のソフトを組み込んでカメラの画像を映すのに使用します。操縦はプロポでやりますよ。

 ハトムギは八代の精麦会社さんがいい価格で買ってくれてましてありがたいのですが交付金関係が麦や大豆のように出ませんし、汎用コンバインや乾燥機が必須ですので個人で作れる人はいないと思われます。6次化出来ないならほとんどメリットは無いですね。

 ということで希少価値がありますのでそちらを生かすのも必要ですね。

 今回のワークショップではほんと久しぶりに日奈久のホテルに行きました。昔は慰安旅行と言えば日奈久でしたね。それが天草五橋の完成で一気にお客を奪われたことで試練を受けました。

 その中でハトムギを使った地域おこしということで日奈久の女将さん達に声をかけての今回のワークショップでした。ハトムギの幻のお菓子、ヨクイニン糖の完成も大きな目標になりますね。ヨクイニン糖については熊日でも以前取り上げています。

 

Re: まだまだ寒いが続きます

 投稿者:金金金  投稿日:2018年 2月 5日(月)08時59分46秒
返信・引用
  クマさんへのお返事です。

先日の、農業コンクールでの同友会勧誘の役、お疲れ様でした。
こちらこそ、挨拶もせず済みませんでした。
指定の後ろの席にいたもので、気づいたものの思うように近づけませんでした。
そうですか?娘さんに人慣れが苦手なところがあるとは思っていませんでした~
でも、娘さんのいろいろな組織、クマさんのつきあいメンバーへのデビュー・紹介も必要
でしょうね!
“これからもすべての面で娘を同行させて後継者教育をしていく積り”ということですの
で、安心しています。
練習機のドローン、ファントムはスマホで操作するのですか?専用のプロポではないので
すね?
ハトムギ料理のワークショップ!
一般的なハトムギのイメージは、通販での健康茶か五穀雑穀米でのご飯のレアな消費イメー
ジで、そんなに普及はしていませんね。
家庭よりも、旅館やホテルに並ぶビュッフェでの、ハトムギご飯の定着を先に定着させた
方が、一般家庭への普及が早いかもですね。
通販の世界では、健康マニアの人は結構ハトムギを食べているようです。
機能性の周知と、商品・風袋デザイン等工夫すれば、ニッチな分野としての商材になれる
と思います。
今後の取り組みに期待しています。
 

レンタル掲示板
/94