teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:32/473 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

15年たったからできる事

 投稿者:  投稿日:2016年 1月 4日(月)13時52分46秒
  通報 返信・引用
  明けましておめでとうございます。
昨年はみんなの気持ちの結集で15周年記念の集いが意味深いイベントとして終わった事を嬉しく思います。横浜市大の村田先生もねこの手風の価値を認めたお話をしてくださいましたが、今年は、一層ねこの手風に進化する年になればと思います。
 先日の「ねこの手だより」でも少し書きましたように、ねこの手を一部の人の大きな負担で成り立つ場にしない方が良いという意味から、会計さんと当番スタッフの大きな負担になっている会費徴収と管理を廃止し、新年度から会費なしの会員制に変えるべく運営委員会で検討をすすめています。それでやっていけるのかと心配してくださる声が聞こえてきますが、自立支援の会グループねこの手がスタートして15年たち、ねこの手ハウスを一生の場として、心の拠り所と思ってくださる人が増えた今だからこそできる事だと思います。今はまだ講座や同好会への参加だけの人達も、つながり続けていくことで、もっと関わりが深まる可能性を持っている場として、ねこの手ハウスは存在できていると思います。
 ご心配の収入源としては、店頭販売の野菜等の売り上げ、各種講座同好会の参加費の一部等、お休み処収入、委託品の売り上げの一割、寄付品売り上げ収入、カンパ収入となります。正直言って、会費相当金額程度をカンパとして出してくださる人達の存在に期待していますが、ねこの手が最も大切にしている「良い雰囲気」を壊すことになりますので、カンパカンパという声掛けは止めようと委員会で話しています。
  これまでも、誰が会員か非会員か、会員名簿を確認しないとわからない状態でしたが、会費徴収する必要性がなくなり、これまで通り、会員であろうとなかろうとイベントや講座や同好会に参加できますし、手作り委託品も置けますし、当番スタッフにもなれますし、年一回のねこの手の集いにも参加できるという事に変りはありませんので、会員と非会員の区別は会員名簿に載っているかいないかの違いだけになります。会員のみ利用できたねこの手サポート制をサポートスタッフの減少により最近廃止したことで、会員非会員の区別をつける必要性もなくなりました。

 会員非会員を問わず、年齢を問わず、国籍を問わず、障害の有無を問わず、ねこの手を居場所としたい人達が集まって、気遣い合って、楽しく過ごすという時間が続く事がいかに貴重であることか・・。多くの人達のねこの手に寄せる気持ちがある限り、一生の会ねこの手ハウスは続くでしょう。ゆるく、臨機応変に、より楽に成り立つ道を求めて、ねこの手風に。
 自立支援の会グループねこの手代表 山口百合子
 
 
》記事一覧表示

新着順:32/473 《前のページ | 次のページ》
/473