teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:10/250 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

お疲れ様でした~&プレイレポ-ト?

 投稿者:JIN  投稿日:2009年 9月22日(火)22時32分10秒
  通報
  皆様お疲れ様でした。
9月の内容です

1)ボールパーク
2)ダブルクロス3rd
3)クトゥルフの呼び声
4ソードワールド2,0

という内容でお送りしました

自分はマスター紹介時の「生け贄様お待ちしています」との誘いに乗りクトゥルフに参加

 舞台は岡山県の旧武家屋敷
架空総合大学「弥洞大学」の考古学ゼミの発掘調査にPC達はバイトとして参加

(覚えている限りでのPC達情報)
広岡エリ:ロサンゼルスからの帰国子女。英語が得意で写真が趣味の(ちょっと大柄な)
    女の子。
細川小夜子:親に反対されても考古学の道を進み始めた元お嬢。リサイクルやサバイバル
    能力を身に修める
佐波啓人:鹿児島出身で天体観測が趣味(学部も天文学部)の青年。(プレイヤーも含め)
    頭の回転が良いためにイロイロと理解してしまった。今回の主役(?)
鈴木敬一郎:居合道を嗜む体育会系青年。
大場加奈子:カウンターの奥で本を呼んでいるのが似合う内気な(ハズ)の文系少女(?)
     目星[何かに気づく技能]が高いのに肝心な時に見つけられない空気を読めない娘

皆英語や写真、考古学・天文学・歴史の技能を高め生贄になる気にあふれています^^;


 目的の家の叔父(次男)が発掘を始める前日(PC達が到着した日)深夜に小さい歯
の並んだ咬み後を前面に大量につけ死亡しました。
 到着日から深夜まで天体観測をする佐波、1人で書庫に閉じこもり読書をする大場、
同じく1人でシャワーを浴びに行く細川とホラーゲームなのを忘れたかの様なPC達
 発掘が始まるとそこからは何枚かの大判(大判小判の大判ね^^)と一緒に銀色の円柱
(大型のカンヅメ位ある)も出土。(柱の跡から神殿のような構造物だったことも判明)
 PC達はこの円柱をネットにてさまざまな方向から検索しました。
 結果「どうやらこれは得体の知れないモノが中に人間の大脳をいれるものらしい」とい
うトンデモ話に行き着きます。(数人のプレイヤーは正体に心当たりが!)
 掲載されていた作中のHPに従い「そんなことあるわけないよねー」といいつつ古いラジオを解体し繋げるとそこから人の声(しかも受け答えする!)
 出土品の権利を主張するべく逗留していた叔母(長女)が深夜に発掘現場に忍び込もうと
する場面を発見し問答しているところに先の叔父を殺した化け物が襲来。
 PC達はそれぞれ助けられそうなNPCを救うべく行動していきました
 鈴木は足腰の弱っている屋敷の主人(おじいさん)を
 大場は離れにいる孫娘(屋敷の長男の娘)
 佐波と細川はゼミの教授
 広岡は・・・恐怖で大広間の柱にしがみ付いていたり^^;

 その後屋敷の主人(及びその先祖達)と[ユゴスよりのもの]達との間に「隠れていくことに協力する」約束があったことが判明したり、地元の警察が実はすでに中枢まで操られていたりと大変な状況に。(鈴木はここでお爺さんと居合いの構えでにらみ合う)
 PCも佐波と細川は教授を連れて(数少ない洋間の)書庫に閉じこもったり、孫娘を起こ
して逃げるために(叔母とその夫が惨殺されることが予想される)廊下の通過する大場、
程近い窓を破って進入してきた[星の精]から逃げるため大広間を横切る広岡

 最後は(結果的に)1人で車に乗って逃げようとした佐波と[星の精]が(車の運転に失敗
し)門柱に衝突、[星の精]は倒れたものの自身も気絶してしまい車からの出火にてお亡くなり・・・まるでハリウッド映画のホラー物のようでした。
 あそこで燃える車から出れていれば良かったんですがねぇ^^

といった感じにたっぷりとプレイヤー含め恐怖体験を満喫してまいりました。
GM(クトゥルフの場合は別の名称だった気もしますが)のくま様本当にありがとうございました。大満足です
 
 
》記事一覧表示

新着順:10/250 《前のページ | 次のページ》
/250