投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


情場【ジョウジョウ】の時代を生きる

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2019年 1月21日(月)19時49分36秒
返信・引用 編集済
  情場の時代を生きる  梶原拓著  和田直也編  たくさんの夢をつなぐ会

まえがき
【寄稿文】
    ●●●●●●●●●●●●●●
【【情場】の時代を生きる】
     【はじめに】
    ●市民学の試みとして●未来から現在を考える●【市民政治の時代】がやってくる。●【賢い】市民に●第三次産業革命●情報社会●インフラ●グローバル化●組織は生態系に●【側】と【連】
【第一章】
    ●●●●●●●●●●●●●●●●
  【第二章】
   ●●【】【】【】【】
 

樹脂封入標本の作り方

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2019年 1月21日(月)17時46分26秒
返信・引用 編集済
  樹脂封入標本の作り方   根津貴博  グラフィック社

【巻頭口絵】
    ●はじめに●道具の種類と使い方
【封入作業の基本】
    ●封入標本とは●封入の基本●研磨・切削の基本
【植物・菌の樹脂封入標本をつくる】
    ●オニビシ●ペチュニア●タイトゴメ●ドクダミ●アミガサタケ●ヤマゴケ
【虫の樹脂封入標本をつくる】
    ●キイロスズメバチ●ハグロトンボ●ミヤマカラスアゲハ●アリジゴク●コクワガタ●アメリカザリガニ●オニグモ●ヤエヤマサソリ●トビズムカデ●アマミサソリモドキ
【脊椎動物の樹脂封入標本をつくる】
    ●ブルーギル●ギギ●アズマヒキガエル●アカハライモリ
●アオダイシヨウ●アオカナヘビ●シロマダラ
【封入標本の知識+α】
●標本の種類●樹脂封入標本のラベル●樹脂封入標本の作成で使う薬品
【コラム】●樹脂の硬化と変形・発熱●標本を乾燥する際の虫ピン●骨格標本の染色
あとがき
著者
【皮膚科でほしい標本】●アオバアリカタハネカクシ●マダニ●シラミ
 

神奈川大学人物誌 //横浜専門学校編

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2019年 1月21日(月)15時56分14秒
返信・引用 編集済
  神奈川大学人物誌  横浜専門学校編   学校法人  神奈川大学

【横浜専門学校概況】
【創立者とその協力者】
     ●米田吉盛【若き創立者】●林頼三郎●樋貝詮三●太田哲三●渡邊利二郎
【横専を担った教員たち】
     ●秋一雄●●●●●●●●●●●
【コラム】
     ●横浜専門学校と横浜の政財界●横浜専門学校の外国語教育と外国人教師●配属将校●●
【資料】
     ●再録・四十周年座談会●●
●●創立者の話はタイヘン面白い。
    
 

幕末維新を生きた旅の巨人 松浦武四郎

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2019年 1月21日(月)07時54分15秒
返信・引用 編集済
  幕末維新を生きた旅の巨人  松浦武四郎  北海道博物館、三重県総合博物館、北海道立帯広美術館、松浦武四郎記念館

【三つのキーワードでひもとく松浦武四郎の生涯】
【松浦武四郎、主な旅の足跡】
【プロローグ  一畳敷】
【第一章】【【旅の巨人】武四郎の誕生】
【第二章】【【憂北の志士】武四郎ー蝦夷地への旅とアイヌ民族】
【第三章】【【情報通】武四郎ー幕末の動乱の中で】
【第四章】【【北海道の名付け親】武四郎ー明治維新と北海道の【命名】】【北加伊道からきた~アイヌ民族が住む古いアイヌ語から】
【第五章】【【旅の終焉】武四郎の晩年】
【第六章】【【収集家】武四郎】
【エピローグ  再び一畳敷へ】

●●すごい本。おすすめにしよう。

 

イチローの仕事のまとめ

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2019年 1月20日(日)21時28分0秒
返信・引用 編集済
  イチローの仕事のまとめを書いてみる。みんな、目の前の問題を解決するための仕事だった。

●いろいろ解決方法がある。薬が効かなければ、外科がある。外科が効かなければ、ホッタラカシ療法がある。【?】気が短いので、外科的手段が好きなのだ。【ホッタラカシ療法】は、その真逆なのだが。●1万人の統計を14年も考えたこともあり、気は長いのかな?

●問題がほかの人や、自分で、どんどん進化することがありました。●ヘイバー【ハーバー?】症候群である。→●結果はヘイバー先生の立派な仕事を蹴散らしてしまいました。●後で、この先生の悲劇を知ることになった。申し訳ないが、なり行きなのだ。【Haber -s  Syndrome 】【Archives of Dermatology.  117/6/321~324. 1981】●その後論文4編●結論  ヘイバー症候群はPubmedから、消えました。

●問題は、患者さんの方からやってくる。とても学者とは言えません。教授から来ることもある。アハハ
 

ルポ 戦争の傷痕は語り続ける /土地の記憶

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2019年 1月20日(日)19時04分18秒
返信・引用 編集済
  ルポ  戦争の傷痕は語り続ける /土地の記憶  室田元美  社会評論社

はじめに
【1  廃墟の島の歴史ー 長崎県、軍艦島、伊王島】
【2  たなばたの夜、空から降ってきたものは】【甲府盆地にも空襲】
【3  日中韓の若者たちと訪ねた、鬼伝説の山】【京都府  ニッケル鉱山】
【4  信州から見える、さまざまな戦争】【満州移住への用意】●
【5  首都圏に 置かれた軍の重大施設】
【6  うぐいすの鳴く山里で  広島県安野発電所】
【7  フラガールと炭鉱の町】【ハワイの踊りを日本人女性が踊る】
【8  【火垂るの墓】と人々の受難】【記念碑がある、悪口あり】
【9   海を越えてきた少女たちは、いま】【愛知県地下工場など】
【10  温泉の湧く、西伊豆の金山で】【静岡県の悲劇】
【11  うるわしい地名のかげに  群馬県、月夜野事件】【群馬県地下工場】
【12  瀬戸内海に面した街の、あの時代  兵庫県】
【13  フィールドワークでわが街を知る  千葉県】
【14  郷土史の灯を消さないために  奈良県飛行場など】
【15  大震災のあとに  関東大震災  神奈川県虐殺 】
【16  京の都、長い歴史の中で  京都飛行場】
【17  島のいくさ世  沖縄県】
【18  つながるインターナシヨナリズムこそ  沖縄県 】
あとがき
●●熊本県にも戦争の遺跡はいろいろある。
●●校正ミス見つけた。JR.の【配線】は前後を読むと【廃線】と思われる。最近は珍しい。
 

人工知能に哲学を教えたら

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2019年 1月20日(日)07時12分37秒
返信・引用 編集済
  人工知能に哲学を教えたら  岡本裕一朗  SB新書

はじめに
プロローグ
【第一章  AI  vs  正義】【人工知能に倫理を教えられるか】
   ●自動運転車が抱えた大問題●人工知能は善悪の判断ができるか?●人間中心主義は正しいか?●フレーム問題と倫理
【第二章  AI  vs   脳】【人工知能にとって【認知】とは何か?】
   ●【ディープ・ラーニング】とは何か●【これが犬だよ】の難しさ●ライプニッツの人工知能
【第三章  AI  vs  芸術家】【人工知能はアートを理解できるか?】
   ●芸術作品を生み出す●人工知能が美人投票の審査員になった?●芸術作品を審査でかなるか
【第四章  AI  vs  恋愛】【人工知能にとって幸福とは何か?】
   ●人間にとっての幸福とは?●人工知能に幸福があるか?●人間と人工知能の共生は幸福か?
【第五章  AI  vs   労働者】【ロボットは仕事を奪うか?】
   ●【人工知能失業論】の 欺瞞●【人間vs人工知能】の構図にだまされるな●人間は人工の奴隷か、主人か?
【第六章  AI  vs  宗教】【人工知能は【神】になるか?】
   ●人工知能が神になる?●人工知能は神を信じるか?●メディア化する宗教
【第七章  AI  vs   遺伝子】【人工知能は人類を滅ぼすか?】
   ●【シンギュラリティ】は来るか?●人間と人工知能の戦争?●人間主義【ヒューマニズム】の終わり
おわりに
著者  1954年生まれ。玉川大学教授。哲学、倫理学者。
●●よくわからん。
 

同人誌【湧水】第26号の合評会

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2019年 1月19日(土)22時35分9秒
返信・引用 編集済
  本日県立図書館3階で1時半から行われた。イチローは耳が遠いのである。あいにく自分への評論は聞こえなかった。となりの美人から批評者から二か所誉めていたと教えていただいた。【ありがたや】

小説の批評は、大学教授を招いてあった。教授いわく、目の前にいる人の批評は難しい。紙上では、悪口は書ける。なるほど。小説は【組み立て】が、重要である。エッセイはどうかな。2冊ほど本を推薦されていた。聞こえないのはいけません。

相手の意見はわからないが、自分の意見は、バンバン言える。耳が遠い老人はいいね。【相当迷惑を、かけている】
 

グアム・チャモロダンスの挑戦 // 失われた伝統・文化を再創造する

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2019年 1月19日(土)13時18分59秒
返信・引用 編集済
  グアム・チャモロダンスの挑戦  中山京子  明石書店

はじめに
【1. 創られた伝統としてのチャモロダンス】
   ●チャモロダンスはなかった●フランシスコ・B・ラボン氏の挑戦●後継者の育成
【2. 教育における広がり】
   ●チャモロダンスの学校教育への導入●中学・高校におけるチャモロダンスシーン●社会教育における広がり
【3. チャモロダンスの衣装・道具・楽器】
   ●歴史を表す衣装●協働して作る道具●使用される楽器
【4. チャモロ・アイデンティティの覚醒】
   ●島の多様化の中で●チャモロ語への渇望とカバーソングの流行●増えるチャモロダンスと担い手と指導者の苦悩
【5. マリアナ諸島、太平洋芸術祭とチャモロダンス】
   ●北マリアナ諸島のチャモロダンス●アメリカ本土での普及
【6. グアム・太平洋芸術祭とチャモロダンス】
   ●太平洋芸術祭による刺激●【再創造としての伝統的なチャモロダンス】の完成
【7. チャモロダンスと観光産業】
   ●グアム政府観光局との連携●日本での普及
【8.【創られた伝統】は根付くのか】
   ●シナヒの議論●チャモロダンスの定着と多様化●太平洋の島のモデルになるか
【付章】日本で活躍するグマ  グマ・ファマグウン・タノ・ザニ・タシの挑戦
●著者  帝京大学教授。

●●イチローの経験   サイパンでダンスを見たぞう。燃える火を使うのもかな。
 

黄砂の越境マネジメント

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2019年 1月19日(土)09時50分46秒
返信・引用 編集済
  黄砂の越境マネジメント  深尾葉子  大阪大学出版会

はじめに
【第一部】黄砂・黄土・植林をめぐるバイパス
   【第一章  日本の黄砂情報と黄砂をめぐる誤解】
     ●●●●●●
   【第二章  黄砂とは何か、どこから来るのか】
      ●●
   【第三章  砂漠緑化の功罪】
      ●●●●●
【第二部】黄砂の発生する地域における人と自然の関わり
   【第四章  里山としての黄土高原】
   【第五章  黄土高原の空間構造がつくるコミュニケーション・パターン】
   【第六章  黄土高原における【交換】と人間関係の形成プロセス】
   【第七章  人間のコミュニケーションが生み出す【緑】】
   【第八章  【利益】を顧みない人々の手法】
   【第九章  開発援助プロジェクトの予測不可能性】
   【第十章  黄土高原で経験した【枠組みはずし】の旅】
著者  1963年生まれ。大阪大学准教授。
●顕微鏡写真などを用いて、説明している。テレビで、解説してください。
 

書物と権力 //中世文学の政治学

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2019年 1月18日(金)18時27分21秒
返信・引用 編集済
  書物と権力  中世文学の政治学   前田雅之  吉川弘文館

書物というもの  プロローグ
【古典的公共圈】
   ●古典の成立●古典的公共圈の成立【【枕草子】【徒然草】【方丈記】【万葉集】が古典になるまで】
【伏見宮家と足利将軍】
   ●義光と崇光院そして【風雅集】●栄仁と後小松院●義教と貞成
【一条兼良【源語秘訣】の変遷】
   ●一条兼良の知のあり方●兼良の【源氏】注釈●正統的【古典学者】と【源言秘訣】
【書物をめぐる知と財、そして権力】●冬良から伝来した【源語秘訣】●冬良周辺から伝来した【源語秘訣】
【書物の移動をめぐる力学】
●書物・知をどのように手に入れたのか●知の流通と財の移動・交換●延徳元年の実隆と宗祇
  【かわりゆく書物の価値ーエピローグ】
●書物の移動をめぐる力学
   ●下賜された書物【三十六人家集】の運命●物語としての【進上】●畠山義総の【山谷詩集】入手方法●【正広自歌合】をめぐる大名間ネットワーク
【かわりゆく書物の価値ーエピローグ】
あとがき
著者  1954年生まれ。明星大学教授。

●●書物の移動力学の話は面白い。おすすめにしよう。
現在は、図書館もあるし、お金でかえるので、簡単に読めるぞ。
 

タクシー情報【シエンタを知ってますか?】

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2019年 1月18日(金)09時54分55秒
返信・引用 編集済
  タクシーに乗った。シエンタ【トヨタ】だ。うんちゃんによると、タクシー仕様のカムフオート【トヨタ】クリュー【ニッサン】は製造中止だとか。

これはもともと6人のりだと、威張っていた。
●蛇足  高齢者の運転テストを受けた時は、カムフォートだった。
 

【韓国の】【沖縄の】【世界の】//【死後結婚】

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2019年 1月17日(木)02時27分23秒
返信・引用 編集済
  はて、なんだろう。

同人誌【青】1巻【【母】の李麗仙】によると適齢期の男女の不慮の死は遺族に祟るので、死後結婚が絶対的な解決法とされる。大韓航空事件の後、2件の死後結婚があった。それは族譜に書かれ、両家の付き合いが始まる。
沖縄の死後結婚は、これと違う。沖縄の結婚ルールの間違いを、何代もサカノボッテ正すのである。実際に結婚式を見た人の記録がある。
●【世界のなかの沖縄文化】【渡邉欣雄  沖縄タイムス社】【グソー・ヌ・ニービチ  死後の結婚】●どちらかといえば、位牌の問題のようだ。

世界を探せば、アジア、アフリカにも死後結婚はあるという。

よくわからん。

●たましいと たましいが逢い   結ばれた。 イチロー【季語がない】
●ゆうれいと ゆうれいとが逢い  結ばれた  イチロー 【夏の季語かな】調べたら、ゆうれい花は、彼岸花だった。秋だった。
 

最近の俳句

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2019年 1月16日(水)07時57分33秒
返信・引用 編集済
  ●冬の散歩  充電器あるから、まっ、いいか   イチロー
●蛇の皮  ゴムの木たくさん  ランカピスタン  イチロー  意味不明
●●ジャワ島西部の土地です。
●稀勢の里  引退表明  大ニュース  イチロー
●貌に穴  糖尿病 と  夏の風  イチロー
●妖しい文句  いやらしいわと  いわれけり  イチロー
 

島の地理学 //小さな島々の島嶼性

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2019年 1月15日(火)18時30分26秒
返信・引用 編集済
  島の地理学 //小さな島々の島嶼性  スティーヴン・A・ロイル  法政大学出版局

【第一章  島ーその夢と現実】
【第二島  その形成と性質】
【第三章  島嶼性ーそのプロセスと影響】
【第四章  島の過去】
【第五章  島ー人々と移住】
【第六章  コミュニケーションとサービス】
【第七章  政治と小さな島々】
【第八章  島で暮らすことー現代の島の経済】
【第九章  夢の島ー観光は島の問題解決への万能薬か?】
【第十章  セントヘレナ島、再び表舞台へ】
著者  1952年イングランド生まれ。北イングランドベルファスト、クイーンズ大学で地理学を教える。同大学名誉教授。
【イチローが好きな島】【宮古島】

●著者は、離島はブームは起こりにくいとしているが、日本の沖縄では、続いているぞ。
 

現場から告発する原爆と原発//医師が診た核の傷

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2019年 1月15日(火)15時26分0秒
返信・引用 編集済
  医師が診た核の傷  広岩近広  藤原書店い

【序章  隠された惨劇】
【原爆編】
   【第一章  息をのんだ人間の末期】
   【第二章  染色体異常が生む多重がん】
   【第三章  不安に苛まれ続ける生涯】
【原発編】
   【第四章  多発する子どもたちの甲状腺がん】
   【第五章  福島が学ぶチェイノブイリ】
   【第六章  老朽原発が生み出す労働者被曝】●【1973年右膝の内側に10センチの色素沈着。田代実医師は放射線皮膚炎と診断】【久しぶり聞いた全学連?の名前】
あとがき

著者  1950年生まれ。毎日新聞社入社。毎日新聞客員編集委員。
 

松井友閑【まついゆうかん】

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2019年 1月15日(火)09時05分18秒
返信・引用 編集済
  松井友閑  竹本千鶴  吉川弘文館

はじめに
【第一  友閑点描】
   ●出自●名前と号●素養●松井姓●子息とされる人たち
【第二  師匠から家臣へ】
   ●信長のための名物収集●饗応の場への参席●寺社奉行および取次
【第三  初期の活動】
   ●堺での名物収集と代官就任●はじめての対外交渉●大徳寺と上賀茂神社との相論
【第四  信長側近と堺代官の兼務】
  ●将軍義昭との交渉と【堺衆】掌握
【第五  宮内卿法印としての多忙な日々のはじまり】
  ●宮内卿法印任官●本願寺との和睦交渉●信長の妙覚寺茶会とその跡見●信長の御意伝達役
【第六  最高位の信長側近として 】
   ●堺と京都を往復して●信長御成の茶会●政権下の茶の湯統括と信長の堺御成●内政外交に活躍の日々
【第七  ゆるがない地位、そして突然の悲報】
   ●饗応役と勅命講和の交渉●【王国の寧日】●信長のもとでの最後の任務●亡君信長の重臣として
【第八  晩年】
   ●混沌とする政局にのまれて●秀吉政権下における立場●堺代官の罷免とその後
おわりに
【略年譜】
著者  1970年生まれ。國學院大学・京都造形芸術大学講師。

●●すごく有名、有能な人らしいが、知りませんでした。赤面。人たらしというか、あの信長が尊敬し重用した人。秀吉も重用したが、だんだん.....歴史のうらで活躍した。
 

昨日の成人式と振り袖

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2019年 1月15日(火)03時47分0秒
返信・引用 編集済
  熊本県立図書館に本を返しと借りに出かけた。目の前に熊本市立体育館。成人式の会場だ。女性は9割【?】が、お振り袖らしい。会場に入らない振り袖姿をたくさん見た。

別に文句を言うわけではない。日本経済の牽引役かな?よくわからん。

私の成人式   ボロい町の公民館で、ささやかな式がありました。なにも記念品はなかった。女性の和服もなかった。昭和31年だった。
 

【大東亜共栄圏】と幻のスマトラ鉄道

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2019年 1月14日(月)20時56分26秒
返信・引用 編集済
  【大東亜共栄圏】と幻のスマトラ鉄道  江澤誠  彩流社

まえがき
【第一部】【【大東亜共栄圏】と鉄道】
    【第一章】【【皇国の大東亜新秩序建設のための生存圏】】
    【第二章】【東南アジア占領地における日本軍政】
    【第三章】【【大東亜共栄圏】を内通す鉄道】
【第二部】【スマトラ横断鉄道】
    【第四章】【スマトラ横断鉄道建設計画】
    【第五章】【スマトラ横断鉄道建設と企業・鉄道連隊】
    【第六章】【ロームシャの惨状】【労務者のコト】
    【第七章】【現地で村の古老・二世・三世に聞く】
    【第八章】【犠牲になった捕虜】
    【第九章】【オランダ裁判・東京裁判から見たスマトラ横断鉄道建設】
    【第十章】【民間人抑留者と【慰安婦】】
    【第十一章】【【大東亜共栄圏】の崩壊と敗戦後のスマトラ横断鉄道】
あとがき
著者  1949年生まれ。評論家。

●●イチローとインドネシア。スマトラには行っていないが、ジャワ島西部のランカピスタンに行った。そこには、鉄道はなかった。しかし、この本の地図にはバヤ鉄道とある。炭鉱の産物の輸送用らしい。
●●オランダ裁判が、厳しい理由は、オランダ人女性を慰安婦にしたから、とある。なるほど。当分日韓の不和は続くようだ。
 

くすり創りの歴史

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2019年 1月14日(月)13時49分0秒
返信・引用 編集済
  くすり創りの歴史   内藤記念くすり博物館   内藤記念科学振興財団

【天然物利用の歴史】
   ●草根・木皮の利用●製剤技術の始まりと発展●近代までの製剤技術
【現代創薬への道のり】
   ●近世までの化学●有効成分の抽出●ワクチンの始まり●近代の有機化学●科学的根拠の導入●アスピリンの誕生●化学療法剤の誕生●生物学の発展●抗生物質の登場●20世紀の生物学●タンパク質から薬の開発へ●現代の薬理学●検査や機器の進展●医薬品の開発●分子に着目した薬創り●低分子医薬品●バイオ医薬品●抗体医薬●分子標的薬●中分子医薬品●核酸医薬●天然物からの創薬●抗ウイルス薬と抗菌薬●DDS【drug delivery system】●薬創りの未来
【薬の正しい使い方】
   ●セルフケアとセルフメディケーション●医薬品の区分●セルフケアのポイント●薬の正しい飲み方●剤形の特徴と使い方●薬の保管方法●お薬手帳●妊娠・授乳中●高齢者●子どもと薬

●●【イチローの論文】【ハンセン病の治療に革命をもたらしたファジット博士】【皮膚科の臨床】【49/11/1351~1353.  2007.】●自信のある論文。博士の死亡原因は、階段からの落下という本がある。
 

サッカー // 日本1:オマーン0

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2019年 1月14日(月)07時41分4秒
返信・引用 編集済
  昨日のオマーン戦  微妙なPKを得て1:0だった。

試合は押しぎみだった。しかし相手からすれば不満だろう。

ま、勝ててよかった。
 

正しい愛と理想の息子

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2019年 1月13日(日)18時55分16秒
返信・引用 編集済
  正しい愛と理想の息子   寺地はるな  光文社

【第一章】
【第二章】
【第三章】
著者  1977年生まれ。作家。

●題とは異なり、親父と息子は小悪党。母親は家出。父親は金を持っている年上女にたかって生きていた。しかも、何人もだ。主人公もいろいろ悪事を働く。相棒は2歳下の男。若い男女を騙していたが、こんどは老人だ。
●どうもよくわからない。反面教師かな。悪者入門書かな。

 

彼方の本 //間村俊一【著者 / 装幀家/俳人】の仕事

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2019年 1月13日(日)07時21分57秒
返信・引用 編集済
  彼方の本  間村俊一の仕事  筑摩書房

●本の装幀の作品【1~48ページ】
中の俳句【ゆく春のオナニー・マシーンにて悶死  著者】【白靴やミラノ帰りの小悪党  ピカレスク  著者】【傷跡を舐めよと蚊帳の女言い  著者】
【下駄とリヤカー】【二百十日笑ったは誰又三郎  著者】
【古本グラフティ】
【二十面相の墓】【紅梅や狂女の帯の恐ろしさ  著者】
【黒蜥蜴の箱】
【【坂】だって妊娠するのだ】【ヒロポンのお瓢と申す夏薊  著者】
【セロウムの鉢植】
【梅が笑う】
【ボヴァリー夫人の庭】
   【俳句装幀偽日記】【六月の雨売りにくる男哉 著者】【一癖も二癖もある秋の暮  著者】【狂院に夕顔の種忘れ来む  著者】
   【十二冊懐旧】【草餅や幽霊も出る足も出る  著者】
   【版下ガラパゴス】【痛恨の誤植数ヶ所啄木忌  著者】
【本の種】【春暁の歯ぎしり凄じき女  著者】
【装幀交遊録】【スサノオもリュックを背負いてそぞろ寒  著者】【薄氷ようござんすか入ります 著者】
【ホッホッホッ】【数え日の妙に毛深き女かな  著者  男らしい】
【リングと盃】
【穴について】
【うすあかり】
【火の?首】
【抱一狐】【うぐいすや 下戸殿許せ 晝の酒  著者 】
【【とびどうぐ】】を持たない山猫
【わが酒場放浪記】【闇の夜は吉原ばかり月夜かな  其角】
●著者  1954年生まれ。装幀家・俳人。
 

日本の島// 産業・戦争遺産

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2019年 1月12日(土)22時30分46秒
返信・引用 編集済
  日本の島//  産業・戦争遺産   斉藤潤  マイナビ

はじめに
【第一章】【戦争関連遺産】
   ●対馬要塞●奄美大島南部○加計呂麻島●東京湾要塞●記念館三笠●毒ガス工場跡【大久野島】
【第二章】【産業・文化遺産】
   ○佐渡金山●銅精錬所跡●採石場跡●ボタ山●サトウキビ列車関連遺産○長島愛生園事務本館○炭鉱関連遺産【竹富町】
イチローがいった所は○。特に興味をもったのは西表島の宇多良炭鉱。内離島の海軍用炭鉱。ここにはないが、宮古島の戦争遺跡【海岸からの上陸を想定、機関銃をおいた洞窟、特攻の船を隠した洞窟、敵の飛行機をみつける監視の洞窟、空襲に対し療養所患者が隠れる洞窟】
 

女流俳句集成 /全一巻 / 宇多喜代子 / 黒田杏子編集

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2019年 1月12日(土)09時52分33秒
返信・引用 編集済
  女流俳句集成  全一巻  宇多喜代子 / 黒田杏子編集  立風書房

●阿部みどり女●長谷川かな女●竹下しづの女●杉田久女●高橋淡路女●吉屋信子●原
コウ子 ●橋本多佳子●三橋鷹女●及川 貞
●中村汀女●星野立子●柴田白葉女●鈴木眞砂女●細見綾子●殿村菟絲子●石橋秀野●加藤知世子●藤木清子●栗林千津
●下村梅子●後藤綾子●中村苑子●桂  信子●中尾寿美子●文挟夫佐恵●横山房子●北原志満子●馬場移公子●鈴木しづ子
●野澤節子●津田清子●飯島晴子●井沢正江●寺田京子●鷲谷七菜子●熊谷愛子●野見山ひふみ●古賀まり子●大橋敦子
●八木三日女●金子皆子●加藤三七子●伊丹公子●橋本美代子●山田みづえ●三好潤子●渋谷道●津沢マサ子●沼尻巳津子
●岡本眸●柿本多映●蓬田紀枝子●星野椿●井上雪●小泉八重子●小檜山吹繁子●鍵和田釉子●手塚美佐●山本洋子
●中嶋秀子●池田澄子●増田まさみ●森田智子●大石悦子●岡田史乃●大木あまり●鳴戸奈菜●寺井谷子●辻桃子
●西村和子●金田咲子●大西泰世●奥坂まや●高澤晶子●正木ゆう子●片山由美子●鎌倉佐弓●永末恵子●松本恭子
●●女流俳句  百年のながれ  宇田喜代子

●●興味ある俳句は書けなかった。人名のみ。許せ。●夏井さんがないぞ。●1999年発行。
  
 

王者のひつぎー狭山池に運ばれた古墳石棺

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2019年 1月12日(土)06時50分37秒
返信・引用 編集済
  王者のひつぎ  大阪府立狭山池博物館

【序章  問題の発生】
【第一章  弥生の王・古墳の王】
【第二章  狭山池石棺群】
【第三章  石材加工と輸送】
【第四章  王者のひつぎ】
【特別論考  古市・百舌鳥古墳群と王統の確執】

●【推定であるが下記の左=右】
【石棺6】【仁賢天皇のひつぎ】
【氷室所在伝今城塚石棺】【継体天皇のひつぎ】
【石棺G】【安閑天皇のひつぎ】
【石棺8・9】【河内大塚山古墳のひつぎ】
【河内大塚山古墳/五条野丸山古墳】【欽明天皇の稜墓】
【石棺B・石棺3】【来目皇子のひつぎ】
 

イチローの戦略【番外編 その2】

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2019年 1月12日(土)03時23分9秒
返信・引用 編集済
  英文発表手段としてはwikipedia【英文】がありました。

●尤も、他の人が訂正できるのです。
 

しづ子 // 娼婦と呼ばれた俳人を追って

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2019年 1月12日(土)01時06分33秒
返信・引用 編集済
  しづ子  娼婦と呼ばれた俳人を追って  川村蘭太  新潮社

●まぐはひの  しづかなるあめ  居とりまく
●山吹散る  二度目の女では  わたしは厭だ
●裸身や  股の血脈  あをく引き
●ダンサーも娼婦のうちか  雪どけの葉
●黒人と踊る手先や  さくら散る
●霧五千海里ケリー・クラッケ  へだたり死す
●欲情すれば もっそり起きる阿片患者の ぎらつく汗
●一瞬や麻薬に慣れた【漢字はちがう】眼と認む
●欲る心手袋の手  器に触れつ
●夏みかん 酸っぱし 今さら純血など
●子を欲りぬとは気まぐれか夏の虹
●●鈴木しづ子  1919~?  著者によると8300句を残した。昭和27年まで。【33歳】その後行方不明。
著者  1945年生まれ。黒澤映像プロモーション専務取締役。俳句研究家。
 

沖縄のいない夏

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2019年 1月11日(金)17時26分25秒
返信・引用 編集済
  沖縄のいない夏  森永洋一   幻冬舎

●時代が、いったりきたり【タイムトラベル】、ヘンナ小説だ。イチローとしては、沖縄は、尚真王時代が好きだが。●蛇足 イチローは wikipedia  沖縄県の歴史  英文のほうを書いたが。
 

逃れられない時代 日本型【先送り】システムの限界

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2019年 1月11日(金)12時16分58秒
返信・引用 編集済
  逃れられない時代  日本型【先送り】システムの限界  宇佐美典也  新潮社

はじめに
【第一章  先送り国家日本の構造と【逃げられない時代】】
【第二章  社会保障の先送り課題について】
【第三章  迫り来る安全保障の危機】
【第四章  私たちはどう生きるべきか】
著者  1981年生まれ。経済産業省を経て独立。コンサルタント。岡山県立大学客員准教授。

●どうも主旨がわからない。
 

フェルメール展 公式ガイドブック

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2019年 1月11日(金)09時14分43秒
返信・引用 編集済
  フェルメール展  公式ガイドブック   フェルメールの傑作を徹底解説  石原さとみ スペシャルメッセージ

●●アムステルダムで見たのが忘れられない。【イチロー】
 

好きなことだけで 食べていく

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2019年 1月11日(金)08時45分24秒
返信・引用 編集済
  好きなことだけで食べていく   Kage  あさ出版

はじめに
【What is caricature】
【第一章  なぜ絵描きの僕が会社をつくることになったか】
【第二章  絵を描いて食べていくために】
【第三章  あきらめの悪いアーティストたちの物語】
【第四章  技術を生かして好きなことのプロになる】
【第五章  可能性を広げる 笑顔を広げる】
おわりに
著者  カリカチュアジャパン社長。一時は闘争家をめざした。渡米、カリカチュアに出会う。創業。
 

イチローの戦略【番外編】

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2019年 1月11日(金)05時13分52秒
返信・引用 編集済
  一時、世界中で一番短い論文を書こうと努力した。長いのは、むつかしい。●論文としてテイをなし、しかも短いのを作ろうというわけである。もちろん審査をパスしなければ。

アハハ。●もちろんpubmedに載ること。【昔ならIndex medicus   Medline】だ。
●【候補はこれだ】【Flurandrenolide-impregated tape for granuloma gluteale infantum.】【Archives of Dermatol.  112/4/564.  1976.】
 

最近気になるニュース

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2019年 1月11日(金)03時50分29秒
返信・引用 編集済
  セクハラ有罪で、何年も牢屋に入った男が、ついに無罪を勝ち取った。司法当局【ケンササツチヨウカ】を訴ええたが、1円も貰えなかった。

●悪い女性は、どうなったのかな。ケシカラン。●悪い女性  ケンササツチヨウをタブラカシ  イチロー●騙された罪は存在するか?●無罪の君は、なんとせん。ケンササツチヨウ、騙された罪は無罪かね。●ゴーンさんは、イノセントと言ったが、普通はノットギルティだ。
 

三竃島事件 【さんそうとうじけん】 日中戦争下の虐殺と沖縄移民

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2019年 1月10日(木)20時34分38秒
返信・引用 編集済
  三竃島事件  日中戦争下の虐殺と沖縄移民  蒲  豊彦編著  浦島悦子著  和仁廉夫著  現代書館

はじめに
【緑の島と沖縄】
【三竃島占領】
【日本海軍第六航空基地】
【沖縄農業移民】
【子どもたちの三竃島】
【日本海軍とマカオ、香港、台湾】
【日本敗戦】
【三竃島の終らない戦争】
編著者  1957年生まれ。大学教員。
著者1  1948年生まれ。沖縄在住。ライター。
著者2  1956年生まれ。ジャーナリスト。

●●知らない事件だ。飛行場建設のため、マカオの目の前の島を占領、【1937年】住民虐殺などあり、【1939年】その後沖縄県民を移住させた。島の名前が難しいので覚えられない【イチローの意見】。ひらがなかカタカナにするか【笑い】●東京裁判では、問題にならなかったのか?
 

歌・唄・詩・謡//上天草のうた

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2019年 1月10日(木)17時01分43秒
返信・引用 編集済
  上天草のうた  上天草市郷土史研修同好会

巻頭の言葉
【働く者の歌】●田植え歌●雨乞歌●土突歌●盆踊り歌●潟きり歌●棒踊り歌●木挽き歌●雑歌●米撞作業歌●地雷火付歌
【子守り歌・のわらべ歌】●松島●姫戸●大矢野●龍ヶ岳
【詩歌に歌われた上天草】
    ①古典にみる
    ②現代の漢詩にみる
    ③歌誌・俳誌にみる【天草に 知己二三人 霞けり  岩岡中正】
    ④レコードやCDなどで唄わた【天草四郎時貞  【島原の子守唄の挿入歌】】
    ⑤碑【いしぶみ】にのこるうた【与謝野鉄幹・晶子の歌碑】【吉井勇の歌碑】【高浜?子の歌碑】【雲仙も卯月曇りの海の面】
【市の歌・町の歌】●上天草市民の歌●大矢野町●松島町●姫戸町●龍ヶ岳町●病院の歌
【学校の歌】●小学校の校歌●中学校の校歌●昔の校歌●高等学校の校歌
あとがき
●●珍しいもの【高浜?子のの俳句】【天草に  蝶のわたらん  小春かな】
 

ライト・ノベル

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2019年 1月10日(木)13時31分49秒
返信・引用 編集済
  ライト・ノベル  滝本竜彦  株式会社KADOKAWA

【第一章】【探索者の目覚め】
【第二章】【天使の降臨】
【第三章】【闇の迷宮】
【第四章】【光の小説】
著者  1978年生まれ。
●母親はすごくエッチで、しかし、相手がいないので、通販で精子を得て主人公を生んだ。子供【主人公】とのセックスを強く望んだ。子供は拒否した。●どう考えてもヘンナ話です。

 

影を歩く

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2019年 1月 9日(水)20時59分39秒
返信・引用 編集済
  影を歩く  小池昌代  方杖社

対話   まえがきにかえて
【第一章】●油揚げ●三つの穴●西日のさす家●柿の木坂●不思議な矢印
【第二章】●二重婚●負ける身体●清水さんは、許さない●傷とレモン
【第三章】●帽子●塩を撒きに●墓荒らし●水鏡●あみゆるよちきに
【第四章】●祝祭●象を捨てる●面影について
亀  あとがきにかえて
●●ショートショートというか、エッセイというか。
 

ドコモ系のカードをauで作る【うまくいかない、解決方法は?】

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2019年 1月 9日(水)16時16分45秒
返信・引用 編集済
  なかなか難しい。カードをもらったのは、いつもいくマクドナルドである。【いつもポイントの話をするので、欲しくなった】いつもいくauで、いろいろ教わりながらつくる。【使えるようにする】実質はおねーちゃんが作った。確かにポイントは溜まるようになった。しかし、だせない。【ボイントを使えない】

これは詐欺だ。近くのドコモに行った。若いおねーちゃんが見事に解決した。いろいろやったがうまくいかない。私の考えはこうだ。このカードは無効でいいから、新しくカードを作ってください。●新しいカードは、古いカード【たった100ポイントだから100円】のポイントも移したのであります。●そもそもカードをくれたマックが、作りかたは教えなかったことで、へんなことになった。●いろいろ文句を言っが、解決方法は教えなかった。●欲しかった言葉  ドコモ系のカードだから、そこに行ってください。●auの携帯の人がドコモのサービスを受けるのはへんな感じではある。歓迎されざる客だ。
 

電子カルテのメリットは?

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2019年 1月 9日(水)10時24分59秒
返信・引用 編集済
  紙カルテは神カルテ  電子カルテのメリットがわからない。紙のほうが、3倍早くて、3倍正確。費用は1/3以下。

●おそらく採用すると、誰かが儲かるからか?クラウドコンピューティングだ。【製薬会社、日本政府?厚生労働省?】
 

イチローの戦略【18】英語翻訳あれこれ

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2019年 1月 8日(火)21時01分44秒
返信・引用 編集済
  他の科目の英訳加勢はどんなのがあるか?
●泌尿器科   友人の関係  臨床的なもの。他に、先輩の学位論文を翻訳した。インターン時代だった。
●外科  教授、講師から頼まれた。動物実験など。
●看護科   英語論文を書きたい人がきた。起承転結がわかりにくく閉口。
●精神科   内容は精神科とは別だった。
●電算化関連  教授から頼まれた。
●検査科   長い間カキタカッタと頼まれた。珍しい症例。1編。
●ありそうでなかった【内科】
●皮膚科ではみんなが書いたもの、書こうとしているものを勝手にバンバン翻訳して、適当な雑誌の載せた。
●頼まれて、投稿までしたが、うまくいかなかったこともある。赤面だ。
●論文が画期的だと、本人も私も思ったが、反応がなかったともあった。

 

よくわかる公衆衛生学の基本としくみ

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2019年 1月 8日(火)15時58分3秒
返信・引用 編集済
  よくわかる公衆衛生学の基本としくみ   上地賢  安藤絵美子  雑賀智也著  秀和システム

はじめに
第一章  公衆衛生
第二章  疫学
第三章  保健医療統計
第四章  医・医療の倫理
第五章  社会保障と障害者福祉
第六章  地域保健
第七章  母子保健
第八章  高齢者保健
第九章  産業保健
第十章  精神保健と精神保健福祉
第十一章  感染症対策     ●HPVワクチンの問題●ハンセン病は1~5類伝染病でない。指定伝染病か?よくわからん。
第十二章  食品衛生
第十三章  栄養

●HPV実施日本が低いのは問題とある。ある医学新聞によると、副作用が起きるのは飛行機事故とおんなじく稀と考えろとあった。【みんな飛行機に乗るだろう】【ワクチンはうちなさい】●指定伝染病の例がでていない。
 

ブレケル・オスカルのバイリンガル 日本茶・BOOK 淡交社

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2019年 1月 8日(火)07時54分32秒
返信・引用 編集済
  ブレケル・オスカルのバイリンガル日本茶・BOOK  淡交社

はじめに
【そもそも【日本茶】って何ですか?】【what is Japanese tea?】
【日本茶の種類】【Types of Japanese tea】
【日本茶のヒミツーシングルオリジン】【The secret behind Japanese tea】【Single estate Jagpanese tea】
【日本茶の産地】【Japan-s tea growing regions 】
【茶葉の種類別  美味しい淹れ方】【How to steep Japanese tea】
【急須の楽しみ】【the beauty of Japanese teapots】
あとがき
著者  1985年スエーデン生まれ。日本茶インストラクター。

●二か国語で書かれた珍しい本。
 

イチローの戦略【16 // 長大翻訳】

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2019年 1月 8日(火)05時23分11秒
返信・引用 編集済
  やたらに長い論文の翻訳を試みました。かかった時間は忘れました。この雑誌はA4版です。なお、自分自身の最長論文はB5版で15ページでした。著者の名誉のために、ページ数だけ示す。
【英文  22ページ Medlineに基づく】【邦文は翻訳の元 75ページ  学位論文で実質は38ページ  裏がない  1ページおき】

●著者の専門【内科系だが内科でない】も論文の内容【電算化関連】も皮膚科関連ではない。
 

イチローの戦略【15 // 水癌って何だ】

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2019年 1月 8日(火)01時10分40秒
返信・引用 編集済
  おどろおどろしい名前を思いだした。その名前は水癌【スイガン】ドイツ語でワッサークレーブス、ラテン語でノーマ。

●論文は、【Bacterial gangrene on the cheek of a comatose patient -- necrotising fastitis or noma.】【J. Derm.  1989/16/3/251~2】

●今の世の中で水癌を思いだす人はいない。もともと水癌は栄養不良の子供がかかる病気である。
●文句言われず、論文は受理された。●頬に穴が開いた婦人の写真を内科で撮影した。糖尿病がある婦人の血管にバイ菌がつまったので、発生したのです。●糖尿病は怖い病気です。
 

中学生時代に教わった歌【アメリカの汽車ポッポの歌】

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2019年 1月 7日(月)23時02分28秒
返信・引用 編集済
  アメリカ人はみんな知っていた。びっくり。有名らしい

Down by the station Early in the morning
See the little pafabilis【機関車のこと】 all in row
Along comes the driver
Pull the little handle
Tsu tsu shoo shoo  Off they go
イチローは歌えるぞ

●イチローが記憶していた理由   この歌【英文】をブラインドタッチの練習に使っていた。
 

山陰地方の彩色絵葉書

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2019年 1月 7日(月)21時43分5秒
返信・引用 編集済
  山陰地方の彩色絵葉書  山道俊哉

【鉄道】
【日本の郵便制度】
【皇太子行啓】【神格化されていない、後の大正天皇の話はおもしろい】
【韓国皇太子行啓記念】
【鳥取県】
【島根県】
 

フェティッシュとは何か

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2019年 1月 7日(月)18時30分19秒
返信・引用 編集済
  フェティッシュとは何かーその問の系譜  ウィリアム・ピーツ著  杉本隆司訳  以文社

【第一章】ヨーロッパ思想におけるフェティッシュ概念
【第二章】フェティッシュの起源
【第三章】ボスマンのギニアと啓蒙のフェティシズム論
著者  アメリカ人。哲学博士。
訳者  1972年生まれ。フランス留学。明治大学講師。
【電子辞書によると】【フェティシズム】【①呪物崇拝】【②物神崇拝】【③異性の衣類・装身具に異常に愛着を示すこと・性的倒錯の一つ】

●●なんだかよくわからない。③と思っていた。
 

評伝// 耳鼻咽喉科のパイオニア久保猪之吉 // 医学と文学の狭間で

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2019年 1月 7日(月)16時14分48秒
返信・引用 編集済
  評伝  耳鼻咽喉科のパイオニア  久保猪之吉  医学と文学の狭間で  柴田浩一  梓書院

はじめに
【第一章  生い立ち】
【第二章  医師として立つ】
【第三章  九州帝国大学の創立】
【第四章  【世界のイノ・クボ】猪之吉、欧米での活躍】
【第五章  教室創立20周年と久保記念館】
【第六章  文学への回帰】
【第七章  猪之吉、より江夫妻と文学者たち】
【第八章  猪之吉と俳句】
【第九章  猪之吉、より江夫妻の文学作品】
【第十章  猪之吉の面影と人物像】
【第十一章  晩年の久保夫妻】
著者  1939年生まれ。九州大学卒業耳鼻咽喉科医師。

●たいへんおもしろい。一気に読んだ。
 

男性のアソコを英語でなんというか。テレビでは【privacy】というが

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2019年 1月 6日(日)18時30分38秒
返信・引用 編集済
  辞書【電子辞書】には書いてないぞ。ひょっとしたら【private partかな?】  

/205