teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


Re: 今度は事務作業

 投稿者:カナミツ  投稿日:2017年12月13日(水)10時50分5秒
返信・引用
  クマさんへのお返事です。

凄いですね!
農薬散布ドローンの体験会!実演会でしょうか!
県農業経営同友会農工連携プロジェクト部会って、有意義な活動されますね!
それに、自分でドローン作って飛ばせるって、凄いことですね。
18日月曜日、午後2時ですか~何もなければ、年休出して見に行こうかと思います。
ドローンの未来は明るいと思います。


>  ナタネと大麦ダイシモチの播種を終了して除草剤散布をする前に事務作業と無人ヘリの料金徴収作業、農地水環境対策事業の書類申請などに追われておりました。最近の交付金制度は申請して申請受付があって実行となるのが基本ですべてがその方向に収れんしていく感じですね。
>
>  農家が苦手な事務処理、私もですが何とも煩雑で面倒と思ってしまうと余計に苦になります。アハハ
>
>  それから報告ですが今月18日に我が家で農薬散布ドローンの体験会を開くことにいたしました。県農業経営同友会農工連携プロジェクト部会の主催にしていますが興味ある方は自由に参加されても結構です。
>
>  ドローンの部品を調達して自分で組み立てた会員さんもおられて飛ばしますよとのことで実現いたしました。
>
>  時間は午後2時からですのでお暇な方はどうぞ。といっても私の住所を知らないと来れませんね。まぁ、マイナーな掲示板ですからもし要望があったら考慮いたしましょう。
>
>  かたコリンさん もしここを見ていたらIT研究会の皆さんにもお伝えください。
>
>  はてさてドローンの新しい機能が紹介されまして何と水稲の籾の数を計測してしまうことが出来ることになったとか。つまりは刈る前に収量を知ることが出来るということですね。
>
>  今は収量コンバインがありますので刈ることで把握出来るのはありましたがドローンを飛ばして収量マッピングが出来てしまうのは大きいなと思いましたね。
>
 
 

今度は事務作業

 投稿者:クマ  投稿日:2017年12月 8日(金)21時59分16秒
返信・引用
   ナタネと大麦ダイシモチの播種を終了して除草剤散布をする前に事務作業と無人ヘリの料金徴収作業、農地水環境対策事業の書類申請などに追われておりました。最近の交付金制度は申請して申請受付があって実行となるのが基本ですべてがその方向に収れんしていく感じですね。

 農家が苦手な事務処理、私もですが何とも煩雑で面倒と思ってしまうと余計に苦になります。アハハ

 それから報告ですが今月18日に我が家で農薬散布ドローンの体験会を開くことにいたしました。県農業経営同友会農工連携プロジェクト部会の主催にしていますが興味ある方は自由に参加されても結構です。

 ドローンの部品を調達して自分で組み立てた会員さんもおられて飛ばしますよとのことで実現いたしました。

 時間は午後2時からですのでお暇な方はどうぞ。といっても私の住所を知らないと来れませんね。まぁ、マイナーな掲示板ですからもし要望があったら考慮いたしましょう。

 かたコリンさん もしここを見ていたらIT研究会の皆さんにもお伝えください。

 はてさてドローンの新しい機能が紹介されまして何と水稲の籾の数を計測してしまうことが出来ることになったとか。つまりは刈る前に収量を知ることが出来るということですね。

 今は収量コンバインがありますので刈ることで把握出来るのはありましたがドローンを飛ばして収量マッピングが出来てしまうのは大きいなと思いましたね。
 

IT研究会総会

 投稿者:クマ  投稿日:2017年12月 1日(金)12時56分40秒
返信・引用
   JAのIT研究会の総会がありまして6年ぶりに会長に復帰いたしました。この会を作った頃はインターネットって何だ?の時代でしたがほんと覚醒の感ありの発展となりましたね。

 今はパソコン学習よりインターネット利用関係の研修が多くなっています。これからはICT農業がメインテーマになっていくと思われますね。

 かたコリンさんも副会長に復帰してくれましてこちらにも閲覧再開ということでしたがはて。アハハ

 さてこのところの水入り天気で麦の播種がまだ進んでいません。我が家はナタネの播種が約9haほど済ませていましてこれから大麦の播種にかかるところです。あとソバの出荷を急ぎたいところでしょうか。まだまだ忙しさが続きます。

 大麦若葉の新たな情報としてはどうも3回収穫は無いようでした。収穫の機械は貸与、こちらで収穫して工場?まで出荷するまでがこちらの仕事のようでした。

 ただ無農薬栽培とのことで今度は麦の赤かび病予防が障害にならないかという声が出てきましたね。

 
 

視察研修へ

 投稿者:クマ  投稿日:2017年11月22日(水)10時30分6秒
返信・引用
   県同友会の研修交流会で玉名地方の視察をして立願寺温泉(今は使わずに玉名温泉ですね)のホテルから帰ってきました。

 県の認定農業者の会長さんから若手4HC員の参加をいただき交流会も盛り上がりました。玉名はまだ水田部にハウスが多くこちらと比べて元気がありますし、柑橘類の栽培もまだこんなにたくさん園があるのかと感心してきました。

 交流会では振興局のW課長と話をいたしまして特に話題になったのは集落営農組織の事業運営でした。こちらでも同じですがとにかく作業遅れによる生育不良がひどいということでした。この問題は早く解消しないと農地を荒らしてしまいますのでその原因ということでやはり組織を作っただけで農地を守り有効活用は出来ないということ、さらには解消の為にはどれだけの人員と仕組みが必要なのかを早急に整備する必要があるということだと思いました。

 旧ソ連で崩壊したコルホーズやソホーズのことを考えるとお役所、勤め人感覚で農業が出来るのかということにもつながります。人材育成活用の仕組み作りは喫緊の課題になっていることを感じました。

 さてさて我が家のナタネ播種も終盤を迎えました。今回はすべて娘がやりましてこれからの生育に大きく感心を持ってくれることを期待しつつ、こちらもいい人材育成の材料になってくれればと思うところでしょうか。
 

Re: 好天続行?

 投稿者:金金金  投稿日:2017年11月20日(月)12時22分27秒
返信・引用
  クマさんへのお返事です。

娘さんの愛車は、ホンダのN1(エヌコロ)ですか!若い女性には『カワイイ』と、人気
の軽乗用車ですね!でも長距離運転はきついでしょう!
門司まで200キロ、広島市まで又200キロ、そして岡山市へはさらに150キロ、そ
してその先150キロで神戸 って、メジャー?スケール?が感覚としてあれば、気持ち
にも余裕が出るでしょうね!あまり長距離運転は縁がありませんが、覚えておきます!
ソバは豊作みたいですね!我が家でソバを打ち、食べる楽しみはありませんか?
さて、八郎潟等では日本の土地利用型農業のモデルみたいに、共同利用の大型コンバイン
を導入さてましたが、ライスセンターも今では100%個人所有ですか!
 なんででしょうね?国や、県が考える事業導入では、コスト低減では確かに共同利用
が低くなるのですが、そのうちに組織は解散崩壊して、個別の大規模農家に戻る?個別の
大規模農家に変化していく。
 リーダーが居ない、資金面での揉め事?、機械理由の自由度、販売面の自由度・・・な
んなんでしょうね?
 大麦若葉情報、ありがとうございます。
 まあ、有名大手の青汁メーカーの下請け会社との契約栽培ということでしょうね!
播種量が反当20キロ!普通は7~8キロでは?相当密植ですね!
収穫は3回。専門の機械なら、お茶の摘裁械か、芝刈り機みたいなもんでしょうか?
報酬は反当5万!生育が大きくなるまで育てる必要がないので、気象災害を意識する必要
もなく、ある意味、魅力的価額と思いました。
また、詳しい情報が入りましたら、よろしくお願いします。

 麦流通連絡協議会の資料の中長期生産計画では、34年産シロガネコムギは6000
トン、チクゴイズミ5000トン、ミナミノカオリ4000トンとなっており。
シロガネコムギは需給バランスは取れているものの、33年産までに1000トンの縮減。
チクゴイズミは、供給量が不足しており、1000トン増やす。
ミナミノカオリは、約2年分の実需者在庫を抱えており4000トンまでに落とす。ニシ
ノカオリは、作らない。となっております。
 国産麦の交付金設定により、作付け面積は変動しますので、需給バランスを取る意味で
は、毎年の微妙な交付金設定の見直しが必要となると思いますが、穀物・小麦の世界は、
貿易関係のバランス・切り札的扱いもあるので、良く分かりません。

ところで、今更自転車?って、圃場見回りのためでしょうか?
健康には良いですね!
 

好天続行?

 投稿者:クマ  投稿日:2017年11月19日(日)08時02分32秒
返信・引用
   一昨日からの雨もすぐに上がってくれまして予報ではこれからも大丈夫みたいな感じで反動というか、長雨になることも無いようでありがたいところです。農業はやはり好天と適度な雨、これにつきますね。

 こちらでは水稲関係はWCSに飼料米もほとんど片付きまして大豆が作業半ばといったところです。

 大麦若葉については話を聞いた範囲ではどうも有名大手の青汁メーカーの下請け会社との契約栽培とのことでした。播種量が多く反当20キロほどだそうで無料で支給 無農薬栽培ですので農家の仕事は雑草対策と肥培管理だけのようでした。収穫は3回ほどやるそうで専門の機械を持ち込んで収穫するそうですが作業をどちらがするのかはよく分からないとのことでした。報酬は反当5万とのことでした。私の無人ヘリのメンバーも参加してますのでそのうちに詳しい話も聞けるかと思います。

 はてさて久しぶりに自転車を買いまして感じたのですが以前のように1万以下の激安品がほとんどありませんでした。それでも1.5万ほどで色々選べるようでほんと昔に比べて安くなっていますね。

 有名な国産メーカー品でも3万くらいからありましてこれでも安いのではと思いました。昔が高すぎたのかも知れませんが安いことで耐久性が落ちているのも感じるところで今度買った自転車はどうでしょうか。

 

軽乗用車で行きました

 投稿者:クマ  投稿日:2017年11月16日(木)20時36分51秒
返信・引用
   娘が一人で走ったのは愛車であるホンダのN1という軽乗用車ででした。初めての長距離運転でしたが私と何度も走っている道で勝手知ってることもあって疲れもなく快適だったとのことでした。

 門司まで200キロ、広島市まで又200キロ、そして岡山市へはさらに150キロ、そしてその先150キロで神戸に着きます。これを知っているだけでペース配分が楽になりますよ。

 今年のソバは9月2日に播いたのですが不稔が全くなく倒伏もそれほどではなくよく実がついています。おそらく私にとっては最高の収量になる(筈?)です。

 干拓地の入植では熊本の八郎潟と同期の不知火干拓などでも最初は共同利用の大潟コンバインが導入されましたが今はほぼ100%個人所有と変わりました。そして減反問題で揺れた八郎潟ではライスセンターも個人所有となりました。

 こちらの大豆は今日で刈始めから4日ほど経った感じですがかなり遅れているようですね。適期播種をしたところはいい生育で豊作ですが遅れたところは生育不良に雑草も多く刈り取りの困難が予想されますので麦の播種が遅れる圃場がかなり出そうですね。

 我が家はすでにナタネの播種をやっていまして4haほどをほとんど娘が小さなトラクターで播種してくれています。

 大麦若葉はどこと契約しているのか知りませんのでこんど聞いておきます。バラ播きですが実にいい生育をしています。葉が最初からかなり大きいです。

 小麦はチクゴイズミに統一でしょうか。ミナミノカオリからは撤退?なんですか。小麦については一部(デュラム種?)でマークアップが廃止されるとの新聞報道がありました。欧州とのEPA交渉の中で決まったようですね。

 マークアップが無くなると国産麦の交付金原資に影響が出ます。小麦の世界も変革が来るのかも知れませんね。

 

Re: 稲刈り終了しました

 投稿者:金金金  投稿日:2017年11月16日(木)18時04分51秒
返信・引用
  クマさんへのお返事です。

先日の投稿で、今年のソバは生育が良いという事でしたが、一番いい収量になりそうでしょ
うか?あの、菱形立方8面体の丸々したソバは、旨そうですね!
東北地方の米に関しては、農家自身が、販売・加工までやっている個人・法人が多い様で
すね。
顧客への発送に合わせた、籾すりや精米をするので、小回りの効くライスセンターでない
と対応できないという事ですね。
年1回の米1本が生活の全てという東北地方に比べて、西日本は冬も作付けが出来ますか
ら、自ずと米のウェイトが下がってくる。
他の収入があるから、米の販売もJA任せでも生活が出来る訳です。
西日本でもクマさんみたいに土地利用型で生活する人は、“自分の作った米“であるため
には、マイ・ライスセンターでないと売れないということだと思います。
 さてさて、娘さんが一人で滋賀県まで車で行ってきた!
自分の車って、乗用車ですか?トラックですか?それにより簡単快適が違うと思います。
でも、独りでのドライブ成功は、自信を持たれたことでしょう!
大豆転作分は、どうでしょう?長雨等あって、排水の悪いところでは遅れるかも?そした
ら、麦の作付けにも影響するとかで、大変ですね。
 大麦若葉!メーカーとしては、大正・サントリー・世田谷自然食品等ありますが、県
内にはどこのメーカーが契約に来ているのでしょうか?
 管内に関しては、h31年産からはチクゴイズミに統一する方向で動いています。
 

稲刈り終了しました

 投稿者:クマ  投稿日:2017年11月16日(木)08時49分58秒
返信・引用
   飼料米の収穫をすべて終わり、耕起作業まで水田部分を終了いたしました。あとは畑のソバ刈りと次の播種作業となります。

 このところの好天のお陰で作業も進んだ感じですが大豆転作分はまだ作業進捗で苦戦しているようです。

 それからもう青々とした麦らしき物がありましてどうも大麦若葉が導入されたようです。最近の青汁ブームの影響でしょうか、話は聞いておりましたがいよいよ普及し始めましたね。

 我が家がダイシモチ、そしてナタネの本格栽培といよいよ冬場の小麦一辺倒から変化が来るような感じとなりました。
 

ソバ刈り準備

 投稿者:クマ  投稿日:2017年11月 9日(木)19時17分25秒
返信・引用
   まだ飼料米の収穫が全部は終わっていませんがソバが刈り取り時期を迎えまして今日はその準備、乾燥機(横型です)の設置と汎用コンバインの掃除をしておりました。

 今年のソバは生育が良く、私としては一番いい収量になりそうです。ソバは開花時期の温度がポイントですね。高温だと不稔になりましていわゆる花ソバになってしまいます。

 金金金さん 私は鹿児島の飼料メーカーと契約しているのですが玄米(クズ米込み)で出荷となっています。メーカーの方で粉砕するのか知りません。

 ブログの方で隣町のカントリーが復興完成してのを書いておられましたね。私の書き込みとダブって色々考えられたことでしょう。

 補助事業はあくまでも利用するものであって目的としてはいけないという意味で書きました。今は補助事業では採択の条件として個人の目標設定をして満たさない時は返還がありますよということで少し前進したようです。

 私としては秋田の大潟村で日本の大規模水田農業でも最初作られたカントリーは利用が減って農協も米の販売(集荷?)をしていないこと、さらにほとんどの農家が自前のライスセンターを持っていることで販売まで責任を持つとなると一律運営の共同施設では限界があるということだと思います。

 ダイシモチについては調べてもらったようですね。熊本では今回、私と玉名の人が作付するようです。

 大型農機の車両積み込み、降ろしはほんと危険なこともありますので細心の注意とやはり経験が必要ですね。頑丈なブリッジを用意するのが第一です。

 プロ農家でも圃場間移動に専門業者に任せる場面が多いのもやはりリスクが高いことがあります。そんな面でも農地の集積化というのが大事ですね。

 さてさて先日、我が娘がついに一人で滋賀県まで車で行ってきました。自分の車でしたが割と簡単快適だったと言っておりました。私もそろそろ我が子の運転で楽をさせてもらえるかも。アハハ
 

Re: 繁忙もピーク時期

 投稿者:金金金  投稿日:2017年11月 2日(木)09時25分0秒
返信・引用
  クマさんへのお返事です。

ダイシモチの事が分からず、ググッてみました。『弘法大師(空海)』から命名された
とは驚きです。
綺麗な紫色ですね~景観作物としても良いかも?
もしかして、生け花用に、乾燥の立ち毛を出荷してくださいってオファーがあるかもです
ね!これは綺麗な紫ですね。
https://www.ricepier.jp/%E3%81%8A%E7%B1%B3-%E9%9B%91%E7%A9%80%E8%BE%9E%E5%85%B8/%E3%82%82%E3%81%A1%E9%BA%A6-%E3%81%82%E3%82%8C%E3%81%93%E3%82%8C-%E5%A4%A7%E9%BA%A6/%E3%82%82%E3%81%A1%E9%BA%A6-%E5%93%81%E7%A8%AE%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6/
WCSが面積的に広いので、飼料米普及は菊池の時に、JA菊池の施設で粉砕までしたこ
とがありますが、飼料米農家は籾摺りまでしなければいけないのですか?
そうですね~今の農業は、アウトソーシングで、分担分業的なところがあります。
そりゃ、最初から最後までの自己完結をやり遂げるのが本当の面白さがありますね。
省力として共同施設を整備したら、みんな止め易くなるってところはありますね。
“悪循環から高コスト施設になってしまう、やはり補助事業頼りでは駄目だ”の意見には、
立場上賛同は出来ませんが、利点・欠点もあるし、CEがあることが、後継者の居ない高
齢者でも米つくりだけは出来て貢献している部分もあります。
生産組織や、法人化組織もCEがある事が前提の所もあります。
ただ、高額の施設ですから、キロ当たりの乾燥調整・保管料等計算すると、決して安いと
も言えません。

クマさんはタフですよ!娘さんも見事なナビされるだろうし、トラックの運転がクマさん
と同じレベルに達すれば、安心ですね。
メンテナンスやトラック荷台への大型機械の昇降とか別の技術でしょうから、まだまだ継
承すべき技術はありますね。

 

繁忙もピーク時期

 投稿者:クマ  投稿日:2017年11月 1日(水)22時56分36秒
返信・引用
   ハトムギの出荷で八代まで搬送。今年から挑戦のもち麦、ダイシモチの種子を受領してきました。昨年申し込みましたがけんもほろろ状況だったのですが今回はN田精麦さんの計らいで4ha分確保出来ました。

 紫色の珍しい大麦で出穂期には紫に染まるそうで今から楽しみですね。

 帰ればお手伝いさんにコンバインを任せてこちらは飼料米の籾摺り、フレコンに詰めていきます。ダンプが帰ってくれば乾燥機に張り込みながらと、ライスセンターを利用して籾摺りをしたことも無かった自分としては慌ただしくも楽しくやりがいのある仕事になっています。

 やはり農業は自己完結して本当の面白さがあるのだと思うことです。省力として共同施設を整備したらみんなで止めていく、悪循環から高コスト施設になってしまう、やはり補助事業頼りでは駄目だと思うところですね。

 金金金さん 道路のラインが見えないと夜間走行は辛いですよ。知らない道であれば猶更です。これに雨が降っているんですからね。小樽出発の午後9時から遠別まで雨中夜間走行で早朝6時に遠別に着いたのですが我ながらタフなのと娘の見事なナビのお陰だと思いました。

 娘もこれまでの経験から車の運転が随分上手になり、私と同じ運転をするようになりました。アハハ 最近問題になっている乱暴な運転者についても文句を言わせない運転、3秒前の合図、車間距離、滑らかな運転があることを知っておくべきですね。


 
 

Re: 北海道土産話し

 投稿者:金金金  投稿日:2017年11月 1日(水)11時41分57秒
返信・引用
  クマさんへのお返事です。

そりゃ、北海道の大地を耕したトラクターですから、親分的に太てえ顔するのも分かり
ますね、擬人的に見えるのも分かります。アハハ!
 フェリーには乗用車位しか経験ありませんが、大型トラックとなれば、それもバックで
の乗船とは、難しいでしょうね。クマさんの不安は想像できますが、さすが一発で成功は
素晴らしい!バックカメラ替わりの娘さんの誘導・声かけもあったんでしょうね!
宿泊の経験もありませんが、個別のベッドルームに、食事はビュッフェ方式!
テイクアウトで、部屋食も出来るんですか!乗る人も、仕事に併せて、昼夜の食事が出来
るシステムなんでしょうね!
 船のスピードって、熊本港~島原に行くあの高速フェリーしか経験ありませんが、あ
んな感じなんでしょうか?
20時間で京都の舞鶴から、小樽~早いのか遅いのか分かりませんが、以前の28時間か
らすると、3割短縮、スピードアップしたんですね!
 北海道は広いのにゆとりもって作れば良いのに、高速道路合流の助走距離が短いという
のは、以外ですね!
パーキングやサービスエリアが少ない、規模が小さいというのは、広大過ぎて、客の密度
が低いからそうなんでしょうね!
混雑が嫌いな人にはお勧めのシーズン!札幌の雪祭りには、シーズン前に行きましたが、
経済的にも時間的にも正解だったと思っています。
 道路のラインが消えかかっているのは怖いでしょう!
道路の端っこと、土手?が夜間でわかりにくいと目を凝らして疲労も溜まるでしょう!
 小樽観光もされたんですね!僕も行ったことがあります~古い倉庫の建ち並ぶ港町波止
場の雰囲気はいいですね!
裕次郎館は閉鎖されたと聞きましたが、やはり周年の人気があるんですね。
ジンギスカンの食べ放題が2500円勘定負け!お互い油ものは、すぐにオーバーフロー
気味になりますね。アハハ!
 仕事と観光も両方出来、それも後継者への継承も兼ねてうらやましいお父さんですね!
 

北海道土産話し

 投稿者:クマ  投稿日:2017年10月31日(火)20時11分53秒
返信・引用
   北海道へのトラクター引取り出張旅行をやって少し時間が経ちました。運んだトラクターはもう我が家の一員としてまた親分?トラクターとしてもう大きな顔をしています。アハハ

 フェリーにプロのトラックとして乗り込みましたが普通車と違うのはフロアが違う、そして料金が違うということです。我が家の2トントラックだと普通車扱いですが今回の料金は2倍ちょっとのなりました。料金が高いということで大型トラックで運転手付きで搬送する業者はほんと少ないようで大部分はトレーラーの荷物を積んだ箱だけを運ぶというのが多かったです。

 一番安い乗客料金でしたが個別のベッドルームで快適に過ごすことが出来、食事はビュッフェ方式、テイクアウトなど腹具合に合わせて色々選ぶことが出来ますし、時間を決めて売店が営業してまして色んな食事を楽しめます。

 ただ船が高速化したこともあり昔のように甲板に出て楽しむことはほとんど出来ないようでした。高速化のおかげで20時間で舞鶴、小樽を結んでいます。私が初めてこのフェリーを利用した頃は28時間ほどかかっていました。

 北海道の高速道路は内地のそれとは少し雰囲気が変わり、とにかく合流する時の助走距離が短いので注意するのとパーキングやサービスエリアが少ない、規模が小さいというのがありました。

 今回は正味の北海道滞在は2日、観光地もオフシーズンなのかフェリーもホテルもお客が少なかったです。混雑が嫌いな人にはお勧めのシーズンのようですね。

 道路の老朽化はもう書きましたが除雪の関係もあるのでしょうが道路のラインが消えかかっているのが特に夜間走行の疲労につながりました。夜間走行の苦手な人は北海道では気を付けましょう。

 観光客が少ないかなと思って小樽観光をすればなんと凄い量のインバウンド客でした。ここだけは格が違うなと思うほどでした。ジンギスカンの食べ放題が2500円、カニになると5000円を超えるところでした。ジンギスカンに挑戦しましたがどうも勘定負けしたようでした。アハハ

 腹いっぱい食べましたのでウォーキングをしてフェリーターミナルに戻りましたがお酒なしでしたし、フェリーに積み込みを控えて緊張感が大きくなるばかりでした。

 フェリー積み込みはバックでの乗船。大潟トラックが実にスイスイと走っていきます。自分に出来るだろうかと思いましたがやってみれば何とかなるものでした。

 大きなトラックになるとバックミラーが大きく、数も多くなりさらに荷台の横に付いているランプがほんと役に立つのが分かります。バックカメラは付いてなかったのでどこまでバックしていいのかは誘導が必要でしたね。


 

天気回復

 投稿者:クマ  投稿日:2017年10月24日(火)23時31分46秒
返信・引用
   待てば何とかでいい天気になり森のくまさんの刈り取りを気分良く終わりました。あとは飼料稲ばかりですので自由が効きますが忙しさも大きくなります。

 金金金さん 今度のフォードには2.2mと小さめのロータリーを付けています。これだけになると2.4mクラスにしたいところですが機動性を優先いたしました。よって初仕事はロータリー耕起作業になります。

 土の館ですが無料で受け付けも無く、スガノのほとんど趣味的なボランティア展示になっています。2時間は最低でも取って見てください。娘がクラシックトラクターを見て、可愛いなんて言っているとこちらも嬉しくなりました。アハハ

 しかしこの当時の国産トラクターはイセキがポルシェ、佐藤造機(三菱)が当時のデビッドブラウン、クボタがフィアットなどのデザインをコピーしてました。当時は車も2輪もそうだった訳で中国にコピーされたとありますがまぁ始めは真似するしかないのも事実のようですね。

 ハッドキとは私も小さい頃使っていました。アハハ 超低回転であたかも呼吸しているような排気音もいいですね。私のそばにも石油発動機愛好会のメンバーがいてイベントにも参加されてます。

 我が家の最初のトラクターが石油発動機でして灯油がメインでガソリンを始動の時だけ使い切り替えるものでした。そのトラクターが展示されていました。日の本ですがエンジンは日産でした。

 それから我が家の最初の車がくろがねベビーという軽トラックだったのですがなんとくろがねのトラクターがありました。同じメーカーだったんでしょうかね。

 我が家のトラクターも20年以上経過したものばかりでこの仲間と自分と力を合わせて末永く使用保存したいものだと思いましたね。

 北海道から帰ったら台風21号が通過してあちらでは雪が本格的に降ったようです。考えてみると間一髪でしたね。良かったです。遠別の人もこんなに早く寒くなったのは久しぶりと言ってました。

 
 

Re: インフラの老朽化

 投稿者:金金金  投稿日:2017年10月23日(月)09時29分41秒
返信・引用
  クマさんへのお返事です。

いろいろなハプニングはつきものですね!
八代花火大会での高速の渋滞は、想定外だったでしょう!
それにしても凄い!
2400キロ走って、ドラム缶2本の軽油を消費!燃費にして6キロ/リットルが高いの
か低いのかわかりませんが、凄い走りですね!
やはり、それだけ走れば、道路等の老朽化やメンテの有無、インフラの再整備ですね。
都道府県の財政状況等まで気づくこともあるでしょうね。
いつもそうですが、誰かが死なない限り、予算がついたり、法律の見直しも始まりません
ね。

土の館には、絶対行ってみたいですね!
古いハッドキ(発動機)も好きですが、古いトラクターとか、人馬一体ではありませんが、
黒煙をふかして動くのは圧巻です。(環境的には悪く思われますが・・・)

さて、ご購入のフォードの80馬力トラクターの初デビューはどんな作業でしょうか?
プラウ耕、ロータリー耕耘?
整備の職員さんのお墨付きでしょうから、安心できますね。
それにしても、コックピット?の表記が英語!数字の単位がマイル!って換算が大変そう
ですね!


>  今回、重量いっぱいのトラクターを積んでのトラック走行を経験したのですが特に北海道では道路の轍や凸凹、それに橋などのつなぎ目の段差などに影響されての走りとなりました。
>
>  少し前の話ですがJR北海道で線路の保守点検作業が滞り規定を満たせず脱線事故が多発しました。観光客がいるところはともかく人口減少、経済の停滞などがインフラ維持に影響しているのを今回痛感いたしました。
>
>  もう発想を変えてただ修理するだけのインフラ維持ではなく、共用時間を延ばす為の発明、革新策が出てこないといけないなと思いますね。
>
>  高速道路では老朽化した橋梁の工事個所の多さにも驚きます。見方に寄れば基幹インフラの再整備に追われて地方のそれが滞りしつつあるということだとも言えます。
>
>  さてさて運んできたフォードの80馬力トラクターですが値段も結構良かっただけあっていい物でした。このトラクターの整備をしていたらしい遠別の職員さんが熊本に行っても頑張れよと言っていたのを娘から聞きました。
>
>  大型らしく燃料タンクがキャビンの下にあって補給がやりやすいのと運転席が高いことで見晴らしがいいですね。そして表記が英語なのと数字の単位がマイルになっていまして以前は外国仕様をそのまま持ってきていたのだなと妙に感心いたしました。
>
 

インフラの老朽化

 投稿者:クマ  投稿日:2017年10月22日(日)21時10分14秒
返信・引用
   今回、重量いっぱいのトラクターを積んでのトラック走行を経験したのですが特に北海道では道路の轍や凸凹、それに橋などのつなぎ目の段差などに影響されての走りとなりました。

 少し前の話ですがJR北海道で線路の保守点検作業が滞り規定を満たせず脱線事故が多発しました。観光客がいるところはともかく人口減少、経済の停滞などがインフラ維持に影響しているのを今回痛感いたしました。

 もう発想を変えてただ修理するだけのインフラ維持ではなく、共用時間を延ばす為の発明、革新策が出てこないといけないなと思いますね。

 高速道路では老朽化した橋梁の工事個所の多さにも驚きます。見方に寄れば基幹インフラの再整備に追われて地方のそれが滞りしつつあるということだとも言えます。

 さてさて運んできたフォードの80馬力トラクターですが値段も結構良かっただけあっていい物でした。このトラクターの整備をしていたらしい遠別の職員さんが熊本に行っても頑張れよと言っていたのを娘から聞きました。

 大型らしく燃料タンクがキャビンの下にあって補給がやりやすいのと運転席が高いことで見晴らしがいいですね。そして表記が英語なのと数字の単位がマイルになっていまして以前は外国仕様をそのまま持ってきていたのだなと妙に感心いたしました。
 

帰宅いたしました

 投稿者:クマ  投稿日:2017年10月21日(土)21時06分29秒
返信・引用
   本日、午後4時頃無事帰宅いたしました。フェリーを降りて高速に乗ろうとしたら夜半通行止めにあい、福知山までかなりの距離地道を走ることになりました。

 高速に乗ればすぐに眠くなり仮眠。3時間ほど経過して夜間走行で岡山に入ったところでさらに仮眠。そして午前5時すぎから再スタート。午後2時半頃に益城まで来たらそこで渋滞。あとで聞いたら八代の花火大会で地道も混雑。

 我が家から舞鶴まで800キロで往復1600キロ。北海道で800キロ走って合計2400キロ。400リットルほど軽油を使いまして燃費にして6キロ/リットルでした。

 土の館では世界にもほとんど残っていない蒸気機関の巨大なトラクター。実際に動くもので帯広で開催の国際農機展示会でも披露されています。

 我が家に初めて来た日の本の石油発動機トラクターや2番目に来たシバウラの20馬力などが展示されていまして懐かしいことでした。

 お土産話はまたあとでいたしますね。まずは無事帰宅の報告にいたします。
 

Re: 富良野にいます

 投稿者:金金金  投稿日:2017年10月19日(木)13時04分35秒
返信・引用
  クマさんへのお返事です。

無事に着かれてなにより!
80馬力のフォードトラクターって、デカイでしょうね!
雪が積もっているんですか!
スリルと言うより、アブなさそうですね!
がありました。

おおっ!北富良野土の館ですね!
これで家族全員行ったことになりますよね!

瞳は未来に!
いいんじゃないですか。
「農業に未来あり」も良いですが!
遠別町は稲作の北限の地ですか、初めて知りました!
こちらは、雨、曇天で稲刈りがなかなか進みません!
来週も雨、曇りの予報ですね!
 

富良野にいます

 投稿者:クマ  投稿日:2017年10月18日(水)17時25分56秒
返信・引用
   今早朝に遠別町に到着、80馬力のフォードトラクターを自分の手で積み込みました。職員さんと色々雑談、情報交換してからいよいよ出発。遠別から士別に抜けたのですが雪が積もっていましてなかなかスリルがありました。

 美瑛から北富良野に行き、この前話題になった土の館へ。今回は娘が行きたいというので喜んで行きました。アハハ

 例の石碑というか、これは土の館の創始者であるスガノ農機の理念でしょうか。瞳は未来にとこの前紹介したのは間違いで私の創作??だったようです。

 本当は「農業に未来あり」でした。やれやれでしたね。そして今日は車中泊などの疲れを取るために富良野市のペンションホテルでゆっくりしています。

 さて遠別町は稲作の北限の地だそうで昔、社会で習った頃は士別が北限ではなかったかと思うのですがかなりの水田が広がっておりました。話では遅いのがやっと終わったところでこれから大豆とビートにかかるとのことでした。

 しかし今年は雪が早く、根雪の時期によっては収穫が不能になることもあるとのことでなるほど厳しい面があるなと思いました。


 
 

レンタル掲示板
/93