投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


大阪北部地震 震度6弱 死者3名

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2018年 6月18日(月)21時12分46秒
返信・引用 編集済
  なくなった方には悪いが、日本国は地震に強かった。インフラが整備されている。

これくらいの震度【または、マグニチュード】なら、どんな国でも死者は数百から、数千。私が心配したのは、火災である。1件はあったが、ほかにはなかった。朝の食事時であった。

阪神淡路島の時は、火事が多かった。地震で動けずに、意識あるのに焼死されたかたもおられたに違いない。【イチローの想像です】 
 

立野ダム 熊本県民はアホである

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2018年 6月18日(月)18時16分29秒
返信・引用 編集済
  立野ダムを建てるのは、熊本市民のためである。熊本市は堤防より市内が低い。いわゆる、天井川で【白川が】ある。

●いつも思うのであるが、熊本県民はアホである。昭和28年の水害の後、水害対策のために福岡県民は国費を使って立派な対策を施した。【wikipediaをみよ】熊本は反対した。まだ、水害があります。ま、立野ダムぐらいは立派に作りましょう。

●この考えは、イチローが立野病院に勤務していた頃から述べてきた。

●一番問題なのは、崖崩れであろう。阿蘇の地面の特徴として、火山灰による【オヒトガシ】がある。幸い北向山【立野ダムに近い】には、少ないようである。【写真を撮っている】
ま、ないわけではないが。●ということで、立野ダム賛成であります。

●あなたの意見は?
 

アスファルト除去にワセリンを用いた熱傷の一例

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2018年 6月18日(月)07時48分55秒
返信・引用 編集済
  アスファルト除去にワセリンを用いた熱傷の一例 遠藤嵩大【たかひろ】皮膚臨床 60/7/1156~1157.2018

●アスファルトが大量に前腕についた。手元にある薬品では、ワセリンをガーゼに伸ばして貼るのがよい。3日で略治。殺菌剤入りの界面活性剤【ネオスポリン】もいい。
 

中国の鉄道旅 イチロー編 

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2018年 6月18日(月)06時50分4秒
返信・引用 編集済
  テレビで関口某の中国の鉄道大紀行をやっている。
イチローは、揚子江のほとりの療養所から、上海までデカイ・ディーゼル車【二階建て】の旅しかない。中国人は、規則を守らない。予約した席は人が座っていた。幸いおっぱらってもらった。
早速トイレの写真を撮った。アハハ
平成4年の話である。いまは、新幹線クラスがあるのだろう。 往路はバスだった。 
 

イチローと70周年

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2018年 6月18日(月)03時55分30秒
返信・引用 編集済
  母校の中学の70周年記念は、まったく連絡がなくパスした話は書いた。しかし、イチローは70周年記念は、何かと縁がある。

●ハンセン病療養所宮古南静園創立70周年 勤務時代、大きな記念誌を作った。珍しい本で、患者自治会の方は縦書き、園の方は横書きで、合本した。
●宮古高校創立70周年 たまたま定時制PTA会長だった。記念日の時、全日制の会長が病気だったので、代理を務めた。記念誌には大きな顔をしてでている。
●熊本大学皮膚科創立70周年 記念誌をつくる委員会の会長だった。たまたま年長だった。

●100周年記念誌の話 福岡市立西新小学校の100周年記念誌をもらった。明治6年創立。当時の先生の前歴は、寺子屋の先生と書いてあった。イチローは昭和20~21年通学、20年には通学途中機銃掃射にあった。幸い無事だった。●6月19日に、福岡空襲にあった。明日なのだ。
 

超集中で人は変わる

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2018年 6月17日(日)16時24分33秒
返信・引用 編集済
  超集中で人は変わる 松葉健司 ベースボール・マガジン社

まえがき
第一章 能力を伸ばすために 心のメカニズムを知る
 ●モチベーションを上げるには感情を上げる●感情を上げるにら感動【感謝】経験をさせる●感情と意欲を上げるには正しく叱り正しくほめる●心のメカニズムを回すには受信と発信のバランスをとる
第二章 能力を伸ばすために 集中の効果を知る
 ●集中・zoneとは●集中の基本ポイント1 同調して意識を一つに向ける●やってみよい同調ジャンプ●座らせた男性を女性4人で持ち上げる●ボール2こでのキャッチボール●ボール回し●テニスボールでふたりでキャッチボール●指さし●その他
第三章 超集中への助走 チャンスをつかむ準備をする
 ●準備は関心を生みストーリーを湧かせる●甲子園に行くという希望を細分化する●どうなりたいか決める●雑念に惑わされない●発想力を鍛える
第四章 実例・Zoneへの入り方
 ●状況判断力を養う●空間認知能力を鍛える●神経系を鍛える●極端な課題を与える
第五章 能力を伸ばすために 指導者の条件
 ●本気度を示す●目指すべき方向に指をさす●みずから勉強する●短期でものをみない●自分を預言者にする
著者 1967年生まれ。野球部を指導。久居農林高校を、松坂高校をいずれも甲子園初出場に導いた。
●優勝したい監督は読むべし。フツーの高校が甲子園に行くのは尋常ではない。●ボール2つのキャッチボールは面白い。神経系を鍛えあげるのだろう。
 

昭和を生き抜いた大作曲家 芥川也寸志

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2018年 6月17日(日)14時35分50秒
返信・引用 編集済
  昭和を生き抜いた大作曲家 芥川也寸志 監修 芥川眞澄 著者 清道洋一/徳永洋明/西耕一 yamaha music media

はじめに 芥川也寸志の戦い
第一章 出生と歩み
 ●昭和をまるごと生きた大作曲家●芥川也寸志の系譜を訪ねて●父・龍之介と田端の家●音楽との出会い●小学校のころの也寸志●音楽を志して●也寸志の兄たち●中学3年の進路は【音楽】
第二章 デビューまでの道のり
 ●東京音楽学校へ●人生の決断●軍楽隊の思い出●田端の生家は焼失●シラミの歌と終戦●再び東京音楽学校へ●バッツイバンドと進駐軍向け放送●伊福部昭と運命の出会い●本科卒業前後●東京音楽学校卒業●也寸志初期の3音楽
第三章 【3人の会】の時代
 ●【3人の会】を結成●【3人の会】始動●ソビエト連邦、そして中国へ●うたごえ運動と【森の歌】●エローラ交響曲●マイナス空間音楽
第四章 映画、放送、バレエ、コマーシャル
 ●オペラとドラマ●テレビとラジオと也寸志●オスティナート●オスティナートし躍動する音楽●映画音楽における也寸志●大作映画によせて
第五章 芥川也寸志の功績と遺志
 ●新交響楽団と奏楽堂●指揮者としての也寸志●ふたりの偉大な師●権利を守る●反核・日本の音楽家たち●サントリーホールと【響】●人生の最終楽章●芥川也寸志の遺したもの
あとがき●【音楽はみんなのもの】
●●美男子の写真がいっぱい。お勧めにしよう。●エピソード 芥川也寸志は軍楽隊を首席で卒業したが、シラミをわかした團伊ク麿は首席をノガシテしまった。
 

右胸にタツーが、勇ましいオバサン

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2018年 6月17日(日)06時36分10秒
返信・引用 編集済
  熊本市電で見ました。別に肩を怒らせているわけではないが。衣服がちょっと下がっていました。タツーはやや薄く、消したのかとも思いましたが、歴然とありました。全体は、かなり大きいようだ。隠れているので。
ずっと座席に座っていました。

中年でヤーサンの奥方風でもない。しかし、なんだかメジカラがある。周囲の人も、意識していないような..........

通り町で降りました。

【見たな!】【いや、見ていません】 アハハ

●いや、見ていません 夏電車 イチロー【意味不明】
 

ネアンデルタール人と ホモサピエンス 弱いほうが生き延びた 

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2018年 6月16日(土)23時13分14秒
返信・引用 編集済
  人類がアフリカで誕生したあと、両者は、ヨーロッパで出会った。元来は、別々のグループなんだ。
DNAの検査では混血していた。アジア人もネアンデルタールのDNAはある。
今のアフリカの現実の人間には、混血のDNAはない。
●すなわち、今のアフリカ人より、近い兄弟なんだ。【?】
●ネアンデルタール人に、兄弟と声をかけてもいいらしい。
●混血ガデキルというと、種が同じということだ。【?】
●よく意味がわかりません。
●テレビによると、ネアンデルタール人はホモサピエンスより体力が強かった。どうして、ホモサピエンスが、いきのびたか。弱かったので、協力しあったのだろう。強かった方は恐竜に立ちむかったのだろう。なるほど。
●負けるが勝ちだ?
●兄弟だとよ ネアンデルタール のお姉ちゃん イチロー【性別不明】【季語がない】
 

イチローの母校 70周年 だが何も連絡がない

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2018年 6月16日(土)10時15分21秒
返信・引用 編集済
  熊本市立白川中学校が創立70周年だって。

●セレモニーか記念誌あるかな。教頭先生に聞きました。学校は散歩道にあります。
●【セレモニーは昨年ありました】【連絡がなかった】【それは学年の係が悪い】
●【記念誌は1000円です】【内容は60周年のと変わりません】【図書館で探そう】

●イチローの自慢話【初代校長を覚えている】【wikipediaに書きました】【野外ステージで20の扉に=歴史上の人物 に出て当てたぞ】【校長の息子、娘を知っている】【娘さん=マドンナ的 は同級生だった】【PTA会長に親戚の人を発見】
いまは、野外ステージもない。 初代校長は岩代吉親 ヨシチカといった。お孫さんに岩代太郎がいる。校長は音痴だが、その親戚は音楽家が多かった。
 

アートの裏側を知るキーワード

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2018年 6月16日(土)08時06分17秒
返信・引用 編集済
  アートの裏側を知るキーワード 横山勝彦・半田繁男監修 美術出版社

はじめに
第一章 美術をみる場 ●博物館●美術館●商業施設●博覧会●画廊●貸画廊●美術商●オークション●オルタナティブ・スペース●寺社・宝物庫●個人コレクション
第二章 美術館の歴史と役割
第三章 美術館建築と施設機能
第四章 美術館スタッフ ●学芸員●仕事・研究・養成
第五章 作品の取り扱い
第六章 展覧会実務
第七章 美術館の協力者
第八章 美術館とアートを巡る環境のいま
第九章 各種関連法規
監修者1 金沢美術工芸大学教授。
監修者2 和光大学教授。
●へんな本だ。学芸員になりたいヒトは読んでください。役にたちますよ。 
 

寺山修司と安藤紘平 遺産は進化する

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2018年 6月16日(土)04時41分46秒
返信・引用 編集済
  寺山修司と安藤紘平 遺産は進化する 清水義和 文化書房博文社

序 遺産は進化し、衰えず 寺山修司と安藤紘平
第一章 第一節 映画と私と寺山修司 【安藤紘平】
 第二節 マラソン・インタビュー 【安藤紘平・寺山修司】
第二章 第一節 山田太一 寺山修司を語る
 第二節 通り過ぎる電車のように
第三章 寺山修司 【狂人教育】草稿
第四章 寺山修司の子宮回帰
第五章 【さらば映画よ】のアッサンブラージュと代理人としての映画
第六章 第一節 寺山修司による映像構造のアヴアンギャルドとメインカルチャーとしての映画表現
 第二節 いま、【ああ荒野】を想う
 第十節 【ラ・ママ実際劇場】
著者
●お勧めにしよう。寺山修司は、ものすごいヒトなんだ。
 

日本やきもの史

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2018年 6月15日(金)19時30分8秒
返信・引用 編集済
  日本やきもの史 監修 矢部良明 美術出版社

はじめに
第一章 縄文時代 【土器時代一万年】
第二章 弥生・古墳時代 【土器から須恵器へ】
第三章 奈良時代・平安前期 【施釉陶の展開】
第四章 平安後期・鎌倉・室町時代【花さく地方窯】
第五章 桃山時代【茶陶ー新しい美の創造】
第六章 江戸時代  Ⅰ【伊万里焼ー磁器の誕生】
第七章 江戸時代 Ⅱ【京焼の発展】
第八章 明治時代【絢爛たる装飾陶磁】
第九章 大正時代・昭和前期【芸術性・精神性の追求】
第十章 現代 Ⅰ【個性の時代】
第十一章 現代 Ⅱ【21世紀】
●日本陶器【技術・様式】系統図
●用語解説【参考になる】【油滴天目とは?】【曜変天目とは?世界に数点ある 75ページ】
●なんでも鑑定団の【超高価なお宝】が、いっぱいでている。鑑定価格が出ていないのは、残念至極。アハハ 
 

ニュールンベルク裁判 ナチ・ドイツはどのように裁かれたのか

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2018年 6月15日(金)09時37分0秒
返信・引用 編集済
  ニュールンベルク裁判 ナチ・ドイツはどのように裁かれたのか アンネッテ・ヴァインケ 中公新書

はしがき
第一章 米英ソ、連合国内での議論~主要戦争犯罪人の【処置】
 ●チャーチルの【アウトロー】計画●スターリンの豹変●過酷な【モーゲンソー・プラン】ローズベルトの路線転換●国際軍事法廷創設へ
第二章 国際軍事法廷【IMT】ー24人の主要戦争犯罪人への処置
 ●国際軍事法廷設置の合意●連合4か国代表団のメンバー●ジャクソン米首席検察官の使命感●対立から収拾へ●国際軍事裁判所憲章●占領下ドイツでの証拠書類の奪い合い●主要戦争犯罪人の到着●冒頭陳述●記録映画●ホロコーストへの視線●最後の意見陳述●死刑は12人●勝者の裁き論
第三章 12の継続裁判ーー【第三帝国】エリートたちへの裁き
 ●アメリカ単独の管轄●テイラー首席検察官の意図●医師裁判●【人体実験】に進んで参加した医師たち●哀れを誘う言葉への厳しい判決●高級将校への裁き●企業家、経営者たちへの裁き●閣僚政府高官への裁き●不当な要求●全員死刑/無罪の主張
第四章 戦後ドイツへの影響ーー東西の相違と政治文化の転換
 ●集団的罪責をめぐる批判●キリスト教会からの批判●西ドイツ、アメリカの【恩赦熱】●ジャーナリズムからの批判●同情から非難へ●ソ連占領地区での追訴●東ドイツとニュールンベルク裁判
終章 【ニュールンベルク】から【ハーグ】へ?
 ●【ニュールンベルク原則】の確立●ジェノサイド条約●東京裁判での【実践】●【民衆法廷】へ
●【イチローは1987年に一人で、ニュールンベルク裁判所を見学に行った】【実は10キロ離れたエルランゲンの学会をサボりました】【この中の写真にある部屋にはいり、座ってみた】【おお、懐かしい 59ページ】 【広く見えるが実際は狭かった】
 

依存的な理性的動物 ヒトにはなぜ徳が必要か

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2018年 6月14日(木)19時28分43秒
返信・引用 編集済
  依存的な理性的動物 ヒトにはなぜ徳が必要か アラスデア・マッキンタイア 法政大学出版局

序文
第一章 傷つきやすさ、依存、動物性
第二章 ヒト
第三章 イルカの知能
第四章 言語をもたない動物は信念をもちうるか
第五章 ヒトでない動物の世界は貧しい
第六章 行動の理由
第七章 傷つきやすさ、開花、諸々の善、そして【善】
第八章 私たちはどのようにして実践的推論者となるか、そして、諸徳は?
第九章 社会関係、実践的推論、共通善、個人的な善
第十章 承認された依存の諸徳
第十一章 共通善の政治的、社会的構造
第十二章 代理人、友、誠実さ
第十三章 道徳的コミットメントと合理的探求
著者 1929年イギリス生まれ。マンチェスター大学、エセックス大学教授。渡米。ボストン大学、ノートルダム大学、デューク大学教授。現在はロンドンのメトロポリタン研究センターで上級研究員。
●【徳ねえ。儒教の徳とおんなじですか?】【誰か教えてください】
 

あめつちとともに 唐木順三

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2018年 6月14日(木)15時45分20秒
返信・引用 編集済
  あめつちとともに 唐木【からき】順三【1904~1980】 澤村修治 ミネルヴァ書房

はじめに
第一章 信州伊那・宮田村
 ●風土と資質●牧歌的生活から【近代】へ
第二章 松本、青春の時
 ●旧制松本中学校●旧制松本高校●煩悶青年
第三章 師・西田幾太郎
 ●憂鬱な上洛大学人●教育者西田●英語臨時講師●卒論【ベルグソンにおける時間と永遠】
第四章 信州教育との出会い
 ●教場に立つ●自由教育運動と哲学会●物書きの書初
第五章 【赤化】をめぐって
 ●二つの論文●【未完成】で【活発】●満州教育専門学校●失意の日々●転身
第六章 【友人共同体】の出発
 ●文筆家から女学校教師に●筑摩書房創業●【節々熱心】な編集者●戦争と出版
第七章 飛躍する論壇人
 ●四つの顔●戦後文化のなかで●【詩とデカダンス】の時代●模索のはての充実
第八章 思索者【デンカー】の円熟
 ●大患●一代の傑作●不期山房の会●悟達と飄然●最期の日々
おわりに
年譜
著者 1960年生まれ。文芸評論家。帝京大学非常勤講師。
●著書の多いこと、すごいひとだ。
 

マクルーハンはメッセージ メディアとテクノロジーの未来はどこに向かうのか?

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2018年 6月14日(木)07時57分26秒
返信・引用 編集済
  マクルーハンはメッセージ 服部桂 イースト・プレス

はじめに
第一章 メディアのパラドックス
 ●クギ世界からの脱出●エリザベス女王の苛立ち●電子メディアの倒置構造●グーテンベルクの呪い●メディアの四時代●メディア論
第二章 マクルーハンの理解
 ●マーシャル・マクルーハンとは誰だったか●マクルーハンの銀河系●メッセンジャーとその時代
第三章 グローバル・ビレッジの未来
 ●マスメディアになったインターネット●グローバル・ビレッジの夜明け●ビクトリア朝のインターネット●グローバル・ビレッジの行方
第四章 21世紀のマクルーハン
マクルーハン100の言葉
●マクルーハン 1911~1980
著者 1951年生まれ。1978年に朝日新聞社に入社。アメリカMITで研究員。アサヒパソコン副編集長。定年。
●●懐かしい名前を聞いた。彼の子供も学者なのだ。 
 

グローバル・コミュニケーション学入門

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2018年 6月13日(水)22時14分24秒
返信・引用 編集済
  グローバル・コミュニケーション学入門 中西のり子/仁科恭徳 三省堂

はじめに
第一章 グローバル・コミュニケーションとは?
 ●はじめに●グローバルとは●コミュニケーションとは●ノイズとは
第二章 色彩
 ●人の印象とは●見た目が重要●色彩を科学する●色のイメージと光学
第三章 絵文字
 ●サイン、シンボル●絵文字マンガ
第四章 都市デザイン
 ●都市デザインとは●地域間競争●住民の役割
第五章 マーケティング
 ●コミュニケーション●マーケティング●マーケティングのグローバル化
第六章 メタ認知
 ●ホスピタリティーおけるメタ認知的知識●活動
第七章 ホスピタリティー
 ●ホスピタリティーとは●第一印象の重要性●身だしなみ●挨拶●表情●言葉遣い●立ち振舞い●サービス●サービス・マインド
第八章 心理学
 ●文化と言語の起源●言語と認識●意味と言葉のネットワークとグローバル・コミュニケーション
第九章 音声
 ●ネイティブ・スピーカーモデル●通じる英語モデル●日本語・英語モデル
第十章 ジャンル
 ●ジャンルごとの特徴・情報の順番とヒント表現●ジャンルとESP●ジャンル研究の動向
第十一章 多文化共生
●多文化共生の目指すもの/コミュニティと第三の文化●グローバルコミュニケーションの実際●提言
第十二章 ロボット・A1
 ●人とコンピューターのコミュニケーション●メディアを介したコミュニケーション●ロボット・AIとは●ロボット・AIとのコミュニケーション●ロボット・AIを介した人と人のコミュニケーション
著者1 神戸学院大学教授
著者2    神戸学院大学准教授
●なかなかむつかしい。色について 言語でたった2つの色しかない言語がある。びっくり。普通は11だとか。日本語には、1200~1500の色がある。日常的には15だって。英語でorange catという言葉がある、が、日本人が想像するorangeではない。●イチローの質問 宇宙人にあったら、どうコミュニケーションをとるか?そんなこと書いてないぞ!●マンガを書いたら?
 

本日の便利

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2018年 6月13日(水)13時11分33秒
返信・引用 編集済
  本日の便利

日本光学の顕微鏡の上のスクリーン

顕微鏡は通常の方法で見ているが、同時にスクリーンにも像がでる。患者さんに説明できる。

【カビがいますねー】【対物レンズ4x だろうが10xだろうが40xだろうが、よく見える】

全体像の写真撮るの忘れた。勝手に想像してください。
 

遊水地 と ビオトープ

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2018年 6月12日(火)20時59分30秒
返信・引用 編集済
  テレビによると、阿蘇に遊水地が完成したという。昔仕事場が内牧だった時の遊水地と同じ場所であろうか。黒川に接続する広大な人工の池である。洪水がおこりそうな時は、水は一時的に流入する。

暇な時間に、よく遊びに行った。雄大な景色で気持ちがよかった。雨が降ると、水面が上がる。大きな魚はいない。【と思う】昆虫などは多かった。●熊本市にも、坪井川上流に遊水地がある。

阿蘇で、もうひとつ遊びにいくところは、外輪山にあるビオトープ【何と翻訳するか】である。自然豊かな池で、春のおわりには、ホタルが乱舞していた。地震の後には行っていない。自然が豊富で、阿蘇はいいところである。
 
 

大間違いの太平洋戦争

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2018年 6月12日(火)16時55分33秒
返信・引用 編集済
  大間違いの太平洋戦争 倉山満 KKベストセラーズ

はじめに
第一章 大日本帝国にケンカを売れる国はなかった
第二章 日英同盟破棄が世界を危機に落とし込んだ
第三章 バカが招いた外交敗北ーー満州事変から国連脱退
第四章 第二次世界大戦の実像ーー支那事変からミュンヘン会談
第五章 日本が実体化させた【英米一体】
第六章 日英戦争としての大東亜戦争
著者 1973年生まれ。憲政史研究家。

●ハチャメチャな軍部、政治家なので、敗戦は仕方ないか。悪い人 近衛文麿【変な人に会う、味方がいない】、山本五十六、【国を危うくした、美化されてきた】東絛【真面目すぎて、変】など。

●もともと、帝国は強くて、かなう国はいなかったというのが、著者の主張である。●その片鱗は、イチローの尊敬する、ジョップリング博士が昭和13年ごろ目撃している。博士は若い時に訪日しているが、上海沖に帝国海軍の軍艦を目撃している。とても、堂々としといた、とイチローに書いてきた。
 

米朝会談始まる

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2018年 6月12日(火)10時30分24秒
返信・引用 編集済
  最初の出会いをテレビでみた。両者とも、やや硬い表情で、握手をかわしてから、落ち着いたようだ。

その後、二人が討論して、文書化して、両者は署名した。トランプは大成功と言っている。テレビによると、両者とも2日前からスタッフが、詰めたからであるという。まだ、文章が、わからないから、トランプがいう通りかどうかはわからない。
 

大世界史 現代を生きぬく最強の教科書

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2018年 6月12日(火)08時22分55秒
返信・引用 編集済
  大世界史 現代を生きぬく最強の教科書 池上彰・佐藤優 文藝春秋

【1】なぜ、いま、大世界史か
【2】中東こそ大転換の震源地
【3】オスマン帝国の逆襲
【4】習近平の中国は明王朝
【5】ドイツ帝国の復活が問題だ
【6】【アメリカ vs.ロシア】の地政学
【7】【右】も【左】も沖縄を知らない
【8】【イスラム国】が核を持つ日
【9】ウエストファリア条約に始まる
【10】ビリギャルの世界史的意義
【11】最強の世界史勉強法
著者1 1950年生まれ。NHK入局。ジャーナリスト。
著者2    1960年生まれ。作家。
●3年前の本だが、北朝鮮のことは、なにも書いていないぞ!
●イチローの意見1  ●ソ連のアフガニスタン侵攻→ゴルバチョフの台頭→ポーランドの事件→ベルリンの壁の破壊が重要なのだ。ゴルちゃんは、まだ生きているぞ。90代かな。
●イチローの意見2    【歴史は繰り返さない】は間違いだ。歴史の教訓を学ぶべきである。
 

プロファイリング

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2018年 6月11日(月)21時39分7秒
返信・引用 編集済
  北朝鮮のボスのプロファイリングをしたんだって。
米国大統領とどっこいどっこいだって。

明日のミーティングは、どちらが勝ちか。興味深い。トランプの握手の仕方に注意というテレビもいた。彼は一分で、相手の人柄がわかると豪語している。 ほんとかな。
●自分の直感で、いろいろ決定するというのが彼のスタイルらしい。大丈夫かな。騙されるな!
 

新幹線殺人事件  病名は?

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2018年 6月11日(月)18時45分35秒
返信・引用 編集済
  病名を知りたがるのは、悪い癖か?

●殺人狂?●発達障害?●お金がなくなったので、【人生でやることがなくなった】殺人でもしようか病。●社会が憎い病?●正常の人が憎い病。殺すなら、誰でもよかった。無差別殺人だ。
●罪は重い。
●テレビでよく勉強しよう。19人殺した人はなんだったかな。彼は相手を選んだ。 ●秋葉原事件の犯人は、無差別殺人だ。
 ●犯罪を自覚していたか、どうか?顔を隠すことはなかった。 ここは似ている。●よくわからん。殺人後、平然としていたのは、何故か? ●自暴自棄病? ●長野で野宿していた時は何を思った?●祖母からもらったカードで生活していた。●お金がなくなったので、殺人をやったのか? ●保険に入る人は増えるだろう。●保険会社の広告が増えたのう。●彼の弁護士はダイヘンだ。【裁判になれば】
 

京都学派

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2018年 6月11日(月)06時17分12秒
返信・引用 編集済
  京都学派 菅原潤 講談社現代新書

プロローグ なぜ今、京都学派なのか
第一章 それは、東大から始まったーーフェノロサから綱島梁川まで
第二章 京都学派の成立ーー西田幾多郎と田辺元
 ●西田幾多郎と波多野精一●西田哲学の変遷●京都学派の成立
第三章 京都学派の展開ーー京大四天王と活躍と三木清
 ●西谷啓治と高山岩男●三木清と昭和研究会●戦時中の西田と田辺
第四章 戦後の京都学派と新京都学派ーー三宅剛一と上山春平
 ●【包弁証法】と三宅剛一●新京都学派と上山春平
エピローグ 自文化礼賛を超えてーー京都学派のポテンシャル
著者 1963年生まれ。長崎大学教授をへて、日本大学教授。専門は日本哲学史、環境哲学。【旅する木下杢太郎/太田正雄 グローバル時代の二足の草鞋】の著者である。
●哲学はむつかしい。●エピソード 高名な京都の学者が福岡にきたので、筆者がその目的を聞いた。返事は【博多ラーメンを食べにきた】【お茶目です】
●似たエピソード ギリシアの哲学者曰く 【歯が痛い どもならん】
 

フローラ

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2018年 6月11日(月)05時26分55秒
返信・引用 編集済
  フローラ エミリー・バー 小学館

プロローグ
第一部
第二部
第三部
小説のようだ。主人公は17歳の女性患者。前向性健忘症。よくわからない。
著者 ロンドンでジャーナリスト。その後、おとな向けのスリラー作家。
●小川洋子の【博士の愛した数式】は同じ病気を扱っているという。 
 

新幹線殺人事件  NHKが無視の理由は?

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2018年 6月10日(日)21時16分45秒
返信・引用 編集済
  犯人は明らかに精神障がい者だからか。●凶器はナタでした。●世界的な会談がシンガポールでひらかれるので、忙しい。

コマーシャル局は、報道に全力投球。フム●犯人の父親、祖母【一緒に住む】のインタビューがでていた。●被害者のコメントもあった。●命を助けようと、抵抗したヒトはシンデしまった。●報道する理由もわかる。新幹線は日常的につかわれる。 ●新幹線の乗客は現状把握が難しい。●座席を外して、犯人に抵抗するとはしりませんでした。●飛行機の中でも、おんなじことか。
 

政令指定都市なんだけど 田舎のバスと市街電車の話

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2018年 6月10日(日)20時58分45秒
返信・引用 編集済
  本日、市立病院前ー健軍町【終点】の市街電車の乗客は私一人。

●前に書いたが、【田舎のバス 交通センターから終点まで、乗客は私一人】

●熊本市は政令都市なんだけど.....【ま、田舎なんでしょう】

●田舎バス 終点まで一人 春の朝 イチロー
 

【北の国から】で読む日本社会

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2018年 6月10日(日)17時11分49秒
返信・引用 編集済
  【北の国から】で読む日本社会 藤波匠【ふじなみたくみ】 日経プレミアシリーズ

はじめに
第一章 なぜ五郎は北の国のボロ屋に帰ってきたのか
第二章 【北の国から】の農家はなぜ失敗するか
第三章 若い五郎はなぜ北の国を去ったか
第四章 金【かね】への意識と金より大切なもの
第五章 バブルのツケを払わされた純たち
第六章 【北の国から】の交通ーー消え行く鉄道
第七章 性と恋愛、そして不倫
第八章 教育と自ら命を絶つ若者
第九章 ゴミへのこだわり
終章 【北の国から】は何をもたらしたのか
著者 1992年東京農工大修士課程終了。東芝入社。株式会社 日本総合研究所上席主任研究員。
●【イチローのコメント】大河ドラマ。南の国にいるので、今一つ分かりにくい。笠智衆がでていた。古い人だ。
 

立憲君主制の現在 日本人は【象徴天皇】を維持できるか

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2018年 6月10日(日)15時25分28秒
返信・引用 編集済
  立憲君主制の現在 日本人は【象徴する】を維持できるか 君塚直隆 新潮社

はじめに
第一部 立憲君主制はいかに創られたか
 第一章 立憲君主制とは何か
 第二章 イギリス立憲君主制の成立
 第三章 イギリス立憲君主制の定着
第二部 立憲君主制はいかに生き残ったか
 第四章 現代のイギリス王室
 第五節 北欧の王室ーー最先端をいく君主制
 第六章 ベネルクスの王室ーー生前退位の範例として
 第七章 アジアの君主制のゆくえ
 終章 日本人は象徴天皇制を維持できるか●【おことば】の衝撃●象徴天皇の責務●象徴天皇制の定着●【平成流】の公務●【皇室外交】の意味●【開かれた皇室】?●女性皇族のゆくえ●象徴天皇制とは何か
おわりに
著者 1967年生まれ。関東学院大学教授。専門はイギリス政治外交史、ヨーロッパ国際政治史。
●外国の女王などのエピソードが、書かれている。
 

【人民公社はどうなりました?】

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2018年 6月10日(日)05時26分25秒
返信・引用 編集済
  昭和20年代の話である。【おそらく27年】私は中学生で、熊本にいました。ちょうど民間放送が始まりました。ラジオを聞くのが好きだった私。夜な夜な、隣の国から強力な電波がくるのに気づいた。ラジオ北京である。中波だから、なんキロワットだろうか。500キロ?内容は宣伝である。人民公社が素晴らしいという宣伝放送でありました。何回も聞くので、頭の中に入ってしまいました。

平成8年は、私は宮古島にいました。カーラジオから聞こえてくるものは、異国の言葉でした。台湾の放送でした。

平成4年、仕事で中国に行きました。その説明は省かせていただきます。優秀な中国人通訳と話をする機会がありました。それで聞きました。【人民公社はどうなりました?】

私のエッセイは、ある雑誌に載せました。みつけなくっちゃ。【続く】
 

日本財団と旅行

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2018年 6月 9日(土)17時51分44秒
返信・引用 編集済
  日本財団が中国のハンセン病プロジェクトに加勢した時期がありました。

●ということで、何故か、日本のハンセン病関係者が、いろいろ中国の施設などで、シンポジウムなどに行きました。われわれのリーダーは、菊池恵楓園の副園長でした。イチローの役割は、日本の状態を説明することもあろうかと、いうヘンテコなものです。平成4年のことでした。同行者は、他の園の医師、検査技師、リハビリテーションの技師、看護婦長など。

●ハンセン病研究センターは南京にありました。見学しました。
●ハンセン病リハビリテーション・シンポジウムは蘇州でありました。中国の四大・名庭園の二つがそこにあります。
●長江【揚子江】のほとりの療養所にいきました。手術の名手と会いました。●青島に日本財団がリハビリテーション施設を、寄付したので、そこへは飛行機でいきました。●あとは、北京です。
●長江の思い出 橋を歩いてわたった。【長い長い】それと、フェリーでわたった。真ん中で立小便をしたヒトがいた。尿は直接川に入った。
●宴会のやり方が、面白い。セレモニーなんだ。最初は、中国側が招待する。まだ、共産党のお偉方がいて、ものものしく歓迎の演説をする。豪華な宴会がある。最後は日本側のリーダーが感謝の演説。
次回は、日本側がホスト。演説は我々のリーダーが行った。中国側の出席者は多く、宴会を楽しみにしていた。海燕の巣もあった。山海の珍味なのだ。取り箸は、自分の箸で相手のをトル。演説は通訳が翻訳する。
●ごちそうの中身もいろいろ。魚なら、長江の近くなら大きな湖でとれた淡水魚。青島なら海の魚もありますよ。
●中国人の通訳が二人同行した。二人とも医師だ。中国では、医師と教師の待遇は悪いそうだ。
●長い間、不思議に思っていたことを聞いた。【人民公社はどうなりました?】その返事の内容はまるで、革命だ。項を改めて書こう。
 

日本財団は、いったい何をしているのか 第四巻 災害に立ち向かう群像 

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2018年 6月 9日(土)15時57分48秒
返信・引用 編集済
  日本財団は、いったい何をしているのか 鳥海美朗 【とりうみよしろう】木楽舎

第一章 起点は【阪神・淡路】
 ●日本財団はかく動く●1.17の記憶●ボランティア元年
第二章 災害列島・日本
 ●連続出動の2004年●技能系と研究者たち
第三章 東日本大震災
 ●【災害大国】の宿命●帰ってきた救援●ROADプロジェクト●弔慰金物語●海よ●まつり応援基金●原発事故を見据える
第四章 【熊本】は語る
 ●127億円の支援●残った課題
追記 トップ二人からのメッセージ
著者 1949年生まれ。産経新聞社入社。編集長を経て論説委員。日本財団アドバイザー。
 

跡見花蹊【あとみかけい】女子教育の先駆者

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2018年 6月 9日(土)07時05分40秒
返信・引用 編集済
  跡見花蹊 女子教育の先駆者 泉雅博・植田泰代・大塚博 ミネルヴァ書房

第一章 跡見花蹊の誕生
 第一節 瀧野と跡見家
 第二節 木津村と瀧野時代の花蹊
 第三節 瀧野から花蹊へ
第二章 幕末・維新の動乱のもとで
 第一節 大坂三郷中之島時代
 第二節 京師時代
 第三節 新都東京へ
第三章 教育者花蹊
 第一節 【跡見学校】開校
 第二節 花蹊の学校教育
 第三節 跡見女学校の新時代
 第四節 さらなる充実を目指して
第四章 生涯と功績と
 第一節 晩年の慶祝
 第二節 教育功労者として
 第三節 花蹊永眠
第五章 花蹊が遺したもの
 第一節 跡見李子と跡見女学校
 第二節 学校法人跡見学園
おわりに

著者1 跡見学園女子大学教授
著者2 跡見学園女子大学教授
著者3 跡見学園女子大学教授
●跡見花蹊 1815~1927【87歳】
●偉い人がいるのですね。しりませんでした。
 

ルーシー ちゃん

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2018年 6月 9日(土)04時49分54秒
返信・引用 編集済
  素晴らしい命名だ。前の本から

誕生 300万年前 死亡原因 不明
外観 当時は美人、身長 110センチ 年齢 成人 口は少し出ている。脳は400ccくらい。【今の人は1300ccくらい】直立している。樹木にまだ、登っていた。
命名者 パメラ・アルダーマン
正式名 アウストラロピテクス・アフェレンシス
理由 発見当時 【ルーシー イン ザ スカイ ウィズ ダイアモンド】の音楽がなっていた
イチローのコメント 樹木から、草原に出てきたのだ。男性をみつけ子孫を作ったハズ。子どもは頭はあんまり大きくないので、出産は今より楽チンだ。 ●このCDは、あるだろうか?
●脳の発育は、その後らしい。300万年は長いのう。阿蘇の最後の大爆発は9万年前だ。
 

6つの化石 人類への道【新生代】

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2018年 6月 8日(金)14時45分41秒
返信・引用 編集済
  6つの化石 人類への道 【新生代】ドナルド・R・プロセロ 築地書館

第一章 クジラの起源・アンブロケトゥス 歩いて海に帰る
 ●クジラのお話●捏造された【大海ヘビ】●クジラの進化●泳ぎ歩くクジラ●クジラの分類はウィッポモルファで決まり●カバの類縁
第二章 カイギュウの起源・ペゾシーレン 歩くマナティー
 ●人魚●人魚の科学●カイギュウ、海をあるく●ミッシングリンクはジァマイカにあった●アフリカ脱出に成功●ステラーの怪物
第三章 ウマの起源・エオヒップス あけぼのウマ
 ●ウマの進化●【あけぼのウマ】●名前がなんだ 重要なのは中身●いずこよりウマ来る?
第四章 最大の陸生哺乳類・パラケラテリウム 巨大なサイ
 ●流砂だ!●モンゴルの怪物【砂に埋まった】●サイのルーツ●怪物サイの生態●大地を謳歌する巨大な生き物
第五章 最古の人類の化石・サヘラントロプス 類人猿の生き写し?
 ●類人猿に生き写し?●化石が刻む時●分子時計が語る進化●最古のヒト族、トウーマイ
第六章 最古の人類の骨格・アウストラロピテクス・アフェレンシス
 ●人間の由来●人類の起源はユーラシアに?●人類の起源はイギリスに?●無視されたアフリカでの大発見●ケニアで大活躍した伝説のルイス・リーキー●ルーシーの遺産
あとがき
著者 1954年生まれ。40年にわたりカルフオルニア工科大学、コロンビア大学で古生物学と地質学を教えた。
●タイヘン面白い。3体分の化石で、おおヘビを捏造した話。【石膏で3倍の巨人を作って、化石といつわった話に似ているね】●人類の進化で、ルーシー【女性 300万年前、110センチ、直立する、脳は小さい、口はとんがる】【実態想像図あり】より古い人類の化石がどんどん見つかったなど。今は600~700万年前だって●的確な命名は、素晴らしい。
 

一枚の紙で夢はかなう

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2018年 6月 8日(金)12時31分56秒
返信・引用 編集済
  一枚の紙で夢はかなう 思い通りの未来をつくる最強の方法 中川いち朗 かんき出版

はじめに
【1】紙に書く理由
 ●入社したときに立てた夢●なぜ、紙に書くことを始めたか●夢を持つということ●【紙に書く】ことが夢を実現する5つの理由●思いを整理する●本当の自分を知る●夢を【具体化】する●潜在意識に刷り込む●行動が変わる
【2】【紙に書く】5つのステップ
 ●夢を実現するための5つのステップ
 ●1.   夢の準備をする●2.自分を知る●3.夢を描く●4.モチベーションを高める●5.リマインドする
【3】夢を実現するための習慣
 ●習慣にする●日記を書く●メモを取る●1日30分確保する●安全領域から脱する●今を生きる●自分から変わる●自分は運がよいと決める●整理する●靴を磨く
【4】夢を実現するために守り続けていること
 ●10倍努力して2倍の成果を上げる●鶏口に甘んじず牛後となれ●ライバルは自分●すべの人がお客様●一生懸命を超える●期待を超え、予想を裏切る●諦めなければ失敗はなし●いい加減な仕事をしない●グローバル人材になる●人生の師をもつ
おわりに
著者 1985年慶應大学卒業後、日本IBM入社。2007年理事に就任。47才。目標より2年遅い。
●イチローは、どんどん目標を上げている。紙には書いてないが、インターネットに発表しました。??
 

われ、異教の祭壇の前に立つまじ

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2018年 6月 8日(金)02時35分58秒
返信・引用 編集済
  あるイスラム教徒の言葉です。イチローは平成元年から、7年まで、ハンセン病療養所【菊池恵楓園】に勤務していました。見学者も多く、その係をしていました。外国人もこられる、英語で説明しました。
大きな仏教のお寺がありました。【昭和11年作る】いろいろな祭などありました。いろいろな宗派があり、祭壇が7つありました。一つは、神道のものです。お祭りもかわりがわりありました。何しろ宗派がいろいろあります。日蓮宗、御西、【西本願寺派】、御東、などなど。
大きな台風がきてお寺は、壊れました。新しい施設ができました。祭壇が10ありました。ある時、イスラム教徒を案内していました。その時の言葉です。その人は施設には入らなかった。
●その施設を利用しないのは、キリスト教聖公会、カトリック、などありました。各々独立した建物を持っていました。意外なのは創価学会です。人数からいって、建物をたてるかな、と思いましたが、施設を使いました。おそらく、戦後は、建築はできなかったのでしょう。●天理教はどうだったか、忘れました。【宮古島には単独の家があった】
●キリスト教でも、かなり厳格ですね。我が家の仏壇のところには、こられませんでした。一般の日本人は、神社だろうが、お寺だろうが参拝はしますね。
 

イスラム教の論理

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2018年 6月 7日(木)18時19分42秒
返信・引用 編集済
  イスラム教の論理 飯山陽【いいやまあかり】 新潮社

まえがき
第一章 イスラム教徒は【イスラム国】を否定できない
 ●【イスラム国】のイスラム教解釈は正しい●穏健派法学者と国家権力の癒着●【イスラム国】の人気は【過激派組織】だからではない
第二章 インターネットで増殖する【正しい】イスラム教徒,
 ●なぜインドネシアのイスラム教徒は【過激化したか】●SNS戦略の徹底と洗練された動画編集術●【イスラム国】の支配地域こそ【理想郷】である
第三章 世界制服はイスラム教徒全員の義務である。
 ●コーランを字義道り解釈すれば、日本人も【殺すべき敵】である●自国でジハードできる【よい】時代がやってきた●人口増加でイスラム教徒を増やす【ベイビー・ジハード】
第四章 自殺はダメだが自爆テロは推奨する不思議な死生観
 ●【イスラム教は平和な宗教】論の欺瞞 ●女も子どもたちも後顧の憂いなくジハードせよ●放蕩者の悪行も、ジハードすれば精算される
第五章 娼婦はいないが女奴隷はいる世界
 ●女奴隷とは好き放題にセックスできるし、売り飛ばしてもかまわない●レイプの被害者は【姦通】で鞭打たれる ●【働く女性は同僚に五口の母乳を飲ませよ】【乳母になれば、セックスの関係はなれないから】
第六章 民主主義とは絶対に両立しない価値体系
 ●イスラム圈に信教の自由は存在しない●手首切断も石打ち刑も世論の大半が支持●主権在民でなく、主権在神、人間は神の奴隷
第七章 イスラム社会の常識と日常
 ●ハラール認証は誤解されている●【人生を楽しむ】という発想はあり得ない●急成長するイスラム・ファッション
著者    1976年生まれ。イスラム思想研究者。アラビア語通訳。
●【イチローとイスラム教】ジャカルタのイスラム教寺院に、お祈りを見に行った。
●菊池恵楓園での出来事 7つの宗教、宗派の祭壇【あとで10に増加】のある施設がある。見学者のイスラム教徒は、【我異教の祭壇の前にはたたじ】と宣言し、入らなかった。
 

知的生活の方法

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2018年 6月 7日(木)09時25分19秒
返信・引用 編集済
  知的生活の方法 渡部昇一【わたなべしょういち】 講談社現代新書

はじめに
【1】自分をごまかさない精神
 ●知的正直●【三國志】からシナ文学へ●頼山陽をまねる●縁先の碁盤●【手段としての勉強】の危うさ●恩師にめぐりあう●【わからない】に耐える●漱石体験●巨人、タイホウ、卵焼き●英語の小説が読めない●知的オルガスムスを求めて●不全感の解消●老齢はこわくない
【2】古典をつくる
 ●繰り返し読む●趣味の形成●漱石と漢文●一つのセンスにコミットする●精読が生み出すもの●【半七捕物帖】●古典とは何か
【3】本を買う意味
 ●身銭を切る●読みたい時に取り出せる●カード・システムの問題点●無理をしても本を買う●ギッシングとハイネ●貧乏学生時代●極貧のなかの楽しみ●闇屋になってでも本を買う●知的生活を守る気概
【4】知的空間と情報整理
 ●彦一の知恵【食べ物を運んだが、帰りは楽チン】●図書館に住む●能動的知的生活者●蔵書と知的生産の関係●向坂氏の蔵書●【ドイツ参謀本部】裏話●【本がある】という自信●金は時なり●時間を金で買う方法●クーラーの効用●書斎の音熱対策●図書館を持つ●カード・システム●カード・ボックス●カードの入れ替え●ファイル・ボックス●コピー利用法●卓上ファイル●森セン三先生の方法●書斎の構想●水鳥の足
【5】知的生活と時間
 ●静かなる持続●タイム・リミット●ハマトンの見切り法●見切り法の活用●早起きカント●ゲーテの場合●夜型か朝型か●血圧型●【中断】●溶鉱炉と知的生産●ゲーテの城●たっぷり時間をとる●通勤時間●コウスティング●睡眠と安らぎ
【6】知的生活の形而下学
 ●交際を楽しむ●食事について【カントの食事時間は3~5時間、招待客がある】●ビールとワイン●コーヒーについて●牛乳とウィスキー●散歩について●家族●結婚●夫婦の知的生活●知的生活と家庭生活の両立
著者 1930年生まれ。英語学専攻。ドイツ、イギリスに留学。上智大学名誉教授。

●【イチローの場合】カードボックス、パンチカードなどいろいろやりました。論文を書くために、図書館に日参して、論文を書いた人に電話したりした。【情報をとる方法としては、優れている】【ライバルに聞くなんて?!】
●本は確かに問題だ。 著者みたいに図書館に住むのは、幸運だ。
 

田舎のバスは

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2018年 6月 7日(木)09時02分23秒
返信・引用 編集済
  本日、熊本交通センターから、終点の長嶺小学校まで、乗客は私一人だけであった。珍しい。少々ガタガタするのは、仕方ないか。  

江戸はスゴイ 世界一幸せな人びとの浮世ぐらし

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2018年 6月 6日(水)20時26分10秒
返信・引用 編集済
  江戸はスゴイ 世界一幸せな人びとの浮世ぐらし 堀口茉純【ますみ】 PHP  新書

はじめに
【その1】 実はこんなにスゴかった! 世界が驚く江戸城下町のヒミツ
 ●規模がすごい!●日本最大にして最強の近世城郭●【三代の天守】●天守がない理由がスゴイ!●復興力がスゴイ!●災害都市・江戸でいきること●風水とかがスゴイ!●将門、神田明神●インフラがスゴイ!●清潔こそが繁栄をもたらした●世界最先端のスゴイ町!
【その2】 城下町探検隊ーようこそ!大江戸観光ツアーへ
 ●日本橋名物は【人込み】●名だたる商人が集まう巨大ショッピングエリア●魚から鰹節まで、河岸だらけ●25万人が日本橋界隈に在住●大名行列ウォッチング●禁じ手解禁!将軍行列●数々の伝説に彩られた隅田川!●ハメを外すなら四宿がおすすめ●公開処刑、見てみる?
【その3】 アレ、結構楽しそう【笑】!江戸町人の暮らし
 ●【士農工商】への大誤解●お江戸の【町人】って誰●町奉行の
登場に【親方ご苦労】●町奉行の下で働く人びと●浮世風呂で心身ともにリラックス●与力・同心の屋敷に毎日、髪結いがくる理由●門限は何時?木戸番と自身番●住めば都の裏長屋
【その4】 役者・アイドル・スポーツ選手.....憧れのスターたち
 ●モードファッションは歌舞伎から●歌舞伎から生み出された数々のデザイン●顔見世興行の熱狂●【千両役者】は羨望の的●江戸で一番もてた男●吉原誕生●伝説の花魁●スーパーウーマンと遊ぶ覚悟は●熱狂!燃え上がる相撲人気●躍動する美、火消しのダンディズム
【その5】 異常発達☆食文化
 ●ようこそ外食天国へ●江戸の呑み倒れと、屋台めし●【天麩羅】小話●江戸前いろいろ●【江戸患い】にご用心●江戸のソウルフード・蕎麦●将軍様だって料理男子?!
【その6】 毎日がスペシャル?!とにかくイベント大好き
 ●日本人がイベント好きな理由●寺社の聖と俗●江戸の祭の頂点・山王祭●神田祭●深川祭で大事件●お花見ブームを仕掛けた吉宗●潮干狩り・花火・水ごり●天体ショー
著者 女優。江戸文化歴史検定1級。【江戸に詳しすぎるタレント】
●【イチローと江戸】江戸の火事 wikipedia英文翻訳 
 

流宣図と赤水図 ー江戸時代のベストセラー日本地図ー

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2018年 6月 6日(水)12時50分30秒
返信・引用 編集済
  流宣図と赤水図 江戸時代のベストセラー日本地図 海田俊一 アルス・メディカ

謝辞

第一章 石川流宣の日本図の成立と改版の過程
第二章 改正日本輿地路程全図【赤水図】の改定過程
第三章 赤水図の模倣版について
索引
著者
●石川流宣【生没年不詳】【とものぶ/りゅうせん】が下絵を製作し、江戸時代後期までに刊行した日本地図は【流宣日本図】と言われる。
●長久保赤水【1717~1801】は、伊能忠敬の地図を遡ること30年、はじめて経緯線による方格があてはめられ、製図した日本地図を作った。

●多くの版を研究した研究書である。また、英文が添えられている。●著者の説明がない。アレマ
 

天地人 ー世からイエス固着へー

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2018年 6月 6日(水)09時02分39秒
返信・引用 編集済
  天地人 ー世からイエス固着へー 名木田薫 大学教育出版

はじめに
第一部 世にありて
 第一章 孤独と実践
 第二章 世に属さぬ者とは
 第三章 救わた集団
 第四章 全方位展開
 第五章 狭き門
第二部 【天地】へ向けて
 第一章 十字架を背負う意味
 第二章 世と霊
 第三章 良心と終末
あとがき
著者 昭和14年生まれ。京都大学卒業。文学部学士入学。キリスト教学専攻。岡山理科大学教授。チュービンゲン大学留学。倉敷芸術大学教授。定年退職。
●なかなか難しい。
 

シャングリ・ラ・ホテル【シンガポール】に泊まったことがある

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2018年 6月 5日(火)17時10分18秒
返信・引用 編集済
  1974年のことである。私は初めての国際学会にでかけた。古い話であるので、今のホテルとは同じではない。しかし、泊まったホテルは、シャングリ・ラと言つた。【桃源郷】朝食が外で、果物が美味しかったことを覚えている。

 国際学会での発表は、初めてのことであった。練習して、100回読めば通用する英語になるだろう、と考えた。質問が一つあった。なんと答えたか覚えていない。学会は5月であったが、同じ主旨の論文は国際雑誌の4月号にでていた。

●学会は【第一回アジア・オーストラレイシア皮膚科会議】で、今は廃れた行事があった。【患者供覧】である。患者さんを皆に見せるのであるが、今は人権問題になり、行われない。しかし、皮膚科医にとっては勉強になる。
●当時熱心だったアマチュア無線の相手宅【インド人、医師】に遊びに行った。●彼の機械から、CQ JAPAN と日本のアマチュアを呼び出した。実は、シンガポール電波法違反である。【バックグラウンドで出た】
●インド料理店に食事に行った。マレーシア人も一緒だった。シンガポール・ドルは弱かったようだ。受け取りを拒否された。マレーシアのお金は通用した。円は固定相場であった。

●その後、シンガポールに行ったことはない。
●今の大学皮膚科では、若い先生をつれて、ドンドン海外の学会で発表させるという。
私の場合は、全部自費で一人で発表したので、心細く、タイヘンだった。しかし、日本人の友人ができた。●パックツアーで、タイ国、インドネシア、バリ、ホンコンに行った。
 

失われた名前   サルとともに生きた少女の真実の物語

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2018年 6月 4日(月)19時37分48秒
返信・引用 編集済
  失われた名前 マリーナ・チャップマン 駒草出版

序文 プロローグ
第一部 ジャングル
 ●誘拐●緑の地獄●無数の目●サルまね●生きる術●グランパ●群れの一員●鏡のかけら●生む女●人間の集落●心の家族●襲来●離別
第二部 人間の世界
 ●後悔●悪夢の旅●カルメン●忍従の日々●人間の暮らし●警告と事故●逃走●路上生活●チャンス到来●ギャング・リーダー●犯罪一家●秘密の友達●脱出●修道院●壁の外へ●未来への試験●私の名前
あとがきにかえて
●●コロンビアは怖い国です。人さらいが多い。4~5歳の少女が何故かジャングルに置き去りにされ、【尾巻き猿】に育てられた話が一番おもしろい。●サルと友達になった●お腹が減るので、最初は樹木の洞窟にいたが、サルの真似をして、食料を得たり木に登ったり。ナッツの食べ方を勉強しようと、猿の前に置いたら石で砕いていた。●最初に見た人間は、お腹が大きく、子供を出産した。ハンター【密漁者】がいたが、仲間にはならず、猿の世界に帰ってきた。10歳?生理がありました。●ハンターにつかまり、トラックにのせられた。売春宿に入ったが仕事するには、小さすぎた。【11歳】車の事故で崖から落ち、他の人は全部死んだ。●四足走行だし、テーブルマナーはひどかった。手づかみだし、他のところで食べる。あとストリートチルドレンになった。前歴のせいか、【盗みがうまい】女ボスになった。悪人からのがれ、イギリスにきて、結婚し子供を生んだが、今でも樹木に登ったりするお茶目だ。その写真はこのことが真実であることを物語る。●イチローが読んだ最高のノンフィクション。
 

石垣島で会ったオバーは 波照間島の敷名先生の生徒でした

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2018年 6月 3日(日)15時41分4秒
返信・引用 編集済
  平成12年9月23.24日に宮古島から、飛行機で石垣島に飛んだ。 当時、私は宮古島の療養所勤務で、石垣島、西表島にはよくひとりで遊びに行った。その時の目的は昔、ギネスブックに載ったオオジャコガイ探しである。いろいろ不思議な話を聞いたが、貝は行方不明であった。以前から、石垣島のウミンチュウが、宮古島海宝館【貝の博物館】にデカイ、オオジャコガイを寄付した人がいて、いろいろ調べていた。実を申せば、その前の月も石垣島にでかけ、寄付した人に会ってきたのです。

 しかし、9月の旅行は収穫がありました。新城【あらしろ】さんというオバーの話を聞いたからである。彼女は八重山自然村というテーマパークの昔の農村のセクションの所におられた。青い和服の普段着を着ておられた。私は農村の話をいろいろ尋ねた。【私は質問大好き人間です】出身地は離島の波照間島と言われた。【あのハテルマ・シキナの】と聞いたら、敷名先生は私たちの校長先生ですと言われた。

 皆さんは、【ハテルマ・シキナ】の悲劇をご存知でしょうか。西表島の南に、波照間島があるが、波照間島の見える海岸にその記念碑があります。私も見てきました。もともとマラリアの無病地帯の波照間島に、戦前、山下というスパイ学校出身者という兵隊がきて、強制的に住民を有病地帯の西表島に移住させました。オバーはその生き残りでありました。3割はなくなったといいますが、子どもの被害はひどく、入学したのが52名、卒業したのは17名であったそうです。自分は小学3年生であった。【私も同じとしだ】残念無念の先生がその思いを西表島の岩に掘ったのだ。

 新城さんの話によると、そこは悲惨な状態であった。薬もなかった。なくなった人を埋葬したが【当時は、土葬であった】、埋葬した人もなくなった。新城さんは熱もでなかった。父親は戦争にいってなくなった。私は、八重山平和祈念館でビデオなど全部見たが、新城さんのような語り部を活用すべきであろうと、思った。そこには、西表島の各集落での、驚くべき死亡率がでていた。

 せっかく戦地から、無事に帰られたが、戦後波照間島でマラリアに罹患されてなくなった人がいたと新城さんは言われた。患者がいてコガタハマダラカがおれば、罹患する可能性があるのは、医学の教えるところである。波照間島のなくなった人は、軍人からの被害者であるが、日本政府は祈念館を作って、お茶を濁しただけであった。
 

極秘公文書と慰安婦強制連行 外交史料館からの発見資料

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2018年 6月 3日(日)06時21分42秒
返信・引用 編集済
  極秘公文書と慰安婦強制連行 今田真人 三一書房

まえがき
第一章 戦時動員職種に未成年朝鮮人女性の【接客業】
第二章 吉田清治氏が属した労務報国会を追う
第三章 奥野誠亮氏の執行
第四章 【業者】は初めから軍の偽装請負・手先
第五章 国会図書館が【極秘通牒】を内閣官房に提出
第六章 労務調整令の全身、青少年雇入制限令
第七章 発見した1938年当時の外務省関連文書
第八章 公文書が示す【慰安婦】強制連行のルートと人数
第九章 女子動員計画に【民族力強化】の言葉
第十章 婦女売買を禁じた戦前の国際法
【抜き書き】【慰安婦】強制連行関連の公文書
あとがき
著者 1955年生まれ。元【しんぶん赤旗】記者。その後フリージャーナリスト。
●いろいろ資料がでているが、外交史料館のが、一番と言われる。
●イチローが見た一番興味ある資料 戸籍原本、宮古島で生まれた人の記録、慰安婦から生まれた子供は、父親は不明とあった。コピーしなかった。
 

キリスト教一千年史 【上】 地域とテーマで読む 

 投稿者:Ichiroメール  投稿日:2018年 6月 2日(土)18時25分28秒
返信・引用 編集済
  キリスト教一千年史 【上】 地域とテーマで読む ロバート・ルイス・ウィルケン 白水社

序章
第一章 エルサレムでのはじまり【30歳に近いイエスはヨハネに洗礼を受けた。イエスは福音を述べ始めた。安息日には、シナゴーグに行った。質問に対する回答は痛烈であった。癒しを行った、3年後、最後の晩餐をとった。ローマ総督ピラトは、メシアを騙るとして処刑を命じた。生けるイエスが一部の弟子の前に現れた】
第二章 エフェソス、ローマ、エデッサーーキリスト教の拡大
第三章 キリスト教共同体の形成
第四章 内部の分裂
第五章 カタコンベを建設する
第六章 教養ある信仰ーアレキサンドリアのオリゲネス
第七章 迫害ーカルタゴのキプリアヌス
第八章 キリスト教徒皇帝ーコンスタンテイヌス【彼が回心した理由は太陽の日暈現象か】【幻日ともいう】
第九章 ニカイア公会議とキリスト教の信条
第十章 修道制【イエスは禁欲を勧めた。四世紀になりアントニオスは隠遁生活を記載した】【女子もあった】
第十一章 キリスト教的エルサレム
第十二章 皇帝ユリアヌス、ユダヤ人、キリスト教徒【背教者ユリアヌスは問題の人物であった】
第十三章 司教と皇帝
第十四章 建築と芸術
第十五章 音楽と礼拝
第十六章 病人、老人、貧者ー病院の誕生【12世紀に作られた複合施設はキリスト帝国修道院で医療施設、老人や衰弱した人の世話、旅人の宿泊所、ハンセン病人のホスピス、教会と修道院があった】
第十七章 教皇としてのローマ司教
第十八章 キリスト教社会のルールーーカノン法【カノンは姦淫、近親相姦、姦通、売春、同性愛、少年愛に言及。初期教会はそれらに関係ない、という考えは吹き飛んでしまう】
第十九章 ヒッポのアウグスティヌス
著者 1936年生まれ。ヴァージニア大学名誉教授。元アメリカ宗教学会会長。元北米教父学会会長。
●イエスの知られている生活はわずか3年であった。イチローは使徒以外の文献を見つけた。【1世紀末か】日本の話は下巻にもないぞ。
 

/193