teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


ゼロ年代の終わりに

 投稿者:とぼふ  投稿日:2009年12月25日(金)01時18分57秒
返信・引用 編集済
  久々のバックヤードでの書き込みです。

2001年の11月に、今は「とぼせん」というタイトルになっていますが、ジオシティーズで初めてホームページを作ってから8年、もういわゆるゼロ年代も終わろうとしていますが、この約10年を振り返る時期が来ているような気がします。

それは単に来年、2010年に突入するから、という年代の区切りではなく、自分の周りの環境の変化が2009年も終わりになってはっきりしてきているらしい、と感じているからなのですが。

そもそもやるつもりはなかったアニメ感想らしきものをやってきて、いろいろ紆余曲折ありました。ブログ時代に入ったり、SNSが出てきたり、twitterのようなよりリアルタイムウェブ的な環境になってきたり。新しいツールが出てくるたんびにそのツールを使う楽しみとともに、振り回されることになったり。

古くからの人間関係が切れたり、新たな関係が生まれたり、しかしそれはただの通りすがり的な薄い関係のまま消えて行くだけのものだったり、関係にすがろうとすればそれは抑圧となり、自分も相手も息苦しくなったり。

個人的には積極的に人脈みたいなものを作ろうという気もありませんでしたし、そもそもコミュニケーションスキルが低いものですから、意識して作ろうとしても上手くいきませんし、その場その場の流れで、なんとなくここまで来てしまった。ある時期まではそんな自分の計画性の無さに悩みつつも、それほど深刻にはならないというB型的なのん気さというか、いいかげんさも同時にあって、ここまで来てしまいました。

そうやってまあ、はっきり言ってしまえば無責任に気の向くままにやって来たわけですが、ここへ来て、ありがたいことにいく人かの方々との関係はなんとなく続いているらしいことに気付きまして。それは、たまたまその人たちと直接会って話すことになることではっきりして来たことなんですが、要するにここへ来てようやくオフ会的なものが集中して、これまでなんとなくやって来たことにもそれなりに意味があったらしい、と気付かされたような感じなのです。

感じなのです、というのは、なかなかそういうことは自分では分からないんですね。振り返ってみたらなんかよく分からないけれど、他人から見たらそれなりのものが積みあがっていたらしいんですね。自分はどうやらそういうタイプの人間らしい、と。なんのかんの言って自分はアニメ語りが好きらしいんですね。

で、それはもしかしたらアニメが全体的に低迷してきたからこそそう感じるのかもしれません。アニメに活気があったときは、気持ちはアニメ自体に向いていましたから、自分がとりあえずやっていることにも、人間関係にも無自覚だったのかもしれません。あるいはいい意味で流動的な関係性が強かったせいかもしれません。

アニメをコミュニケーションツールにすることはあまり好きではなかったんですが、流れとしてはそういう方向に行ってるな、と感じてはいました。それが、コミュニケーションツールにさえならなくなって来たと感じられる現在、逆にこれまでなんとなく繋がっていた関係性が浮かび上がってきた、例えるならそんなイメージでしょうか。

そんな状況になって、ネットのあり方を考えるとすれば、ネット上の各ツールが関係性をより現実、日常へと結びつける強固なものになって来たのかな、と思ったりもします。日常と切り離せないものになって来た気がします。ただそれは、日常生活を縛る「特別なもの」ではなく、「空気」のようなものになって来た、やっとネットが「普通」になって来た、のではないのかと。

だから、どれかひとつのツールにこだわることなく、散在するツールをつまみ食いのようにその場その場、ケースバイケースで使っていけばよい、のではないかと思います。

と、個人的な経験と印象から全体の今の状況をなんとなく敷衍してみましたが、これもただ単に、無責任に自分の場合はそうであるにすぎない、ということかもしれません。


あるいは、「普通」になったということは、こんな文章さえ必要ない、ということなのかもしれません。
 
 

アクセス数

 投稿者:とぼふ  投稿日:2009年 5月 1日(金)18時00分8秒
返信・引用 編集済
  ↓の記事がカトゆーさんとこに捕捉されまして
http://d.hatena.ne.jp/tobofu/20090429/1241000226
久々に大量のアクセスをいただいたわけですけれども、リンク元がほとんどカトゆーさんとこで、他のニュースサイトからはほぼ皆無でしたね。昔はいくつか数珠繋ぎのように来たもんですが。

まあ、記事の性格もあるのかもしれませんが、時代だなあ、とか思ったりしました。
 

TMM再開しました

 投稿者:とぼふ  投稿日:2009年 4月 4日(土)10時45分54秒
返信・引用
  まあ、自分でもいったん終了宣言したものを再開させるのは格好悪いなとは思いますが、もはや格好悪いとかそういうことでもないのかな、とも思ったりします。
何故また始めたかというと、それはもう、ただ書きたくなったから、としか言いようが無くてむしろ格好いいとか悪いとかよりもそのモチベーションを大事にした方がいいと判断したからです。モチベーションがしぼむ前に、モチベーションに素直にしたがって書き留めておいた方がいいと思ったからです。
うだうだ迷ってると、モチベーションが逃げてしまうからです。逃げてしまう前に捕まえておきたかったわけですね。

短いコメントなら相変わらずtwitterが最強ですが、久々に長文を書きたくなったのです。それもSNSではないようなところで。以前よりも時間がかかるようになったのでそんなに頻繁に更新はしません。たぶんしません(頻繁にやるならtwitterで充分ですしね)。それは方針の問題ではなく、単に体力の問題です(笑)。面倒くさいので自然にセーブがかかるんです。

とりあえずアクセス数見たらそこそこの数字で安定してるようなので、これなら気楽に出来ると、ほっとしています。

http://d.hatena.ne.jp/tobofu/

 

はてブこわい

 投稿者:とぼふ  投稿日:2009年 3月 3日(火)08時22分34秒
返信・引用
  まんじゅうこわい的な意味で。

例のバーディー作画騒ぎで久々に覗いて、つい魔が差してちょろっとブクマしたりしたら、なんか無限回廊に放り込まれたような眩暈を感じたので、危ない危ない止め止め!
 

苺ましまろ6巻

 投稿者:とぼふ  投稿日:2009年 2月28日(土)18時06分2秒
返信・引用
  86~87ページの見開き。

左(87ページ)の2、3コマ目で6巻中ほぼ唯一、一瞬「素の感情」らしきものが垣間見られる。

アニメ化する場合、この箇所(の「感情」)を膨らますか、
続く4コマ目の「間」を活かすために流すかで印象はだいぶ違ってくる。

ましまろの本質からいえば、ここで膨らましたらおそらくアウト。
 

ポケットが虹でいっぱい

 投稿者:とぼふ  投稿日:2008年12月20日(土)23時01分35秒
返信・引用 編集済
  http://www.eureka-prj.net/
このサブタイトル見た瞬間に吹いた中年アニメ世代、しかもYMO世代だった人はさぞ多いことでしょう。

私もそうでした。
でもTVシリーズからテクノ系などのタイトルを何のひねりもせず、ストレートな引用をしてきたエウレカのことですから、冷静になってみれば、エウレカらしいなあ、と思うものの、

最近でた「コンティニュー」という、たまにアニメ誌になったりする雑誌がありまして、私もよく読ませていただいているのですが、今号43号で以下のような告知ページがありまして、誰かがやるだろうなあと半ば予想はしていたものの、やっぱりまた吹きました(笑)。たぶん、コンティニューの編集の仕業だと思いますけどね。

まあ、YMO再生はもう15年くらい前ですか?正確には覚えてないんですが、若い人はマニアでもない限りあまり知らないでしょうし、知ってもそれがどうなの?みたいな収束の仕方をするとは思いますので、結局、エウレカの微笑ましいくらいのストレートな引用芸、と捉えた方が、変に構えずに劇場版観られそうな気がしているのです。

以上、駄文でした。
ちなみにYMOによる原曲(英語版)はこれ。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm3462711


今更な追記。
「ポケットに虹がいっぱい」で検索するとこの掲示板が結構上位に来てしまうので何故だろうと思ったら、「ポケットに虹がいっぱい」じゃなくて「ポケットが虹でいっぱい」だったですね。直しました。失礼しました。

もう一つ、上で「YMOによる原曲」と書きましたが、そもそものオリジナルはプレスリーの"Pocketful of Rainbow"で、それを湯川れい子氏の日本語訳詩でYMOがカバーしたのが「ポケットが虹でいっぱい」、です。

ttp://akakit.cocolog-nifty.com/blogbeat/2007/08/itms_pocketful__252a.html

 

サイト構成を整理

 投稿者:とぼふ  投稿日:2008年 3月19日(水)07時52分53秒
返信・引用
  かなり整理した。
ネットの利用頻度は変わらないんだけど、「自分から情報発信」はちょっと控えるようにした。
はてなも終了させたし、mixiも撤退ぎみ。twitterもいつまでもつかという。

ただ、書くべきときには書こうとは思いますけどね。
あと匿名性は再び見直されていいと思う。
 

mixi足あとスパム

 投稿者:とぼふ  投稿日:2007年12月30日(日)23時04分5秒
返信・引用
  が本当にうざくなってきた。まあ、ネットに限らずああいう輩は人がいっぱい集まるところに寄ってくるからね。

某セカンドライフなんか平和じゃないの?たぶん。
誰もいないから(笑)。
 

大晦日深夜から元旦早朝

 投稿者:とぼふ  投稿日:2007年12月29日(土)20時47分17秒
返信・引用
  mixiも重くなるということはtwitterも重くなるのかな。  

やっぱりその2

 投稿者:とぼふ  投稿日:2007年12月28日(金)10時50分43秒
返信・引用
  ケ―タイで見るにしても、いつの間にかシンプルで使いやすくなってる。  

レンタル掲示板
/4