投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


イチローの戦略【その3】

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2018年12月17日(月)11時44分11秒
返信・引用 編集済
  来年は別の大学に移動するという年の話である。

●前に書いたが、1月だったか?とんでもない患者がきた。左の足が右の足の3倍。ゲッ

●いつもの戦略は、論文をたくさん書くことである。しかし、この時ばかりは、戦略変更。この患者をなおそう。

●悪臭プンプン  なんだろう。
 

西洋の魔女

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2018年12月17日(月)02時23分2秒
返信・引用 編集済
  中世はおぞましい時代だったらしい。

わけのわからん女は魔女として、殺していた。今でも、城壁から死体がでてくることがある。フーン

男性にも悪漢はいるが、魔女でない、魔男はいない。
 

メ切り本2 【締め切り本2】【とうとう新潮社社長の私邸に監禁】

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2018年12月15日(土)16時14分1秒
返信・引用 編集済
  メ切本2  猿に邪魔されてもメ切はやってくる  左右社

学問のすすめ  福沢諭吉
はじめに
【1】今に死ぬ、どうしても書けぬ
   ●源氏鶏太●二葉亭四迷●武者小路実篤●森鴎外●北原白秋●石川啄木●山本有三●ドストエフスキー●夢野久作●芥川龍之介●石川淳●山本周五郎●小林多喜二●太宰治●松本清張●丸山眞男●梅棹忠夫●安岡章太郎●井上ひさし●【面白半分】編集部●宮尾登美子●向田邦子●川上弘美●リリー・フランキー●川上未映子●町田康
【2】編集者はつらいよ
   ●萩原朔太郎●滝井孝作●堀辰雄●深沢七郎●五味康祐●小川国夫●赤塚不二夫●吉村昭●野坂昭如
【3】メ切タイムスリップ
   ●團伊玖麿●河野多恵子●五木寛之●片岡義男●高橋留美子●椎名誠●平出隆●村山由佳●さくらももこ
【4】助けておくれよ、家族
   ●妻と作家は両立するか【神近市子】【岡本かの子】【宇野千代】【など】●子母澤寛●川端康成●バルザック●横溝正史●辻佐保子●辻邦生●田中小実昌●澁澤龍子●澁澤龍彦●赤川次郎●中島らも●三浦しおん
【5】メ切幻覚作用
   ●野間宏●木下杢太郎●水木しげる●小川国夫●笹沢佐保●筒井康隆●江口寿史●穂村弘●松尾豊●沖方丁
【6】それでもメ切はやってくる
   ●井上靖●室生犀星●大庭みな子●伊集院静●ハルノ宵子●田辺聖子●山崎豊子
【10?】メ切の刑
   ●タモリ●野坂昭如
●●作家とメ切は切っても切れない関係がある。そのエッセイを集めた本。家人に迷惑をかけた人も多い。タモリのハナモゲラ語のエッセイは、とどかなかった。書いたのか、怪しい。
 

つながり から考える薬物依存症

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2018年12月15日(土)02時59分40秒
返信・引用 編集済
  つながりから考える薬物依存症  岩室紳成  松本俊彦  安藤晴敏  大修館書店

【鼎談】なぜ、いま、この本が必要か【エイズ予防の話に私は最初に生徒にコンドームをみせました。それは、イケマセン】
第一部   薬物依存症治療の視点から
   第一章  人はなぜ薬物依存症になるのか
   第二章  我が国における薬物依存症の現状【外国と比べりと断然いい】
   第三章  危険ドラッグ騒動からみる規制強化の功罪
第二部  学校教育の視点から
   第四章  未知との遭遇で起こる健康教育の混乱
   第五章  学校における薬物乱用防止教育の現状と課題
第三部  健康づくり、地域づくりの視点から
   第六章  トラブル・依存症・犯罪予防は心の健康づくりから
   第七章   一人ひとりがつながり続ける当事者支援
著者1  1955年生まれ。泌尿器科専門医。心と性の講演多し。
著者2  1967年生まれ。国立精神・神経医療センター薬物依存研究部部長。精神科医師。
著者3  1952年生まれ。高等学校校長をへて、エイズ、喫煙、飲酒、薬物乱用などの講演多し。
●【人は話すことによって癒される】
 

ならず者たちのギャラリー

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2018年12月14日(金)19時15分33秒
返信・引用 編集済
  ならず者たちのギャラリー   フィリップ・フック  中山ゆかり訳  フィルムアート社

【パート1】ルネッサンスと啓蒙主義の時代
   【第一章】画商と代理人【エージェント】たちの出現
   【第二章】ペテン師から鑑定家へ
【パート2】十九世紀
   【第三章】投機というアート
   【第四章】ヴィクトリア朝の美術ブーム
【パート3】近代
   【第五章】アーティストとしてのセールスマン
   【第六章】機密保護と情報の蓄積
   【第七章】新しい芸術を売った初の近代的画商
   【第八章】現代美術の豊かな才能を発掘
   【第九章】キュビズムを支援した純粋主義者
   【第十章】前衛芸術をめぐる理想と現実
   【第十一章】フランス美術界の流行のつくり手たち
   【第十二章】前衛を追及したドイツの画商たち
   【第十三章】大陸の芸術運動を追いかける英国紳士と業界人たち
【パート4】現代
   【第十四章】美術品取引の世界を変えたオークション
   【第十五章】買い物というアート
   【第十六章】アメリカン・ドリームの実現
   【第十七章】最先端のアートへ
訳者あとがき
著者  オークション会社サザビーズの現・取締役、印象派と近代美術部門のシニア・ディレクター。
●画商のおはなし。あまり知られていないが、とんでもなく、面白い。
 

イチローの戦略 【その2】

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2018年12月14日(金)13時24分18秒
返信・引用 編集済
  日本皮膚科学会が英文誌を1974年に発行した。以前、欧文版があったが、気分一新した。

【その1】ある情報によると、はじめは採用のレベルが低いという。シメシメせっせと論文を投稿しまくった。オマケに投稿料金は無料であった。
【その2】イチローが40編書いた時、2番目は20編だった。
【その3】最初は年4回、次いで6回、12回、B5からA4になった。投稿料金が有料になった。
【その4】やたらにレベルが高くなった。もう投稿しても採用されません。
【蛇足】J  D  40周年に、熊本地方会で【祝  40周年】を発表した。
【蛇足2】あまり書きまくるせいか、大学所属でないが、4年間エディターになった。
 

イチローの戦略

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2018年12月14日(金)11時29分44秒
返信・引用 編集済
  論文を発表する戦略を考える。

【1】雑誌と編集長の性格を考える。
【2】Int  J. Dermatologyが面白そう。理由はArchives  of Dermatologyのごときメジャーでない。変な論文も載せてくれそう。
【3】最初は向こうから書きませんか、と、言ってきた。シメシメ。某先生はのらなかった。私はチャンスを掴んだ。
【4】編集長によると、引用なんかいらないとある。独創的な論文がいいらしい。さすがに引用0の論文は書けなかった。
【5】結局、6.7編の論文がのった。1編は熊本であった学会報告です。これは、日本人のエディターの希望というか許可による。
【6】長年の念願の蒙古斑の論文と、やたらに長いハンセン病の歴史の論文を載せた。
 

勇者に学ぶ 戦略思考

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2018年12月14日(金)09時31分49秒
返信・引用 編集済
  勇者に学ぶ  戦略思考  工藤拓真  日本経済新聞社

【オープニング】つまらない問題だって、ワクワクの【ゲーム】に変えられる
【1】遊ぶ編 【ゲームマップ】の とりせつ
【2】わかる編  人生を楽しむアイテムとしての【戦略】
【3】つくる編【わからない】を退治する、ワンランク上の戦略づくり
【4】みがく編  毎日の行動を変貌させる【戦略習慣術】
【エンディング】【実らない努力大国ニッポン】
著者  1988年生まれ。ロンドン芸術大学留学。電通ソリューション解決室。東京工科大学非常勤講師。
 

マリリン・モンロー・ノー・リターン

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2018年12月13日(木)15時51分38秒
返信・引用 編集済
  マリリン・モンロー・ノー・リターン   野坂昭如  P+D  BOOKS

マリリン・モンロー・ノー・リターン【大学生の悪【わる】で、どうしようもなくなり、寺に入りこむ。そこも、とんでもない人々がいた。ある国会議員がなくなった。親父が立候補したので、選挙の加勢をしたが、悪を重ねる。】
死の器
ああ軟派全落連
乱離骨灰鬼胎草【らんりこつばいおにばらみ】
砂絵呪縛後日怪談【すなえしばりごにちのかいだん】
解説
著者  1930~2015  【火垂るの墓】で直木賞。
●●野坂ワールドは怪奇、おぞましき妄想の連続。死姦なんか楽しいのか?

 

スキャンダル

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2018年12月13日(木)07時35分45秒
返信・引用 編集済
  スキャンダル  高部務  【たかべつとむ】小学館

●【沖雅也  涅槃にて】
●【百恵さんの大勝負】
●【シヨーケンと墓標】
●【聖子という空前絶後】
●【大西結花と失踪社長】
●【堀江しのぶ 死化粧】
著者  1950年生まれ。フリージャーナリスト。
●●雑誌記事スタイルでないかな。面白い読み物。
 

フェルメール

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2018年12月12日(水)17時30分12秒
返信・引用 編集済
  フェルメール  作品と画家のとっておき知識  千足伸行【せんぞくのぶゆき】 河出書房新社

1.    あの名画をキーワードから読み解く
【牛乳を注ぐ女】【手紙を書く婦人と召し使い】【ワイングラス】【マリアとマルタの家のキリスト】【手紙を書く女】【リュートを調絃する女】【真珠の首飾りの女】【赤い帽子の娘】【恋文】【真珠の耳飾りの女】【デルフトの展望】【絵画芸術】

2.    画面に隠されたトリックに驚く【遠近法1】【遠近法2】【カメラ・オブスキュラ】【光の表現1】【光の表現2】【フェルメール・ブルー】【科学調査】【画中画】【寓意】【モチーフ】【ファッション】【手紙】【トローニー】【子ども】【画のモデル】【【小路】のモデル】【作風の変化】【修復】
3.   謎多き画家の素顔をのぞきみる
【フェルメールが活躍した17世紀のオランダ】【ごくせまかった生活エリア】【師匠は誰】【同時代に活躍したオランダの画家たち】【誰も知らない本当の顔】【【歴史画】から【風俗画】へ】【実はスピード出世をしていた】【なぜ、200年も、忘れられていた】【パトロンの存在】【逆玉婚をしていた】【結婚後は【マスオさん】状態】【宿屋の主、画商、いくつもの副業】【評価されていたのに寡作なわけ】【43歳で死去、原因は】【台所事情は】
4.    フェルメール作品を襲った事件に迫る
【今後、作品が発見させる可能性は?】【真作?非真作?決着しないわけ】【オークションで32億円】【何度も盗まれた】【【恋文】を襲った二重のショック】【【ギターを弾く女】の受難】【2度盗まれた【手紙を書く婦人と召使い】】【30年行方不明の【合奏】】【【牛乳を注ぐ女】を守れ】【世紀の贋作を描いた男】【ナチス・ドイツの標的に】
●著者  1940年生まれ。国立西洋美術館勤務。70~72年ドイツ留学。西洋美術館に復帰。成城大学教授。名誉教授。
●●すごく面白い。オススメにしよう。
●●ドイツ、オランダの城壁都市は、狭いワールドだ。実際行って経験したのだが、あれ、恵楓園より狭い。【周囲10キロ】。フェルメールのは4キロもない。
 

樋口謙太郎先生の思い出

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2018年12月12日(水)08時00分29秒
返信・引用 編集済
  直接声をかけられたことがある。【イチローの変な発表を覚えておられた】ハガキをもらったことも。

別の話である。
先生がジャカルタ大学教授【戦時特別】の時代、弟子にリデルの病院に以前勤務していた先生がいた。いつも、頭もアゴも、毛はなかったが、その時はひげもじゃら。なぜか、別人にまちがわれた。現地人に殺されてしまった。上司として、追悼の文章を書かれておられた。

●ひげはないほうがよかった。●先生の業績は400余り。イチローも倣って書きまくったが、及びません。
 

怪しい皮膚科研究

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2018年12月12日(水)01時13分14秒
返信・引用 編集済
  イチローは怪しい皮膚科研究を考えた。昔の話である。

【1】新しい皮膚科の副作用をみつける。
【2】新しい皮膚科の病気をみつける。
【3】新しい皮膚科の治療法をみつける。

刺激を受けたのは、九州大学皮膚科の樋口謙太郎名誉教授のエッセイだ。新しい薬【ケンタロー丸】を作ろうと、努力されていた。アハハ●教授の名前をつけた【樋口紅斑】という病気もあります。別の名前は【点状紅斑】である。

●厳密な意味では難しかった。で、ハードルを下げよう。
【1】【2】は1974年に完成した。ほんとかな。【3】について書きたい。●Granuloma gluteale infantumのステロイドテープ療法である。●文献はFlurandrenolide-impregnated tape for granuloma gluteale infantum.   Archives of Dermatology.  112/4/564.  1976.

●その後、誰も追加の論文がない。アハハ●怪しい話だが、公表したのでエライとしよう。
 

まんぷく NHK 連続テレビ小説 定本・安藤百福

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2018年12月11日(火)17時03分17秒
返信・引用 編集済
  まんぷく  中公文庫

【第一部】安藤百福伝
   【第一章】起業【第二章】不屈【第三章】発明【第四章】独創【第五章】聖職【第六章】散華
【第二部】安藤百福かく語りき
【第三部】安藤百福念頭所感

【年譜】1910年台湾で生まれた。1932年 【東洋メリヤス】を創業  1934年 立命館大学専門部卒業  1946年 製塩業  1957年 チキンラーメン研究開始  1958年 完成  会社名を日清食品に  1962年 即席ラーメンの特許  1971年 カップヌードル発売  2007年没
 

学年誌が伝えた子ども文化史 昭和50~64年編

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2018年12月11日(火)08時39分27秒
返信・引用 編集済
  学年誌が伝えた子ども文化史  小学館

●学年誌が伝えた重大ニュース
●学年誌が伝えたゲーム機の歴史
●学年誌が伝えた芸能・スポーツ
●学年誌が伝えた未来予測
●学年雑誌が伝えたブーム・生活
 

女性と求人情報

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2018年12月11日(火)05時49分19秒
返信・引用 編集済
  女性と求人情報  1868~2018  渡邉嘉子  社会情報大学院大学出版部

プロローグ
第一章  女性求人広告の変遷
  【1】江戸時代【2】明治時代【3】大正時代【4】昭和戦前【5】戦中【6】戦後【7】平成【8】男女雇用機会均等法【9】21世紀【10】女性活躍推進法【11】施行まで【12】すべての人が活かされ活かしあう時代へ
第二章  銀座の街と人ー求人の情報から見えてくるもの
  【1】明治時代【2】大正時代【3】昭和時代 戦前・戦中【4】昭和時代  戦後
第三章  求人広告・情報の活用のために
  【1】21世紀の求人広告・情報とは【2】働く目的の21アングル【3】応募行動への心理変化のプロセス【4】求人広告・情報の活用【5】求人コミュニケーション【6】採用側のポイント【7】自立していくために【8】働き方改革の時代に【9】人権と求人情報の関係
【特別寄稿】女性が自立できる道
エピローグ
著者
●●タイヘン面白い。江戸時代遊女売ります。【処罰された】
その後、メカケ募集、メカケになりたい。【一夫一婦制度の前は合法】子供をもらってくれ。結婚したい【男性から、女性から】【処女と結婚したい】。老人をお世話します【=介護します】乳母募集  ●仕事が確立していない時期は、女性はタイヘン苦労した。
 

徳政令 //なぜ借金は返さなければならないのか

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2018年12月10日(月)19時45分47秒
返信・引用 編集済
  徳政令  なぜ借金は返さなければならないのか  早島大祐【はやしまだいすけ】  講談社現代新書

第一章  中世とは何かー債務破棄が徳政と呼ばれた時代
   ●借りたお金  返す?返さない?  ●転換期としての戦国時代
第二章  正長元年徳政一揆、室町幕府を飲み込む
   ●室町幕府政治の実態●徳政一揆の逆襲
第三章  法と法とのシーソー・ゲーム
   ●自力救済社会と公権力●メディアとしての馬借
第四章  室町の格差社会
   ●借上と土蔵●金融業者の誕生
第五章  過剰負荷社会の誕生
   ●室町社会の基本構造●土蔵酒屋没
第六章  【大法】に飲み込まれる人々
   ●嘉吉元年の徳政一揆●社会を飲み入む大法
第七章  接触する法と社会
   ●三たび近江国から●足利義教の訴訟整備
第八章  【裁定者】の登場
   ●分一徳政令とは●分一徳政令の改正
第九章  分断される一揆
   ●革嶋家の復活●変質する徳政
第十章  徳政に侵食される社会
   ●内向き化・小口化する土倉経営●混乱する中世経済
第十一章  貸借・土地売買と徳政
   ●土地売買の停止●徳政指置状と徳政落居状
第十二章  シーソー・ゲームの終わり
   ●徳政のない時代へ●徳政令政策の放棄過程
終章  【新しい人】の登場ー文明の転換期としての戦国時代
著者  1971年生まれ。京都女子大学教授。
●なんだかよくわからない話だ。
 

Unseen Faces, Unheard Voices

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2018年12月10日(月)18時19分38秒
返信・引用 編集済
  アンシーン  フェーセズ / / アンハード  ヴオイセズ  リビングストン アンド  ミヤコ  アーミィテイジ   IBC  パブリッシング

●衝撃的な写真集。死刑を待つ40人  【一人づつの写真】。【カンボジア】
●頭蓋骨8体。
●セックスワーカー男女。【カンボジア】
●死を待っエイズ患者。【カンボジア】
●魔女とされた女【ネパール】
●ストリート チャイルド【アフガニスタン】
 

るるぶ 石垣 宮古 竹富島 西表島

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2018年12月10日(月)17時56分1秒
返信・引用 編集済
  るるぶ  石垣  宮古  竹富島  西表島

観光地紹介の本。
 

古墳の被葬者を推理する

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2018年12月10日(月)07時31分6秒
返信・引用 編集済
  古墳の被葬者を推理する  白石太一郎  中公叢書

第一章  箸墓古墳と大市墓【初期ヤマト政権と関係ある】
第二章  誉田御廟山古墳の被葬者をめぐって【応神天皇?】
第三章  西殿塚古墳と西山塚古墳
第四章  五条野丸山古墳の被葬者をめぐっ
第五章  植山古墳と山田高塚古墳  ~二つの推古陵
第六章  牽牛子塚古墳と岩屋山古墳ー考古学からみた斉明陵
第七章  古墳からみた物部氏
第八章  葛城周辺の古墳からみた蘇我氏の本拠地
あとがき
著者  1938年生まれ。奈良県立橿原考古学研究所所員。国立歴史民族博物館教授。奈良大学教授などを歴任。国立歴史民族博物館名誉教授。総合研究大学院大学名誉教授。
●●学問的な話です。著者の経歴をみましよう。
 

12月//三年坂ビブリオバトル結果

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2018年12月 8日(土)15時15分45秒
返信・引用 編集済
  チャンピオンは、SF部長。

チャンプ本は【ソヴィエト ファンタスチカの歴史】2票   スケールが大きい偽書。●ノンフィクションが好きな人には許せぬ。アハハ
●あとは【ミュシャのすべて】チェコの巨大絵を描く芸術家。日本人が収集した。堺市にある。カメラのドイさんだ。
●【僕のやさしいオバケの駅】
●【続  悪魔の飽食】●二回連続チャンプは失敗。
 

90媼の嘆き

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2018年12月 8日(土)05時26分6秒
返信・引用 編集済
  朝日新聞投稿の嘆きは、当たらない。見晴らしのいい土地に家を建てて、ま、いまは、最寄りのバス停から、てくてく歩いて30分もかかる。フウ。

前は、そんなに時間はかからなかった。

そんな土地で、歩いたから、90も長生きと考えるべきじゃ。

蛇足  イチローも毎日坂道を文句を言いながら歩いている。まだ、80代だ。高校生から、追い越されながら。アハハ

 

遺伝学の知識と病の語り //遺伝性疾患をこえて生きる

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2018年12月 7日(金)16時47分17秒
返信・引用 編集済
  遺伝学の知識と病いの語り  前田泰樹・西村ユミ  ナカニシヤ出版

まえがき
序章  遺伝学的知識という問題
   ●誰にとっての問題なのか?●遺伝学的知識とリスク●【ごくまれな】と【私たちすべてのとって】●【私たちすべてにとって】●【ごくまれな単一遺伝子疾患】
第一章  遺伝学的知識と病いの経験
   ●単一遺伝子疾患としての多発的嚢胞腎疾●新しい知識を告げられる●経験を伝える●新しい知識を作りだす●経験を蓄積してきた歴史
第二章  病いの経験を語り直す
   ●経験の変化に着目する●新しい概念としての単一遺伝子疾患●同じ【疾患】を生きる●同じ【病い】を生きる●物語を語り直す
第三章  移植経験の家族の語り
   ●遺伝性疾患をもつ家族の経験へ●移植を経験した家族●移植を始める●ドナーとなる夫の気持ちへの配慮●本人の意志●家族の仕方●経験の連なりと家族の方法
第四章  移植後の時間の再編成
   ●移植が無事に終わった●経験としての時間●区切りを作る時間経験●想起の時間経験の構造●時間経験が捉え直す家族の方法
第五章  新しい分類のもとでの連帯
   ●遺伝学的シティズンシップと患者会の活動●患者会の設立と治験への参加●新薬の承認と難病法の成立●新しい分類のもとでの連帯●次の世代に伝えていく
終章  経験の固有性を理解する
   ●はじめに●普遍性を志向する●経験の固有性を理解する●おわりに
著者1  立教大学教授。
著者2  首都大学東京教授。
●●遺伝性疾患の説明【皮膚科にもいろいろある】は難しい。大声で泣かれたことがありました。対処として、この本が大いに参考になる。
 

【新編】日本女性文学全集 【6】平林たい子・林芙美子・尾崎翠・佐田稲子・壷井栄・中里恒子

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2018年12月 7日(金)13時59分49秒
返信・引用 編集済
  【新編】日本女性文学全集【6】六花出版

【平林たい子】夜風/殴る/私は生きる/鬼子母神
【林芙美子】清貧の書/河沙魚/骨/下町【ダウンタウン】●●面白い。
【尾崎 翠】第七官界彷徨/こほろぎ嬢
【佐田稲子】牡丹のある家/虚偽/白と紫/由縁の子
【壷井 栄】大根の葉/妻の座
【中里恒子】日光室/まりあんぬ物語/誰袖草
 

乾癬様皮疹を呈した川崎病

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2018年12月 7日(金)08時22分45秒
返信・引用 編集済
  皮膚病診療  渡邊愛子など、市立東大阪医療センター皮膚科  40/12/1207~1210. 2018

川崎病は4歳以下に好発する、原因不明の急性発熱性疾患である。多くの仮説がある。最近の説は、何らかの細菌、ウイルスの毒素が、スーパー抗原として作用するという説【2014】である。
いろいろな皮疹があるが、乾癬は少ない。
 

戦中・戦後の暮らしの記録

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2018年12月 6日(木)16時58分47秒
返信・引用 編集済
  戦後・戦後の暮らしの記録  暮らしの手帖社

   ●ちょっと着てみてくれないか●スイカ●トンネルの中から●どうぞ生き延びて●日本の空は鉛色だ●親子丼ひとつ●内モンゴルの天国と地獄●ボール送り●原っぱで
【1  大切な人 いってらっしゃいませ】
   ●清水さんを思う●ご飯が光る春のすし●飛行機乗りのキャラメル●航空元気食
   出会いと別れと
   ●ケイコと結婚●角砂糖と弟●兄の棺●釣り鐘の出征
【2  空から恐怖が降ってくる】
   ●忘れられないあの日の記憶●これが私の家?●ダダダダーと機銃掃射●弾があたりませんように●恐ろしい一夜だった●幽霊みたいな母●濠の中●焼い弾の恐怖
【3  何と戦っていたのだろう】
   ●千鳥の着物●一房のぶどう●今日の配給は何●耐乏生活の実態●お嫁さんになりたい●最後の皇帝が入居●平壌 からの引き揚げ
【松本愛さんの戦中絵日記】
【4  ふるさとが戦場に】
   ●天の神様が見ているよ●チョコレートをふんずける●死に場所を求めて●私の目にした原爆●食べ残された水水桃が半分●十三歳の看護●その人が父だとは
【5  弱き者は守られたか】
   ●みんなで泣きじゃくる●戦時下の小学校●私はスパイになって●異国の人●日本軍の捕虜となって●集団疎開
   戦中・戦後アルバム
   ●いつの日か家族5人で●全員無事生還●上海で臨時看護婦になって●リンチ事件●少年飛行兵になった兄●女ばかりで
【6  遠き丘から】
   ●夢の新天地、満州●抱き人形●背中で静かになった子●初めて桜をみた日●大人が泣いた●青春の満州
【7   未来はどっちに】
   ●敗戦直後の混沌の中で●いとこのこと●陸軍病院で●親友家族との暮らし●戦争は本当に終わったのか●みんな土足●鐘の鳴る丘
暮らしの手帖編集部より
あとがきにかえて
●●タイヘン面白い。みんなすごい実話です。
イチローは終戦時9歳、いろいろ記憶があった。福岡空襲、機銃掃射などである。親戚疎開で、東京から天草にいったが、旅行の記憶がない。昔は、アホだった。学童疎開は昭和20年。親戚疎開は19年だ。


 

クリスマスマーケット熊本に出現

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2018年12月 6日(木)14時24分11秒
返信・引用 編集済
  クリスマスマーケットは本場に行ったイチローです。

●【ニュールンベルグ】本場中の本場。凍えそうな店。ホットワインが、うまい。何ユーロだったか忘れたが、自分が飲んだワインを入れたカップを買うのだ。【その値段が入っていた】
●【パリ】店の列がすごい。シクレサールから伸びる。先にライトアップされたエッフェル塔がある。感動的だった。
●【ベルリン】テレビ塔の下の広場にある。
●熊本のクリスマスマーケットをみにいくか。夜景も楽しむのだ。
 

名古屋円頓寺【えんどうじ】商店街の奇跡

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2018年12月 6日(木)09時30分6秒
返信・引用 編集済
  名古屋円頓寺【えんどうじ】商店街の奇跡  山口あけみ  講談社+α新書

プロローグーーシャッター街はなぜ甦った?
第一章  過去の栄光が眼を曇らせる
第二章  空き家はいかにして話題の店に変身したか
第三章  祭りとアーケード、二つの挑戦が街を変えた
第四章  10年がかりの復活のドラマ
エピローグーーオリジナリティが活路を拓く
著者  1965年生まれ。日本航空機内誌【SKYWARD】編集長を経て、活字媒体の仕事をしている。
 

刺激を求める脳

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2018年12月 5日(水)22時23分48秒
返信・引用 編集済
  刺激を求める脳  ちゃんもも  株式会社KADOKAWA

●小説。何でもうまくいく人の話。サッカーを始めたら、点が入りすぎ、【あり得ない!】女にはもてる。年上のいまはときめく女優さんが彼女になった。

●いいなあ。アハハ
 

不平等の再検討 潜在能力と自由

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2018年12月 5日(水)20時14分58秒
返信・引用 編集済
  不平等の再検討  潜在能力と自由  アマルティア・セン  池本幸生  野上裕生  佐藤仁  翻訳  岩波書店

はじめに
序章  問題とテーマ
第一章  何の平等か
第二章  自由、成果、資源
第三章  機能と潜在能力
第四章  自由、エージェンシーおよび福祉
第五章  正義と潜在能力
第六章  厚生経済学と不平等
第七章  貧しさと豊かさ
第八章  階級、ジェンダー、その他のグループ
第九章  平等の要件
【訳者解説】
●センの歩み
●教育者としてのセン
●翻訳を終えて
著者  1933年インド・ベンガル生まれ。ハーバード大学教授。1998年ノーベル経済学賞受賞。
翻訳者1  1956年生まれ。東京大学教授。
翻訳者2  1961~2012、元日本貿易振興機構・アジア経済研究所主任調査研究員。
翻訳者3  1968年生まれ。東京大学教授。
 

医療の三悪・請願審議全てと自治体検診の実態

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2018年12月 5日(水)14時39分58秒
返信・引用 編集済
  医療の三悪・政令市議会の朴撰な質疑と自治体市長の虚妄  奥田五郎  知玄舎

序章  風化させてはいけない!【記憶に残すべき医療事故】
第一章  僕の奥さんは、うその診断、うその説明、うその受診記録表でー亡くなりましまた
第二章  医療事故死【隠さないで】、早く公表すれば助かる命がある
第三章  【医療の三悪】
第四章  【事故調査特別委員会設置を求める請願】体験報告
第五章  【千葉市市議会】請願審査委員会の正体
第六章  請願不採択不服申し立て
第七章  千葉県への直訴
著者  1946年生まれ。2006~2014年 医療過誤の被害者を一人でも少なくするために活動。
●●ものすごい迫力のあたりかた。千葉の市長さん県知事さんケチョンケチョン!
 

第731部隊 // 続・悪魔の飽食 【最初の版】【関東軍細菌戦部隊謎の戦後史】

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2018年12月 4日(火)20時01分49秒
返信・引用 編集済
  続・悪魔の飽食  森村誠一  カッパノベルズ

23図に問題の写真がある。ペストで解剖される母と子供である。あとで、日本政府発行の宣伝雑誌からのコピーとわかり、【すなわち解剖はペストに罹患した人である。いわゆる丸太でない】【仮に丸太とすると、こんな写真は撮れない】以後の版では、削除された。それにしても衝撃的な写真である。

●丸太とはスパイなどの容疑で逮捕された人々で、731部隊から、実験材料に提供【?】された人々を言う。中国人、ロシア人など。
●森村さんの三部作は全部持っている。どれも面白い。

●この事件の最大の謎は、首魁石井四郎中将以下、全員が戦犯として起訴されなかったことだ。ソ連側から戦犯として起訴された人はいた。自分たちの犯罪の資料を差し出して、取引をした。有能な人材は、それなりに出世した。【教授や薬品会社など】

●731関係者を熊本大学卒業生名簿から見つけた。【イチロー】所属だけで犯罪を犯していたかは、わからない。
●戦前の日本のハンセン病療養所の解剖の写真はイチローは見たことがある。術者の服は同じだ。
●研究論文を調べると面白い。丸太をサルと書いたのもあるとか。凍傷の研究では、丸太を寒冷にさらしている。
●ペストにかかった偉い日本人を助けるために、ペスト菌を入れられた丸太がいる。血清をとるためだ。【抗血清療法】丸太の運命は悲惨だ。治療は有効だった。何回も治療した。犠牲者は何名もでた。【血清を保存しとけばよかった  イチローの意見】【こんどは、遅いなあ、という会話があった】抗体値が上がらなかったらしい
 

皮膚科医師俳人歌人

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2018年12月 4日(火)06時31分5秒
返信・引用 編集済
  二人俳人を知っているが、もっといるかもしれない。

●時々朝日俳壇に、載せている先生。

●たまに熊本日日新聞に載せる先生。この先生は短歌も詠みます。
●【科学ばかり信じたりしてどうすんの】梨剥きながら妻のつぶやく  【水前寺】【友田哲郎】12月3日熊本日日新聞●トップにありました。スゴイ!

 

ウォー・ギルト・プログラム/ GHQ情報教育政策の実像

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2018年12月 3日(月)21時09分50秒
返信・引用 編集済
  ウォー・ギルト・プログラム  賀茂道子  法政大学出版局

序章【ウォー・ギルト・プログラム】とは何か
第一章  日本人を知る
   ●知日派スミスと対日心理作戦●対日心理作戦での議論●本土へのビラ投下作戦
第二章  【軍事的な完全敗北】を認識させる
   ●占領管理体制に対する日米のせめぎあい●【戦争の有罪性】認識の欠如●【ウォー・ギルト・プログラム】の開始
第三章  【残虐行為】を理解させる
   ●占領軍とメディアのせめぎあい●【残虐シリーズ】●ラジオによる啓蒙
第四章  【戦争の真実】を提示する
   ●【太平洋戦争史】●【真相はこうだ】●【戦争の真実】の受容
第五章  東京裁判判決を受け入れさせる
   ●融和路線へ●【真相箱】放送開始●東京裁判への結び付き●新たなプログラムへの提言
第六章  原爆投下に向き合う
   ●日米原爆観の相克●原爆投下をめぐる記述の変遷●原爆関連報道への対応
終章【ウォー・ギルト・プログラム】の意義と評価
著者  名城大学非常勤講師。

●●タイヘン興味深い。イチローも知日派【リチャード・ハリス】【東京裁判弁護士】を知っていた。彼の日本理解は、知られていないが、実は東京裁判で生かされていた。
 

大河ドラマと地域文化 【篤姫】【龍馬伝】と鹿児島

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2018年12月 3日(月)17時09分45秒
返信・引用 編集済
  大河ドラマと地域文化  ー【篤姫】【龍馬伝】と鹿児島  大石学・時代考証学会編集  高城書店

はじめに
【第一部】【時代考証学会第一回フォーラム】【大河ドラマと地域文化】
   ●趣旨説明●時代考証という歴史的叙述●大河ドラマと地域史●大河ドラマ【篤姫】を担当して●データベースから見る大河ドラマ●地域社会が【大河ドラマから学びとるもの】●大河ドラマ【篤姫】と【龍馬伝】のなかの薩摩●時代劇と鹿児島という舞台●時代考証学会第一回フォーラム  パネルディスカッション●時代考証学会第一回フォーラム参加記●地域文化創造の源泉としての大河ドラマ●地域文化にとっての大河ドラマ
【第二部】【観光資源から地域文化へ】
   ●大河ドラマのロケを迎える●大河ドラマ【龍馬伝】の地方ロケ●大河ドラマ【篤姫】放映中の【南日本新聞】●大河ドラマ誘致と観光振興●【かごしま探訪コース】をめぐって
あとがき
著者  1953年生まれ。東京学芸大学教授。
【イチローと篤姫】●大学医学部1~2年はイチローが勉強した場所は、ほぼ篤姫が生活した場所と重なる旧第七高校の所である。
【篤姫と熊本】●篤姫は鹿児島を離れたルートは熊本経由である。熊本城でコーフンした。スイカを食べトイレにかけこんだが、イチローはそのトイレの写真を撮った【江戸時代のトイレ現存】。テレビでは、日向灘経由であった。●ということで、史実とは違うのである。
 

鉛中毒の話

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2018年12月 3日(月)12時37分58秒
返信・引用 編集済
  ペイント【?】に鉛が入っていて、【昔のことか】塗料が飛散して鉛中毒になる。

テレビは製造会社は自主的に製造を中止したと、言っている。最近の話である。

おかしいな。明治時代に府県から中止になった筈だ。江戸時代のオシロイにも入っていた。将軍の子供が、犠牲になった。

つまらんことを知っているのは、宮崎県の佐土原土人形を調べたからだ。顔に塗るオシロイが鉛が入っているので、入手できなくなった。それで困った。

鉛中毒が疑わしい時は、血中鉛を調べる。
 

モンゴル襲来にかんする外交史【熊本県立図書館におけるシンポジウム】

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2018年12月 2日(日)23時25分7秒
返信・引用 編集済
  ●1266/08  クビライ 黒的、殷弘らを高麗に派遣。これに始まる外交が、モンゴル、朝鮮、日本の外交のまとめの表が示された。
●演者は東京大学准教授高橋典幸先生。

●二度、実際に兵隊を出したのであるが、外交もあったのである。高圧的なモンゴルにたいし、日本は無視。使者を殺したりした。【鎌倉と博多と対馬】抑留された人もいた。無礼な日本に対し、モンゴルもいろいろ対策を練ってきた。ひとつは、日本は仏教国と聞いて、外交官と、副使節として、お坊さんを任命した。当時の南宋にいた、日本人だ。

●殺された使節のための大きな慰霊碑が鎌倉にある。写真が示されたが、誰が作ったのだろう。なんとなく、日本の外交政策がわからない。首尾一貫していない。

●日本側も、外交を展開したらしい。うまくいかなかったらしい。今の首相もそうかな。

●イチローも質問したかったのですが、そんな気分にはならなかったのです。
【明の時代は朝貢貿易ですが、元もそれを要求したのですか?】
 

シンポジウム 【蒙古襲来絵詞】の理解にむけて

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2018年12月 2日(日)23時06分54秒
返信・引用 編集済
  演者  池田榮史  琉球大学教授。熊本第二高校出身。

●文永の役と弘安の役では船が違う。という話を力説された。南宋では淡水の川【長江、すなわち揚子江】を航行する船は、海にも行ける。キールがある。
 

東の妖怪 西のモンスター 想像力の文化比較

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2018年12月 2日(日)21時46分13秒
返信・引用 編集済
  東の妖怪   西のモンスター  徳田和夫編集  勉誠出版

序言
【総論】怪異と驚異の東西ー妖怪とモンスター
【第一部】【怪談と怪物】
●二つの【一つ家】ー国芳と芳年の【安達が原】をめぐって【有名な伝説を知ってますか?怖い!こわい!】
●驚異から警告までー西洋の怪物表象
【第二部】【東西に照らす】
●妖怪・モンスターの攻略
●妖怪概念のグローバル化の試み
●本の妖怪、妖怪の本
●蛇女の変容ー【レイミア】と【蛇性の婬】の場合
【第三部】【思想の響き合い】
●平田篤胤における実在と不在をめぐる問題
●光るものは奇跡か妖怪か
【第四部】【東の観想】
●水陸斎・水陸斎図、掲鉢図からみた植物の擬人化の様相
●中世の妖怪
●日本のサブカルチャーにおける【生ける屍】の展開
編集者  学習院女子大学教授。専門は中世日本文学。
 

世界一変な火山 // 知床硫黄山ひとり探査記

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2018年12月 2日(日)12時34分33秒
返信・引用 編集済
  世界一変な火山   山本睦徳【むつのり】  サンライズ出版

はじめに
【1  赤茶色の液体硫黄がでるわでるわ】【2  まずは現地案内】【3  1号火口周辺に見える大きな曲線】【4  温泉と火山ガスに何が起こったのか】【5  硫黄はそこにある!見えざる硫黄を見る】【6  知床硫黄山の地下を電気の力で見える化】【7  再び自然電位】【8  地図に現れた【巨大金魚】】
【9  誰も知らなかったもう一つの硫黄流?】【10  涙状硫黄は知床硫黄山の歴史を語る】【11  岩の上にペチャットくっついている硫黄の謎】【12  鉱山時代の遺跡発見!】【13幻のパホイホイ硫黄を発見 】
おわりに
著者  1970年生まれ。サイエンスライター。大阪市立自然史博物館外来研究員。
よくわからない話。英文論文にしたらしい。J. of Volcanology and Geothermal Research. 346/2017/212~222.
 

ゴーン氏は悪いか?

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2018年12月 1日(土)00時29分44秒
返信・引用 編集済
  収入の面から言えば、氏より上の人は何人もおられる。トヨタにもいる。【外国人】

日本人への印象を考えすぎだ。策士策に溺れるの類いかな?  10億を超えても、ストレートに報告したら如何。気になるのは税金がいくらか。ついでに、発表して欲しい。

ゴーン氏を追い出すための、【クーデター】という考えは当たっている。ニッサン側も頑張ったか。氏をいつまで留置場に入れておくのか、【寒い寒い】と言っているとか。食事代の予算はいくらか? くさいパンか?

なんでも無罪にする有能な弁護士を雇う可能性がある。日本の検事との戦いや如何。司法取引など、外国の手法もあるらしい。
 

硬い皮膚を軟らかくするイチローの秘法

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2018年11月30日(金)21時15分50秒
返信・引用 編集済
  イチローが、先輩に工夫しました。いつだったかな。30年位前だった。

その先生は何十年も前。素手で透視を行っていました。指はかたくなり、明らかに放射線皮膚炎となり、一部は悪性化【ガンです】。冷凍療法を行おうと思いました。まだ、液体窒素はありません。ドライアイス・アセトンで、シャーベット状にして冷やしました。水ぶくれができ、その部は軟らかくなりました。これは使えるなあ、正常の皮膚のようだ。痛みを訴えました。心配しましたが、ガマンされました。感謝されました。

ある先生が、巨大ガンを液体窒素でなおした10年【?】前のことでした。

ガンも治ったとしておこう。【?】発表はしませんでしたが。惜しい。
 

ポケモンGO レベル37に達する

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2018年11月30日(金)18時21分9秒
返信・引用 編集済
  11月30日  ポイント950万に達する。

獲得したポケモンの種類は310

●次のレベル【38】は1200万ポイント。予想は来年3月4日。どうなるかわからない。

●目指せ  レベル40  2000万ポイント。マキシマムのポイントだ。予想は来年いっぱい。フー
 

木を見て森を見ず 【琉球新報 2000/3/14夕刊より】【イチローのエッセイ】

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2018年11月30日(金)09時41分34秒
返信・引用 編集済
  木を見て森を見ず

先天性筋膜異栄養症というタイヘン稀な病気にであったことがある。じつは、イチローが若い時代に患者を診察したのだが、当時の世界の文献になく、五里霧中であった。

この病気は、体中が硬いというスチッフ・スキン・シンドローム【硬化皮膚症候群】であろうと、べつの症例と一緒に15年前【1985】に発表したことがある。

世界の皮膚科の女王的存在であるジャボランスカ教授【ポーランド・ワルシャワ大学】は、先天性筋膜異症候群をいいだした人で、硬化皮膚症候群から分離してしまった。この大先生は、手紙で、私の症例は先天性筋膜異栄養症ではないか、と知らせてくれた。昔の症例の組織検査をもう一度見たのであるが、アッタ!皮膚の下に数ミリの異常な筋膜が!

なぜ、本体を昔発見できなかったのだろう。【木を見て森を見ず】だ。

しかし、この思いをしている人はじつは、もう一人おられるのである。

アメリカのこれまた女王的存在であるエスタリー教授である。彼女は硬化皮膚症候群をいいだした人であるが、ジャボランスカ教授は彼女の症例も、先天性筋膜異栄養症だと指摘された。反論されなかったので、私は不思議に思って手紙で質問した。あまり、古いことであり、患者を再び診察できない、という返事であった。エスタリー教授も私もジャボランスカ教授より先に患者を見ているのである。なぜか、人間味を感じてしまった。

最近スプレーカー教授【この人も女性】からアドバイスを求む!というファックスが入った。【全身が硬くなり、呼吸困難をおこしている】という。それはタイヘンだ。ない知恵を絞って【筋膜切開したら】とファックスを送った。

【追加説明】文献的に言えば、イチローの方が患者を見たのはエスタリー教授より早い。
【文献的に言えば、呼吸困難が最大の重症症状である】
【ファックスを送ったのですが、その後の経過はわからない】
【イチローは1987年ベルリンの国際皮膚科学会でジャボランスカ教授に会った】
【アヒル歩行をする別の症例のビデオをおみやげにした】
【その症例はジャボランスカ教授との共著に使った】
 

分かりやすく書いてみよう 【オマケの症例とは?】【世界女王の慧眼恐るべし】

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2018年11月29日(木)19時41分18秒
返信・引用 編集済
  前の分かりにくいハナシを、分かりやすく解説したい。

●1965年だった。23歳の短躯、全身硬い女性がある大学病院に入院した。【主治医は先輩】いろいろ調べたが病名はわからなかった。1985年ごろ、やはり全身硬い女性が別の大学病院に入院した。【主治医が教授になっていた】
   イチローは、それをstiff skin syndromeとして発表したが、昔の症例の資料があったので、オマケとして追加した。なんと、それがジャボランスカ先生【世界の皮膚科学の女王といわれる】の目にとまった。●ポーランドから航空便がきた。
●オマケの症例は先生が発表したcongenital fascial dystrophyではないか?そう思われた理由はその症例の写真であった。
●昔の組織が残っていた。染色してみるとなんと、素晴らしい筋膜の変性があった。●調べてみると、別の同じ症例がありました。イチローは2例も経験したのです。●そのあとの症例は、ジャボランスカ先生の発表に入れてもらいました。【共著です】●1987年ベルリンの学会で、お会いしました。お土産に、その症例の歩行のビデオを持参しました。【全身硬いので独特な歩行をする】【アヒル走行か、ガチョウ走行】
●早とちりというか、まだ、病気が確立していない時期に教科書に書いてしまいました。
●先天性筋膜異栄養症   現代皮膚科学大系  年刊版89A  216~218.  1989.

●【オマケの症例】が、主役になったのは、これだけであった。
●やはり、分かりにくいかな?
●世界女王の慧眼恐るべし。!
●2例目は症状はすごいのですが、長生きです。1例目が気になり町役場で調べましたが、個人情報保護の理由で、わからなかった。
●オマケでないほうは、どうなったか。よくわからない。
●Stiff skin syndromeの言い出しっぺの女王エスタリー教授の面白い話もあるが、ややこしくなるので、省略しました。女王がからむとタイヘンだ。
 

The Stiff Skin Syndrome

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2018年11月29日(木)17時03分8秒
返信・引用 編集済
  Teodor Liu.  et al.  Archives of Dermatology.  144/10/1351~1359.  2008

このややこしい疾患【硬い皮膚症候群】の総説。ジャボランスカ教授のCongenital fascial dystrophyは、記載はあるが、統一した記載はない。であるから、この総説はイチローは、気に入らない。
●イチローが推薦する論文は、Jablonska S.  Schubert H. Kikuchi I.  J. Am Acad Dermatol.  1989. 21.943~950.
●イチローの論文  Kikuchi l. Inoue S.  Hamada K. Ando H.  Stiff skin syndrome.  Ped Dermatol. 1985/3/65~53.
●イチローの考え。ジャボランスカの疾患は、独立した疾患である。その最も古い症例はイチローの第二例である。その理由は、ジャボランスカからの手紙での指摘である。後に組織像で、確認した。
●エッセイ【木を見て森を見ず】は、ジャボランスカ教授の指摘の後、すごい筋膜を見つけたハナシである。琉球新報夕刊   2000/3/14

●貴重なイチローの【世界第一例  前述】の経過は、【個人情報保護】のためウヤムヤになった。残念な気分である。ジャボランスカ教授との共著の症例は、別の症例。●イチローはジャボランスカ教授と1987年ベルリンで会った。

●すみません。ハナシわからないと思う。
 

あれ、引用しちゃつた。

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2018年11月29日(木)07時20分15秒
返信・引用 編集済
  本日の朝日新聞の記事によると、京都大学助教授金関丈夫【1897~1983  かなせきたけお】が、日本人の成立を研究するために今帰仁の遺跡から、第一尚氏26人の遺骨を持って帰った。なお、警察や行政の許可を得ていた。最近、子孫が遺骨返還を要求している。係争になるのだろうか。

イチローの引用は金関氏の著書【琉球民俗誌】でした。題は【島の女】というエッセイ。琉球新報夕刊に書きました。2000.3.28.
【内容は、琉球の婦人が、愛情深いと褒め称えたものでした】
 

古今妖怪壘壘【るいるい / 漢字の下の土は糸】

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2018年11月28日(水)19時23分40秒
返信・引用 編集済
  古今妖怪壘壘  湯本豪一著  株式会社パイ  インターナショナル

はじめに
【1   妖怪絵の世界】
   【百鬼夜行絵巻】【酒呑童子退治図】【大江山絵巻】【化物絵巻】
【2  印刷の妖怪たち】
   【源頼光公土蜘蛛妖怪図】【応挙の幽霊】【文明開化【東京怪異】あれやこれや】
【3  あらゆるモノになる妖怪】
   【怪魚退治図刺子半纏】【ぶんぶく茶釜図羽織】【お化け柄影絵帯】【人面草子】
著者  1950年生まれ。妖怪研究・収集家。

●好きな人にオススメ。●妻ガシンダ。妖怪になって出る、と、隣の女房が騙してだいじなものを盗んだという新聞記事があった。アハハ
 

江戸の女装と男装

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2018年11月28日(水)17時25分26秒
返信・引用 編集済
  江戸の女装と男装  渡邉晃  監修  太田記念美術館  青幻舎

第一章  風俗としての女装・男装【歌川国貞/53次荒井/老婆が若い男性の股【陰部】を調べている/男装する出女をチェックしている  アハハ】【徳川幕府もスゴイ】
第二章  物語のなかの女装・男装【歌川国貞/弁天小僧菊之介】
第三章  歌舞伎の女形たち【月岡芳年/つき百姿/水木辰の助】
第四章  歌舞伎の趣向に見る男女の入替【梅堂豊斎/五代目中村芝翫の女暫】
第五章  やつし絵・見立絵に見る男女の入替【鈴木春信/やつし費長房/中国の仙人を若い女性として描く】【歌川国貞/今様見立士農工商/働いている人が全部女】
著者  1976年生まれ。太田記念美術館主幹学芸員。
●タイヘン面白い。男を女として、女を男として描く。いろいろなパターンがある。
 

久しぶりに大学医局へ、Security 強化さる

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2018年11月28日(水)07時53分9秒
返信・引用 編集済
  Weekday午前中。医局【地震以来の仮医局から新しくなった】へ通じる廊下の扉にカギが。【ゲッ】

たまたま入る人がいて、助かった。【今後は電話をしよう】

仕事は学会のために、USBを入れる。【?】

【朗報】 最新版のルークの教科書があった。【4分冊だが厚くなった】

【悲劇】  1998年版には、11編あったイチロー論文の引用が0に。アヤヤ  老兵はなんとか。

【理由】編集者のズボラのせいだ。だいたい2000年以降を調べている。

欲しい論文を注文した。
 

/203