teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


北海道からお客さん

 投稿者:クマ  投稿日:2018年 2月17日(土)19時44分17秒
返信・引用
   昨日、現代農業誌の12月号に掲載された人が縁あって我が家に来られました。誌面ではコンバインの車台に95馬力のエンジンを載せて新品の除雪部を付けた除雪機を紹介されていました。

 酪農から普通作、WCS主体に変わられたとかで酪農時代に揃えたジョンディアが10台、その他にもクローラトラクターなど色々所有しているとのこと。電気に強い人で色んな物を手作りしておられました。

 農業機械を自作する人は電気に強い人でないとというのがはっきり認識した今回の訪問でしたね。私は物理は割と得意な方でしたが電気はどうしても分からない・・ですね。基本のポイントを掴んでいないという感じです。

 はてさて昨日は娘と一緒に認定農家の更新手続きとして5か年の経営計画書を提出してきました。数字もきちんと揃えておきましたので係の人から褒められました。何でも白紙の計画書を持ってくる強者??もいるようでした。

 
 
 

足手荒神さん

 投稿者:クマ  投稿日:2018年 2月15日(木)18時12分7秒
返信・引用
   今日はあいにくの雨で、歩いていくことは出来なかったのですが足手荒神さんに家族3人で参ってきました。不思議なこと??に妻が足の調子が良くなってそれが続いているのもご利益かなと思っているところですね。

 金金金さん 西表、石垣まで行かれましたか。西表島には信号が2か所しか無いというのを観光バスの運転手さんが説明していたのを覚えていますが今はどうでしたかね。アハハ

 石垣島から西表島への船の速度が異常??なほど早く感じたのもありましたね。今回は労働力のマッチングが出来ないかというのは凄い発想ですね。

 これだけ労働人口が減ってくると色んな模索が必要ということはありますね。自動化、ロボット化がありますが導入コストの問題が大きいですので人間同士の交流から何か生み出したいものです。

 フェイスブックなど最近のアプリには少々気が引けまして私にはこの掲示板が一番居心地がいいです。MS/DOS時代からのあのピーギャーで掲示板をやっていたことでもう私の身体の一部になっていますね。

 さてこの前、我が家でのドローン研修後日談、講師をしてくれたU君が中国メーカーと契約をしてメーカーとして活動を始めました。すでに5機ほど注文をいただいているということです。

 ドローンが今までの無人ヘリを駆逐することが現実化しそうな気がしますね。3月にはもう一度農薬散布ドローンのフォロー研修をすることにいたしました。

 

Re: 里もん交流会と帯広国際農機展

 投稿者:金金金  投稿日:2018年 2月13日(火)19時24分10秒
返信・引用
  クマさんへのお返事です。

日月火曜日と、西表島、石垣島に行って来ました。
今、福岡空港から高速バスで出たところです!
サトウキビは今が農繁期で、夏になると暇。
山都町は、今が暇で、夏はトマトで忙しい!
だから、労働力補完のマッチング、体制づくりは出来ないか?という調査、打ち合わせをしてきました!
里もん交流会は、良い事業ですね!
上益城管内からもたくさん取り組みがありますが、僕も遣いたいところです!
審査が緩く自由に遣えて、ややバラマキ感がしないでもありませんが、数十万円の事業費で集落やグループがまとまって何かに取り組むのは、良い成果が出ると思います!
清水国昭氏は、テレビでも取り上げられますね!
クマさんと同い年でしたか!
直角死理論!は知りませんでしたが、ピンピンコロリの勧めは、共感します!
帯広で国際農機展示会があります。4年に1回の展示会!
ホテルの予約を地元の農機会社にお願い出来るとは!クマさんしか出来ませんよ?
そうそう、稲葉さんがFacebookを始めましたよ!
クマさんが始めたら、きっと人気者になりますよ!
 

里もん交流会と帯広国際農機展

 投稿者:クマ  投稿日:2018年 2月13日(火)18時58分4秒
返信・引用
   昨日は県庁での里もん交流会に妻と参加してきました。元あのねのねの清水国昭氏の講演は良かったです。自然派の彼は私と同い年。無人島を買ってサバイバルキャンプをやったり災害時のトレーラーハウスの派遣などを手掛けているそうで熊本地震の時、益城のグランメッセにトレーラーハウスが沢山ありましたがこれに参加したとのことでした。

 自然の不便さと触れることの大切さと直角死理論は面白かったですね。思いっきり生きてピンピンコロリの勧めだったようです。

 その後はワークショップになりグループ討議をしたのですが近くのテーブルに元経済連の会長がいて挨拶すればエゴマの産地化に取り組んでいるとのことでした。

 里もんプロジェクトも平成25年に始まってもうかなりのグループが参加しているのに感心いたしました。私も里山の魅力にはまってますがほんと農業が衰退すれば里山は無くなってしまいます。

 人、物、金の面で里山が維持できるその助けになっている事業でもあり、人材育成の勉強の場でもある交流会になっておりました。

 はてさて今年は帯広で国際農機展示会があります。4年に1回の展示会で7月12日から16日までの5日間の予定です。ホテルの予約はかなり難しく、懇意にしている地元の農機会社にお願いして何とか確保してもらいました。

 7月15日と16日の2泊で価格は少し高くなっています。もし行きたいという人がおられたら声かけしてください。

 ちなみに外国メーカーの出品は6社程度と昨年行ったフランスのSIMA展とは比較になりませんがこれが日本の現状ではあります。
 

寒いです

 投稿者:クマ  投稿日:2018年 2月 7日(水)19時29分42秒
返信・引用
   今年は寒すぎて雪が少ない感じがしますね。アハハ 圃場はすっかり乾いて麦やナタネの生育が進まない感じです。麦の場合は悪いばかりでは無いのですがナタネは厳しいなと思うところです。

 今日は大麦ダイシモチの2回目の麦踏みをしました。これはキャビントラクターでやるので苦にならないのですが他のトラクター作業はほんとカイロでもつけないことには耐えられない感じです。

 我が家の練習用ドローンはファントムもどきでファントムではありません。どういう訳かプロポとのペアリングが出来ず、まだ飛ばせていません。世話してくれたU君が来てくれるとのことでそれまでお預けになっています。

 スマホはこの機体用のソフトを組み込んでカメラの画像を映すのに使用します。操縦はプロポでやりますよ。

 ハトムギは八代の精麦会社さんがいい価格で買ってくれてましてありがたいのですが交付金関係が麦や大豆のように出ませんし、汎用コンバインや乾燥機が必須ですので個人で作れる人はいないと思われます。6次化出来ないならほとんどメリットは無いですね。

 ということで希少価値がありますのでそちらを生かすのも必要ですね。

 今回のワークショップではほんと久しぶりに日奈久のホテルに行きました。昔は慰安旅行と言えば日奈久でしたね。それが天草五橋の完成で一気にお客を奪われたことで試練を受けました。

 その中でハトムギを使った地域おこしということで日奈久の女将さん達に声をかけての今回のワークショップでした。ハトムギの幻のお菓子、ヨクイニン糖の完成も大きな目標になりますね。ヨクイニン糖については熊日でも以前取り上げています。

 

Re: まだまだ寒いが続きます

 投稿者:金金金  投稿日:2018年 2月 5日(月)08時59分46秒
返信・引用
  クマさんへのお返事です。

先日の、農業コンクールでの同友会勧誘の役、お疲れ様でした。
こちらこそ、挨拶もせず済みませんでした。
指定の後ろの席にいたもので、気づいたものの思うように近づけませんでした。
そうですか?娘さんに人慣れが苦手なところがあるとは思っていませんでした~
でも、娘さんのいろいろな組織、クマさんのつきあいメンバーへのデビュー・紹介も必要
でしょうね!
“これからもすべての面で娘を同行させて後継者教育をしていく積り”ということですの
で、安心しています。
練習機のドローン、ファントムはスマホで操作するのですか?専用のプロポではないので
すね?
ハトムギ料理のワークショップ!
一般的なハトムギのイメージは、通販での健康茶か五穀雑穀米でのご飯のレアな消費イメー
ジで、そんなに普及はしていませんね。
家庭よりも、旅館やホテルに並ぶビュッフェでの、ハトムギご飯の定着を先に定着させた
方が、一般家庭への普及が早いかもですね。
通販の世界では、健康マニアの人は結構ハトムギを食べているようです。
機能性の周知と、商品・風袋デザイン等工夫すれば、ニッチな分野としての商材になれる
と思います。
今後の取り組みに期待しています。
 

まだまだ寒いが続きます

 投稿者:クマ  投稿日:2018年 2月 3日(土)18時56分48秒
返信・引用
   毎日寒いですね。こちらは風邪も引かず極めて元気でやっています。先日は八代市の千丁でハトムギ仲間とハトムギ料理のワークショップをやりました。

 私が作ったハトムギ茶の紹介とハトムギを1割混ぜたハトムギご飯を圧力鍋でおいしく炊く方法を勉強させてもらいました。日奈久の旅館の女将さん達も集まってくれまして賑わいました。

 東京から来られた講師の指導で色んなハトムギ料理が紹介されました。ハトムギは漢方薬の原料でもあり食べる文化がまだありませんので普及させる道はかなりハードルが高いのですが健康食として地域特産として道が開かれるといいですね。

 終わったあと注文をいただいたハトムギ茶を何回か作る中で少しづつですがこうしたら美味しいお茶が出来るといったポイントが分かってきましたね。
 

コンクール祝賀会

 投稿者:クマ  投稿日:2018年 1月28日(日)16時48分8秒
返信・引用
   農業コンクールの表彰式に参加して祝賀会を同友会で主催してきました。

 金金金さんのお顔も見えましたが挨拶出来ず済みませんでした。娘を連れていきましてある程度の気遣いが必要でした。アハハ

 今年の受賞者は先般同友会で視察したばかりの農家が2軒もありましてちょっと驚きました。もう2回目ですという人も。

 祝賀会ではプレゼント品の手渡しを娘にさせまして少しずつですが人慣れが苦手なところを克服しているようで嬉しく思ったですね。これからもすべての面で娘を同行させて後継者教育をしていく積りです。女性ですので間合いが難しいのですが自分なりに模索したいと思います。

 さて練習用ドローン、どうしてもペアリングが出来ず世話してくれたあの時のU君に見て貰うことにしています。もう少しのお預けになりました。

 

カタこりんさん登場

 投稿者:クマ  投稿日:2018年 1月18日(木)17時05分6秒
返信・引用
   と言っても先日の熊日紙上ですが野菜ソムリエさんで乾燥野菜に取り組みということでしたね。
私も一時は乾燥野菜や果物に興味があって道具としてシイタケの乾燥機が使えないだろうかと考えたことがありました。量が多くなると必然的に電気乾燥ではコストがかかりそうだし、そうかシイタケの乾燥機だったらちゃんとエビラがあるし密閉タイプで効率も良さそうと思ったものでした。

 これももっと研究して非常食ではなく普通にどこでも簡単に持って行って使える食材として食べられるようになったら農家の付加価値として取り組めるのではと思いますね。

 さてさて我が家にドローンがやってきました。見た目はファントムと同じで価格は3万円弱の練習用機体です。私のスマホとの接続が出来ずまだ飛ばせていませんでまぁ、初めてなのでゆっくり少しずつ機能を理解しながらやっていきたいと思います。

 金金金さんにはアカデミー紹介ありがとうございます。どうもその日は我が無人ヘリ組合の監査をやりますので出席できませんで申し訳ないです。

 無人へりも2機が7年経過してリース料、そして借入金の返済が終わりました。これから数年は多分利益が増えることだと思います。ドローンの導入につなげていければと思いますね。
 

農大のピーアールです!

 投稿者:金金金  投稿日:2018年 1月18日(木)09時02分55秒
返信・引用
  昨日17日のクマニチ14面下です!
この日は、誕生日で返信に忙しく、投稿遅れました!
前職のピーアールでもありますが、農業大学校の新規就農研修生募集と、くまもと農業アカデミーのお知らせです!
お友達やご近所に居らしたら、教えてください!
また、アカデミー講座のICT技術活用講座は、ドローンやトマトの収穫ロボットですよ!
どちらも受講料、参加料無料です!
こんな講座を県、農大がやってるのは、熊本県しか無いんだから!
やる気のある人!最先端技術に興味ある人!
『鉄は熱いうちに打て!』チャンスを逃すな!
勝手シェア、大歓迎です!
 

寒波が来そうです

 投稿者:クマ  投稿日:2018年 1月 8日(月)21時41分14秒
返信・引用
   今年は低温推移で小麦も我が家のナタネも生育が遅れています。野菜が値上がりしているそうですがこういう事だと思いますね。特に今年から導入された大麦若葉でも生育障害とみられる黄変減少が出ていました。

 今回の寒波も長引きそうだということで、まぁ麦についてはこの時期生育が進み過ぎるのも困りますので結果については分かりませんがちょっと心配でもありますね。

 遅く播種したナタネについては最初に播いたのと差が酷く、今年はいい経験が出来る??かなといい方向に考えることにします。アハハ

 ドローンについては練習用機体を注文いたしました。先日デモフライトをしてくれた友人に組み立てをしてもらうことにしています。彼にはもう次の注文が入っているとのことでした。

 もう日本各地でドローンビジネスに参入が始まっているようで不良業者が現れるかも知れませんね。

 ドローンについては国内では最大級のイベントであるジャパンドローン展が3月22日から幕張メッセで3日間開催されますので今年は参加することにいたしました。ドローンの未来についてヒントをつかんで来たいと思います。運よく幕張メッセのお隣?のホテルを取ることが出来ました。

 さてさて年頭所感なりをひとつ。私の得意分野である農機関係ですが田植え機が自動運転の前段階として自動直進機能が一般化すること。トラクターの自動運転はまだ時期尚早、高くなり過ぎた価格低下を求める声が大きくなる。コンバインについては高馬力高速化競争が終わり売れるのは大型クラスばかりになると見ています。

 農業競争力強化法でもしかすると建機メーカーが本格的に農機分野に進出してくると予想します。タイのコンバインで見たのですが足回りが建機だったのですが日本でもその前兆が出てくるということですね。さてどうなりますか・・。

 
 

謹賀新年

 投稿者:クマ  投稿日:2018年 1月 1日(月)22時35分21秒
返信・引用
   穏やかな正月をむかえました。新年あけましておめでとうございます。

 平成の世も30年。どうも来年で平成も終わりになるようですが天皇の生前退位という未曽有の体験をすることになりますね。新しい年号がどうなるのでしょうか。

 今年は色んな意味で曲がり角と言われてきた農業の変革もいよいよ回りきることになるのではと思います。私の集落は35haほどの水田と畑があるのですがその耕作者は水田で3名、畑では7名ほどになり集落営農組織と担い手、そして家庭菜園者のみとなりました。

 しかしこれから条件の悪い、例えば道路が無い、狭い土手付き畑など耕作が放棄されるところがかなり出てくると思われます。放棄を防ぐにはもう境界を気にせずに大きな圃場にすることで解決しますと声を上げるようにしています。畑では高低差をそれほど気にしなくてもいいからですね。

 農業関連の法律が8本も成立、いよいよ施行となります。熊本市では農業委員などの選考が選挙から任命に変わり、認定農業者の声が反映される仕組みが実施されようとしています。

 同じように今年ある農協の理事の選任でも認定農業者の役割が大きくなっています。農協本体も経営がチェックされて農業資材価格の引き下げなどが義務付けられてプレッシャーが掛かっていることでしょう。

 今年も色々あることだろうと思います。頑張って乗り切っていきたいものです。よろしくお願いいたします。


 
 

来年もよろしくお願いします

 投稿者:クマ  投稿日:2017年12月31日(日)09時26分13秒
返信・引用
   今年も無事、健康でたのしく過ごすことが出来ました。
今年はパリの国際農機展示会、福島でのハトムギ研修、北海道遠別町へのトラクター買い出し旅行など相変わらずの生活でした。

 このスタミナ確保の為のウォーキングなども頑張りまして今年も1000キロほど歩くことが出来ました。

 平成も30年を迎え、我が家の古い農機具たちはほとんどが20年を超えて最古参組は40年経過いたしました。ここまで来るともう戦友として特別な感情を持ってしまいます。

 他のSNSに押されてBBSとしての掲示板も古い媒体になってしまいましたが私は個人名をさらすことなく気楽に情報交換が出来る意味でこれからも愛用していくと思います。この掲示板が続く間は大いに利用させていただきます。また来年もよろしくお願いいたします。

 

里もんプロジェクト

 投稿者:クマ  投稿日:2017年12月29日(金)22時31分19秒
返信・引用
   昨日は八代のハトムギ仲間夫婦と我が家のポン菓子機を使ってハトムギのポン菓子を作ってみました。AGビジネスCのTさんも来ていただき指導してもらいました。

 味付けをしなくても美味しいハトムギポン菓子が味付けしたらまるでプロが作ったみたいに美味しい物が出来ました。

 味付けの仕方がノウハウでなるほどTさんのお陰でしたね。

 八代の方が何と機械好きもあって何とイセキの講習所でドローンの操縦認定講習を受けましたとのことでした。ほんとドローンの本格普及がそこまで来ているのを感じてしまいましたね。

 はてさて明日は我が家の餅つき。自治会長としてお鏡餅を神社に飾る役目もありますので気合を入れて作りたいと思います。最近は子供達が杵を振るってくれますので私は小どり役専門です。毎年の恒例行事をやれるのはほんとありがたい事ですので今年一年の無事を感謝してやりたいですね。
 

これが日本の情けなさですね

 投稿者:クマ  投稿日:2017年12月27日(水)19時00分29秒
返信・引用
   金金金さん 心配させてしまいましたね。この掲示板を見てる人は少ないので横やりは入らないかなと期待しましたが。

 現在、あるドローンメーカーに全農の他6社で8億円出資をいたしました。何を開発させるかはドローンの自動運転なんですね。規制がかかって現状やってはならないことです。もう規制は変わることを見越しての開発になります。馬鹿みたいな規制に縛られて自分を縛る愚かさ、これが日本沈没につながっていることを認識すべきですね。

 もうすでに世界は自動運転を開発しているのに日本では独自規格で開発となることでしょう。遅れて顔を出し、自分の規格を世界共通になんて出来る筈も無く又してもガラパゴス技術で日本でしか売れないドローンを作るのかと思いますね。

 私としては大型トラクターではもう国産品を買うのは止めましたが国内メーカーのガラパゴスな技術(お客)囲い込み意識にはほんと何とかならないものかと思います。

 とこんな話ばかりしていたら面白くないというか情けなくなってしまいますね。

 さてさて現在日本で稼働している無人ヘリは2500台ほど、これに多分平均して40万くらいの定期点検整備料がかかっています。だから多分10億の整備料がメーカーに固定収益として入っています。

 これがドローンになると劇的に減ってしまいます。だからメーカーは何とか整備料を稼ぐ為に法規制を考えていると思いますね。農家に安く使ってもらい儲けてもらうという発想が無いのが何ともです。

 削除はされてしまいましたが私的にはきちんと保存していますので大丈夫?です。アハハ
 

Re: あと少し

 投稿者:カナミツ  投稿日:2017年12月27日(水)12時30分56秒
返信・引用
  クマさんへのお返事です。

ドローンの記事は、早々に横槍が入り、早々に削除しました。
規制に包まれた環境ですから、世界から周回遅れをする日本となると思います。その点、
中国はイケイケドンドンですから、ドローンは先進国でしょうね。
彼みたいに、自作ドローンで実験・研究をするしかないですね。水の散布も許可が要るの
で、僕みたいに公開するでなく、隠密に行うことが大事だと思いました。
 そうそう、自動車の無資格検査問題やデータ改ざんなど、高度成長と共に、それまでの
不評の MADE IN JAPAN を、統計データに基づく分析方法を取得して、品
質向上・製品率の向上に一生懸命で、世界の MADE IN JAPAN に信用を定
着させた苦労を、崩壊させる行為です。
経団連等、どう考えているのでしょうね?
それにしても、本当に月日の経つのは早いですね。僕も来年度は定年となります。でも、
まだまだ、働かなければ!
満期の話!うちの長男も郵貯関係の満期がありました。元金は覚えていませんが、今では
考えられない利率でしたね。
 地震の後の阿蘇の状況は、写真でしか見ていませんが、断層が3mとか想像を絶します。
あれを見ると、阿蘇谷、南郷谷の火口には住みたくないと思ってしまいます。
世界の阿蘇ですから、早く観光面も復旧復興してもらいたいですね。
 

あと少し

 投稿者:クマ  投稿日:2017年12月26日(火)21時57分10秒
返信・引用
   平成29年もあとわずかになりましたね。毎年のことながら月日のたつのは早いものだと感じるばかりです。

 先日、子供にかけた30年満期の生命保険が満期ですよ~~!とのこと。その子供もはや40歳、この当時は補償よりも満期狙いの生命保険で今回は100万円の満期金に払った掛金は全額で60万ちょっとでした。この当時の保険は利率がいかに良かったかが分かりますね。

 おそまきながら庭木やお墓の手入れを始めましたが今年も正月には間に合いません。アハハ
努力の後だけで我慢してもらいましょう。家の修理も済んでいませんのでまぁ、いいかですがこんな時こそ頑張らないといけませんね。

 はてさて先日は地区の役員さんと阿蘇に行ってきました。昨年も行きましたが今年もほぼ同じコースで車を走らせました。地震のあとがどうなっているのかとやはり阿蘇を少しでも支援ということでもありました。

 立野の先の赤水地区でしょうか、壊れた水田には多くの重機が入って復旧の最中。変更された国道のトンネル工事も盛んに行われていました。

 次の日は阿蘇の火口下まで車を走らせ吉田線を下りまして無事走れることを確認いたしました。しかしロープウェイの架線は取り外されて火口まで行けないというのは大きな影響のようですね。

 

紹介ありがとうございます

 投稿者:クマ  投稿日:2017年12月22日(金)20時35分42秒
返信・引用
   紹介いただきましてありがとうございます。発展途上のドローンの世界、もう世界から一周半以上の周回遅れの日本ですからもうドローンを作って儲けることの出来る国内メーカーは無いかも知れません。

 彼の自作ドローンを見てそう思いました。私がパソコンを始めた昭和の終わりころ、NECがPC98シリーズでパソコン市場を席捲して大きな利益を上げました。

 それは独自の規格でこれで動くソフトは他の機種では使えませんでした。それがDOS/Vという今の共通規格のウィンドウズの元になってからは一気に衰退しました。

 同じようにガラパゴス携帯といわれた携帯電話でも辛酸をなめた日本はドローンでも同じことをしています。

 自動車の無資格検査問題 燃費や強度データ改ざんなど続々と出てきて日本の経済界、何で?というほどレベルが下がっているのを感じます。

 なんて事はもう知ったことでは無いのですが敢えて一言、物申して次には自分で考えて一番いいのはどこかで行きたいものですね。

 かたコリンさん 再登場ありがとうございます。色んな話、お願いいたします。というかこの掲示板、私がお借りしている状況なんで。アハハ


 
 

Re: こんばんわ~

 投稿者:カナミツ  投稿日:2017年12月21日(木)11時42分41秒
返信・引用
  かたコリンりさんへのお返事です。

カタこりんさん。お久しぶりです。
 数週間前、『18日の午後から、農業経営同友会異業種交流部会の勉強会で、手作りド
ロー
ンを飛ばすから~』というクマさんからの連絡で、飛行演習地?である熊本市城南町のク
マさ
んの麦田に出向きました。
県下各地の、産業用ヘリを使って100ヘクタール規模の受託農薬散布を手がける組織代
表やオペレーターが、15名ほど集まりました!
紹介されたのは、市販の(株)MAZEX:飛助Ⅲ と(有)みどりライスセンター(和
水町)代表:U氏の手作りドローンの2機種です。
所有者のU氏から、飛助Ⅲと手作りドローンを実際に飛ばして貰いながら、解説も頂きま
した。
(会話が出来るほど静音でした!)
・2機種とも、頭脳である搭載FCは DJIのN3
・タンクは5リットル、散歩幅は4m、1回散布面積は40~50a位。
・散布飛行時間 10分程度、ドローンはちょこちょこ前進バックがし易い。
・充電時間15分~20分なので、発電機を積んで、次の田に移動中充電する。
・無人ヘリより風には強く、風速4~5mでも散布できた。
・風切り音が低いため、住宅周辺水田でも苦情は出ない。
・山間部の狭小地水田や竹・木の枝が入り込む水田では、ドローンが操作しやすい。
・GPS搭載なので、フラッグマンによる最初の散布際判定の一度だけで、四角の基盤整
備田であれば、後はオートフライトでも終われる。
その後、クマさんの司会で、ドローンの可能性について意見交換をしました。
●ドローンは、無人ヘリに取って代わり、農薬防除の主役になれるか?
・作業効率、経済性、散布精度・効果等で判断すべきであろう。
・落としてしまった時、プロペラは2枚一組10,000円、モーターは1個20,000円程度と安
く自分で交換できる。これが無人ヘリだと部品交換だけでなく、プロによる調整に1週間
使えない。ドローンは100ヘクタール散布したら電装部品を全部交換しても20万円位。
無人ヘリだと、毎年50~60万円はかかる。
・航空防除は、風の気流による農薬剤の巻き上げ(ダウンヲッシュ)により、本体への付
着が多い。ドローンでもノズル管の取り付け位置を出来るだけ下部にする工夫が必要。
・ここ数年でメイン機にはなれないが、補完機の位置で山間部の狭小地水田や竹・木の枝
が入り込む水田、樹高の高い果樹園、露地野菜等の場があるし、『産業用無人航空機用の
登録農薬』も増えてきたので、無人ヘリがやりにくい所の活躍は広がるだろう。

実はこの事を、FACEBOOKで投稿していたのですが、マズイ内容があるという指摘を受け削
除しました。
・前提として、この様な飛行計画には事前の申請が必要であること。
・飛ばす機器は、許可済みの機体でなければいけないこと。手作りにも許可が必要。
・散布演習で、水を使っているが、これも事前の許可が必要だったこと。
・風速4~5mでも散布できた。という過去の実績表現をしていますが、風速3m以上で
は、そもそも散布できないこと。
・オートフライトは、やってはいけない。

いろいろ知らないガイドラインがあるようです。今回のが事前に許可を得ていたのか知り
ませんが、難しい世の中です。
この投稿も、どこからか指摘が入れば、削除します。

動画もありますが、容量制限で載せられませんでした(T-T)
 

こんばんわ~

 投稿者:かたコリンり  投稿日:2017年12月20日(水)23時22分2秒
返信・引用
  今夜クマさんに言われて、遅まきながらきました。

キャー見たかった。
手作り!ドローン!信じられん!

ぼーっとしてたらいかんですね!

今年1月に経営移譲をいたしまして、けれどまだまだ、年金なんてあてにはできず、仕事!仕事!
けれど、引退のその気はならず、宙ぶらりんな一年でした。

ん~~ また、やりたいこと見つける年に来年はしたいです。

ちょこちょこ 来ます
 

レンタル掲示板
/94